Skip to content Skip to navigation Skip to footer

概要

ランサムウェアは常に進化し、影響を受ける組織は増加の一途をたどっています。FortiGuard Labsによるランサムウェア検知数は週平均で15万件にのぼります。同時に、デジタルやリモートワークへの移行が加速し、オン / オフネットワークの接続の多様化により、組織に対する攻撃の成功率が高まっています。

フォーティネットのランサムウェア対策ソリューションは、デジタル攻撃対象領域とサイバーキルチェーンにおける人工知能やその他の高度な分析の統合を実現します。これにより、さまざまな機会でのランサムウェア攻撃やコンポーネントの防止や検知が可能になります。

フォーティネットは、セキュリティの自動化と拡張により、迅速なインシデントレスポンスも実現します。レスポンスが迅速であればあるほど、被害を少なくすることができます。ランサムウェアインシデントの影響を軽減しつつ、特に人材やスキルが限られたセキュリティチームが必要とする支援を提供します。

ランサムウェア対策のあらゆる段階で実績あるソリューション

フォーティネットは、広範囲の製品とサービス提供を通じて、ランサムウェアへの備え、防止、検知、レスポンスを支援します。

備え

組織は、今日のランサムウェア攻撃の防止、検知、レスポンスに必要な人材、プロセス、製品を事前に準備しておく必要があります。

防御

場所に縛られない働き方、クラウドから提供するアプリケーション、IoT / OT接続、デジタルアクセラレーションなどの普及によってランサムウェアの組織への侵入経路が増加し、保護する必要のある攻撃対象領域が拡大しています。

検知

ランサムウェア攻撃の多くが回避の手法やコンポーネントを利用して従来のセキュリティ対策を回避するため、人工知能や高度分析で侵入を検知する必要があります。

レスポンス

検知は単なる問題の特定であるため、効果的なレスポンスで被害を軽減する必要があります。サイバースキルが世界的に不足している現状で、ほとんどの組織が自動化と増強を必要としています。

問題解決に役立つランサムウェア対策ソリューション