FortiGuard 侵入防止(IPS)・NGFW(次世代ファイアウォール)サービス

ネットワークへの不正侵入の防止とアプリケーション制御の強化

組織が常に攻撃にさらされ、データ漏えいが次々と報告される今、セキュリティ強化の必要性がこれまで以上に高まっています。また、特にインターネット境界やネットワークセグメント間で発生するネットワークトラフィックの可視化と制御も不可欠になっています。

FortiGuard NGFWサービスは、実証済みのアプリケーション制御と侵入防止(IPS)のテクノロジーを提供することで、総合的なセキュリティ対策の強化を可能にします。フォーティネットは、NSS Labsが2016年に実施したNGFWセキュリティテストで、99.97%という最高の総合セキュリティ効果を達成しました。

従来型ファイアウォールは、ポート、プロトコル、IPアドレスだけを識別しますが、FortiGuard Application Control for FortiGate次世代ファイアウォールは、アプリケーションの使用状況の広範に渡る可視化を可能にし、危険度の高い不正アプリケーションのネットワークへの侵入を阻止します。FortiGuard IPSは、ネットワークデバイスに到達する前の段階で脅威を検知し、遮断することで、ネットワークに侵入しようとする最新の脅威からの保護を可能にします。リアルタイムの脅威インテリジェンスのアップデートと既存の数千の侵入防止ルールを組み合わせることで、業界最高のIPS保護を実現します。

FortiGuard NGFWサービス:

 

checkmark icon

危険度の高いアプリケーションへのアクセスをブロックまたは制限することで、組織の保護を強化

visibility icon

数千のアプリケーションの可視性と制御を提供し、カスタムアプリケーションの追加にも対応

defense icon

ネットワークへの不正侵入を防止することで、セキュリティ対策を強化

intelligent icon

リアルタイムの脅威インテリジェンスのアップデートを提供することで、高度サイバー脅威に対抗

FortiGuard Labsのグローバル脅威インテリジェンス

アプリケーション制御サービスでは、グローバルなFortiGuard Labsの開発チームによって収集されたインテリジェンスが活用されます。業界をリードする脆弱性研究・調査組織であるFortiGuard Labsは、アプリケーションインテリジェンスとIPSの統合によって、NGFWおよびNGIPSのセキュリティ効果を極めて高レベルまで引き上げます。

FortiGuard Labsは、毎週1,000件の新しい侵入防止ルールを作成しており、そのデータベースには58,000件のアプリケーション制御ルールが登録されています。