FortiGuard セキュリティレーティングサービス

セキュリティのベストプラクティス

セキュリティレーティングサービスは、お客様の環境に最適なセキュリティ ファブリックの設計、実装、さらには目標とするセキュリティ体制の持続的な運用管理を支援するサービスです。セキュリティのベストプラクティスに基づいてセキュリティ ファブリックを構築し、このような評価を実行することで、セキュリティ部門はセキュリティ ファブリックのセットアップに存在する重大な脆弱性や構成の弱点を特定し、ベストプラクティスに基づく推奨事項を実装できるようになります。

セキュリティレーティングサービスには、次のようなメリットがあります。

  • ビジネスにおける重要度を踏まえた、最新のリスクや脆弱性のデータが提供されます。
  • ネットワーク部門やセキュリティ部門は、タイムリーに改善点を洗い出し、対応の優先度を設定できるようになります。
  • セキュリティ ファブリックの機能とセキュリティレーティングは、進化し続ける脆弱性エクスプロイトや攻撃に合わせて更新されるため、セキュリティ部門やネットワーク部門は、システム構成の改善やプロセスの自動化につながる機会を見極めることができます。これにより、ネットワークやセキュリティの運用が効率化されます。
  • コンプライアンスや規制基準の変化に対して、タイムリーな適応が可能になります。
    • 構成の監視とチューニングが構造化されたこのアプローチによって、他の重要なプロセスにおいても付加価値がもたらされます。  データ侵害発生時のビジネスに関する迅速な意思決定と修復が可能になります。
    • サードパーティの資産のコンプライアンス状況を監視することで、その組織がエンタープライズセキュリティポリシーに準拠していることを確認できます。リスク管理部門が、コンプライアンスや規制基準に対するセキュリティ制御の状態をプロアクティブに監視できます。
    • また、コンプライアンス違反の可能性がある資産、不安定なシステム構成の状態、そしてデータフローの異常を早期に認識することで、運用チームに新たな価値がもたらされます。