コース概要

この2日間のクラスでは、FortiManagerの使用方法を学びます。

このコースには、FortiManagerの展開方法(ADOM含む)、デバイス登録、ポリシーパッケージ、オブジェクト、設定のインストール、ローカルFDN、トラブルシューティングの内容を含みます。

製品バージョン

FortiManager 6.2

トレーニング内容

  1. イントロダクションと初期設定
  2. アドミニストレーションと管理
  3. デバイス登録
  4. デバイスレベル設定とインストール
  5. ポリシーとオブジェクト
  6. マネジャーペイン
  7. 診断とトラブルシューティング
  8. 高度な設定

目標

このコースを修了すると、次のことが可能になります。

  • FortiManagerの主な機能と概念を説明できる
  • 複数のお客様をサポートできるよう、ADOMを展開できる
  • ワークスペースモードとワークフローモードを使用できる
  • 複数のデバイスにプロビジョニングテンプレートを適用できる
  • 同期ステータスとリビジョンヒストリーを説明できる
  • ポリシーパッケージと共有オブジェクトを使用できる
  • グローバルADOMからADOMにポリシーとオブジェクトを展開できる
  • IPsec VPNの集中管理方法を比較できる
  • FortiManagerのHA、バックアップとリストアを説明できる
  • サポートするデバイスのファームウェアを管理できる
  • ローカルFDNとして設定できる
  • インポートとインストールの問題をトラブルシュートできる

参加対象者

FortiManagerを使用したインフラストラクチャーの設計、実装、管理を行っているネットワークやセキュリティの担当者。

必要な前提知識

NSE4取得に相当するFortiGateの知識