2019年のガートナー社「WANエッジインフラストラクチャについてのクリティカル・ケイパビリティ」

ガートナー社は、WANエッジインフラストラクチャに不可欠な機能に基づいて、一般的な4つのSD-WANユースケースを検証しています。

レポートをダウンロード(英語)

フォーティネットは、2019年11月のガートナー社アナリストレポート「WANエッジインフラストラクチャについてのクリティカル・ケイパビリティ」において、「セキュリティ重視のWAN」のユースケースで最高のスコアを受けました。

 

同レポートの中でガートナー社は、「ガートナーはユーザーに対し、WANエッジソリューションの採用にあたっては、これらの不可欠な機能セットを最も重要な条件の一部として検討するよう推奨する」と述べています。

また、ユースケースと機能に基づいて最適なSD-WANソリューションを選択する際の推奨事項も解説しています。

詳細レポートをダウンロードして、フォーティネットおよび他のベンダーとのスコア比較内容をぜひご確認ください。

「Critical Capabilities for WAN Edge Infrastructure」、Jonathan Forest, Mike Toussaint, Mark Fabbi共著、ガートナー、2019年11月26日発行

この図表は、Gartner, Inc.がリサーチの一部として公開したものであり、文書全体のコンテクストにおいて評価されるべきものです。オリジナルのガートナー・ドキュメントは、リクエストにより フォーティネット からご提供することが可能です。

ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高のレーティング又はその他の評価を得たベンダーのみを選択するようにテクノロジーユーザーに助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の責任を負うものではありません。

Gartnerは、Gartner Inc.または関連会社の米国およびその他の国における登録商標およびサービスマークであり、同社の許可に基づいて使用しています。All rights reserved.