行政機関の接続環境を保護する包括的かつ効果的なセキュリティ

フォーティネットの行政機関向けセキュリティソリューション

行政機関は、さまざまなサイバー攻撃の格好の標的とされることが頻繁にあります。未熟なハクティビストから大規模で高度な攻撃を仕掛ける国家主導の犯罪集団までのあらゆる犯罪者が、行政機関のシステムに存在する脆弱性を攻撃するにようになっていることは、2015年に193件だったデータ侵害の報告件数が2017年には304件になったことからも明らかです。

件数の増加や脅威の拡大だけでなく、その高度化に伴って多くの脅威が従来型のセキュリティを回避するようになっています。古くから使い続けられている統一性に欠けるネットワーク、ITセキュリティ担当者の人材不足、限られた予算といった多くの課題が存在する中、有効なセキュリティが実装されなければ今後も次々とデータ侵害が発生することは明らかです。

フォーティネットは、中央および地方の行政機関が直面する固有の課題や要件を十分に理解し、それぞれの機関の現在および将来の複雑かつミッションクリティカルな要件の解決を可能にする、サイバーセキュリティのイノベーションに常に取り組んでいます。

業界最高レベルのパフォーマンスを誇り、価値の創出につながるセキュリティテクノロジーに基づいて構築された、最も包括的で効果的なサイバーセキュリティソリューションによってリスクを低減し、長期的な活用が可能な環境を実現することで、公共サービスの提供、国家安全保障上の利益の保護といった活動に取り組む行政機関を支援します。