Skip to content Skip to navigation Skip to footer

ガートナー、2022年の戦略的テクノロジーのトップトレンド:サイバーセキュリティメッシュ

ガートナーリサーチレポート

   

ITリーダーはセキュリティの再考が必要

サイバーセキュリティメッシュアーキテクチャ(CSMA:Cybersecurity Mesh Architecture)は、ガートナー社が提唱するアーキテクチャアプローチで、異なるセキュリティ製品間の相互運用性を高め、より統合されたセキュリティ態勢を実現します。

フォーティネット セキュリティ ファブリックは、このコンセプトを体現していると私たちは考えています。本セキュリティ ファブリックは以下のことが可能です。

  • コンプライアンスを確保しながら、オペレーションの複雑さを軽減
  • 相互運用性だけでなく、分析、インテリジェンス、一元管理、自動化も重視
  • 幅広いテクノロジーエコシステムやベンダーと統合

ガートナー社の新しいレポートに掲載されているCSMA(Cybersecurity Mesh Architecture、サイバーセキュリティメッシュアーキテクチャ)の詳細をお読みいただき、このアプローチが推奨される理由についてご確認ください。

この調査レポートをお読みいただくと、デジタルトランスフォーメーションを推進して、既存のネットワークを強化しながら、リモートワークへの移行に対応する方法を詳細に理解することができます。また、場所に関係なく、各ユーザーが分散ネットワークのリソースやアプリケーションに安全にアクセスできるようにするためのガイダンスが得られます。

Gartner®, “Top Strategic Technology Trends for 2022: Cybersecurity Mesh,” Felix Gaehtgens, James Hoover, Henrique Teixeira, Claudio Neiva, Michael Kelley, Mary Ruddy, Patrick Hevesi, 18 October 2021.
Gartnerは、Gartner, Inc. または関連会社の米国およびその他の国における登録商標およびサービスマークであり、同社の許可に基づいて使用しています。All rights reserved.