コース概要

この2日間コースでは、インフラ面に関するFortiGateの高度な機能を学習します。

各自専用のハンズオン環境を使用して、ルーティング、トランスペアレントモード、冗長化、FSSO、Diagなどを学習します。これらのスキルを習得することで、FortiGateの様々な導入方法を理解できます。

製品バージョン

FortiGate 6.2

トレーニング内容

  1. ルーティング
  2. SD-WAN
  3. VDOM
  4. トランスペアレントモード
  5. 拠点間VPN
  6. Fortinet SSO (FSSO)
  7. HA
  8. Web Proxy
  9. Diag

目的

このコースを修了すると、次のことが可能になります。

  • 耐障害性を向上させるため、FortiGateをHAクラスタとして導入できる
  • L2デバイスとして導入し、トラフィックを透過的にインスペクションできる
  • ルーティングテーブルを分析できる
  • SD-WANを設定し、複数のWAN回線にトラフィックを効率的に分散できる
  • VDOMを設定し、FortiGateを複数の仮想デバイスに分割できる
  • ポリシーベースのIPsec-VPNを説明できる
  • Fortinetシングルサインオン(FSSO)により、Microsoft Active Directoryと認証を統合できる
  • Explicit プロキシにファイアウォールポリシーや認証を追加して運用できる
  • よくある問題の診断と対応ができる

必要な前提知識

FortiGate Securityに含まれるFortiGateの知識

資格

本プログラムはNSE 4 certification exam の一部です。