Skip to content Skip to navigation Skip to footer

コンプライアンスの自動化

簡単な手順で自動化し、ネットワーク全体のコンプライアンスの簡素化が可能

PCIコンプライアンスのeBook(英語)

コンプライアンス管理は多くの場合、複数の従業員によって手作業で実行され、適切な処理には数ヵ月かかることもあります。複数のポイントセキュリティ製品からデータを取得して集計し、さらにそれを正規化することで、法規制で要求される情報が正確にレポートされるようにする必要があります。そのためには、ネットワークやセキュリティの担当者がベンダーごとに個別の監査ツールを使用してセキュリティ制御を監視し、それらの情報を照合してコンプライアンスを証明する必要があります。このような複雑で面倒な監査プロセスは、非効率的で多くの場合に十分な情報が得られません。

FortiAnalyzerは、業界の規制やセキュリティ標準のコンプライアンスの追跡とレポートを自動化し、ネットワークのワークフローを効率化します。さらには、この機能はNOCレイヤーに統合されています。FortiManagerとFortiAnalyzerは、ネットワーク環境をベストプラクティスと照合して評価し、コンプライアンスリスクを測定する機能をネイティブで提供します。

本ソリューションについてのお問い合わせはこちら

主な機能

構成の一元管理

デバイスをグループ化することで、構成の一貫性が保証されます。

リスク評価

コンプライアンスをベストプラクティスと照合して測定します。

コンプライアンスレポート

定型コンプライアンスレポートが提供されます。

ワークフローの自動化

既存のエンタープライズツールに簡単に統合できます。

ロールベースのアクセス制御

ロールベースできめ細かくアクセスを制御できます。

リスクスコアの判定

業種別のベストプラクティスと照合してスコアを判定します。

フォーティネットによって提供されるメリット

icon benefits risk reduction sm

リスクの低減

脅威へのレスポンスの自動化、構成の改善、運用管理の効率化によってリスクを軽減
icon productivity gain sm

効率化

手作業によるプロセスの排除、一元的な管理と分析を通じた効率と生産性の向上
icon benefits lower tco sm

コスト削減

操作ミスの抑制、手作業によるレスポンスが必要なセキュリティインシデントの減少によるTCOの削減