ネットワークオペレーション

オーケストレーション、自動化、レスポンスでオペレーションの複雑さを軽減

Ebook for Automation-Driven Network Operations(英語)
Fabric Solution Network Operations

デジタルトランスフォーメーションが進むにつれて、ネットワーク環境は複雑さと脆弱性が増し、セキュリティを確保することが難しくなっています。組織には、ネットワーク侵害の防止に役立つ、ネットワークオペレーションの自動化に重点を置くセキュリティ戦略が必要です。フォーティネットのネットワークオペレーションソリューションは、ネットワーク侵害を排除し、サイロ化された環境を統合、システムの自動連係が可能な統合セキュリティアーキテクチャを提供します。     

Centralized Management and Visibility

一元管理と可視化

一元管理と可視化のための統合されたコンソールが提供されます。複雑な管理コンソールを簡素化し、管理の自動化を可能にします。

ゼロタッチプロビジョニング

自動化スクリプトとAPIを利用することにより、コストを削減すると同時に複雑さを軽減し、短時間でのプロビジョニングを可能にします。また、プロビジョニング用テンプレートを中央のリポジトリに保存して、変更点を確認するために後で利用することもできます。

構成管理

すべてのデバイスを一元管理して構成することにより、リビジョンが確実にバックアップされるようにします。セキュリティ ファブリック内のトリガーに基づいて、変更の追跡や変更の自動化が可能になります。

Best Practices Compliance

コンプライアンスのベストプラクティス

コンプライアンス管理は、多くの場合手作業で行われるため手間がかかり、非効率的です。管理は容易ではなく、複数の常勤の従業員が関与し、適切な処理には数か月かかることもあります。

リスクのスコアリングとランキング

ベストプラクティスの継続的なリスク評価は、NISTやCISへのコンプライアンスに役立ちます。現在のリスク状況を改善し、推奨される変更点を簡単に適用することができます。

変更制御のレポーティング

カスタマイズ可能なレポートを利用して、ポリシーおよび構成に対する変更を提案したユーザーとその理由を追跡することができます。さらに重要なこととして、PCI DSS、NIST、CISなどに関するレポートを取得することも可能です。   

Automation and Orchestration

自動化とオーケストレーション

自動化とオーケストレーションによって、定常的な業務を自動化し、アラートがトリガーされるようにすることができます。セキュリティ担当チームは、脅威の検知からレスポンスまでの時間を効果的に短縮することができます。

ワークフローの最適化

ポリシー変更のワークフローを制御してリスクを軽減します。脅威の検知からレスポンスまでの時間を短縮し、オペレーションの異常を低減します。

エンタープライズレベルの統合

パートナーテクノロジーとの統合を容易にして、オペレーションのリスク対策を容易にします。

関連資料

ネットワークオペレーションの自動化を実現するためのフォーティネットソリューション

ネットワークオペレーションの自動化を実現するためのフォーティネットソリューション

ネットワークオペレーションにおける一元管理、コンプライアンス、自動化によってネットワーク侵害の検知と保護の改善を実現するFortiManagerおよびFortiAnalyzerのユースケースをご紹介します。

今すぐ読む(英語)
FortiManagerによるオートメーションドリブンのネットワーク管理

FortiManagerによるオートメーションドリブンのネットワーク管理

この動画では、侵害の主要な根本原因への対応に役立つものとして、FortiManagerによって実現される3つのユースケースをご紹介します。

今すぐ見る(英語)
フォーティネットの分析に基づくセキュリティとログ管理

フォーティネットの分析に基づくセキュリティとログ管理

FortiAnalyzerは、効率性の改善、レスポンスの迅速化、コンプライアンスの達成に役立ちます。

今すぐ読む(英語)