コース概要

この3日間コースでは、セキュリティ機能に関するFortiGateの基本機能を学習します。

各自専用のハンズオン環境を使用して、ファイアウォールポリシー、ログとアンチウィルス、Webフィルタ、アプリケーションコントロール、VPNなどを学習します。これらのスキルを習得することで、基本的なFortiGateの導入方法を理解できます。

製品バージョン

FortiGate 6.2

トレーニング内容

  1. FortiGateの概要
  2. ファイアウォールポリシー
  3. NAT
  4. ファイアウォール認証
  5. ログとモニタリング
  6. 電子証明書の運用
  7. Webフィルタ
  8. アプリケーションコントロール
  9. アンチウィルス
  10. IPS
  11. SSL-VPN
  12. Dial-up IPsec-VPN
  13. セキュリティファブリック

目的

このコースを修了すると、次のことが可能になります。

  • FortiGate UTMの機能を説明できる
  • 環境に応じたオペレーションモードを選択できる
  • Fortinet Security Fabricの特徴を説明できる
  • ファイアウォールポリシーを使用してアクセスを制限できる
  • SNATおよびDNATを適用できる
  • プライベートネットワークへのアクセスにSSL VPNを提供できる
  • Dialup IPsec VPNトンネルを確立できる
  • SSL/TLSで保護されたトラフィックのインスペクションができる
  • セキュリティプロファイルを使用して、セキュリティの脅威を防御できる
  • ロギングを設定し、内容を読み取ることができる

必要な前提知識

TCP/IPネットワークの基礎知識

資格

本プログラムはNSE 4 certification exam の一部です。