フォーティネットのテレワークソリューション

 

テレワークは、地理的な制約の解消や通勤時間の短縮、より柔軟なスケジューリングなどのメリットを従業員にもたらします。また、ビジネスオペレーションを継続するためにはテレワークという手段をとらざるを得ない状況もあります。緊急事態が発生してオフィスでの就労が困難になった場合は、ビジネスの継続性を確保し、オフィス以外の場所で働く従業員をサポートするためのソリューションが必要になります。フォーティネット セキュリティ ファブリックは、主に3つのレベルの接続オプションを用意し、テレワークのシナリオに対応します。お問合せについてはこちらのフォームで受け付けております。

 

テレワークソリューションウェビナー

新型コロナウイルスの流行により、テレワークの推進、適用範囲の拡充に取り組む企業や組織が増えています。また、ビデオ会議ツール/Web会議ツールの利用も一気に増加し、その脆弱性を狙った攻撃や運用面でのポリシーの穴を狙った便乗犯による被害例も報告されています。フォーティネットはVPNによるリモートアクセス環境の整備はもちろん、コロナウイルスに便乗するサイバー攻撃に対処するためのセキュリティソリューションをご提案し、お客様のインフラ保護を支援します。ウェビナーはこちらから。

 

 

従業員のテレワークを支援する大規模なセキュアリモートアクセス

従業員のテレワークを支援する大規模なセキュアリモートアクセス

今すぐ読む
Secure Remote Access for Your Workforce at Scale

フォーティネットブログ:テレワーカーを幅広く保護するための6つのステップ

今すぐ読む
テレワークソリューションウェビナー(英語)

テレワークソリューションウェビナー(英語)

大規模なテレワークを実現するための、フォーティネットのテレワークソリューションをご紹介

今すぐ見る
General User Icon

テレワーカー

テレワーカー用プロファイルは、企業ネットワークへのアクセスで基本レベルのセキュリティを提供するものであり、すべての従業員に必要になります。自宅、カフェ、空港、取引先などから、インターネット経由で安全に自社のリソースにリモートでアクセスし、活用することができます。この機能は、テレワーカーの他に、後述するパワーユーザーとスーパーユーザーのケースでも、ホームオフィス以外の場所で仕事する際に必要になります。パブリックインターネットを経由するセキュアな接続とVPN接続の両方のニーズに対応するだけでなく、企業ネットワーク、機密情報を処理するアプリケーション、または保護されているデータへのアクセス時には、組織に対してアイデンティティを検証する機能を提供します。

VPN接続

リモート環境からセキュアに接続することで、オープンネットワークを経由する場合であってもプライベートな通信を実現します。FortiClientファブリックエージェントは、本社へのVPNトンネルを提供します。

詳細を確認する

ワンタイムパスワードによる二要素認証

追加の認証方法を使用して、ユーザー名とパスワードを使用しているユーザーが本人であることを証明します。FortiTokenは二要素認証機能を提供します。

詳細を確認する

 

 

ハイパフォーマンスの暗号化VPN

多数の従業員向けに今すぐテレワークの環境を提供する必要があるお客様は、FortiGate製品が備えるVPN機能の概要をご参照ください。

今すぐ見る

セルフサービスでご利用いただけるリソース:FortiGate VPN

フォーティネットのサポートWebサイトでは、クイックスタートガイドやネイティブのFortiGate VPN機能を紹介するビデオなど、既存のFortiGateユーザーのお客様に信頼性の高い様々なリソースを提供しています。

今すぐ確認する(英語)

Power User Icon

パワーユーザー(システムエンジニア)

パワーユーザー向けプロファイルは、企業ネットワークを長時間使用する従業員を対象とするものであり、指定の場所からセキュリティを確保しながら容易なリモートアクセスを実現します。パワーユーザーは、ヘッドエンドファイアウォールへのセキュアな常時接続を利用することができます。これによって、管理しやすく使いやすいセキュアなソリューションが実現します。  ただし、機密情報を処理するアプリケーションや保護されているデータにアクセスする場合は、アイデンティティを検証することをお勧めします。

セキュアな無線接続

FortiAPは、FortiGate次世代ファイアウォール(NGFW)によるリモート管理が可能で、柔軟でセキュアな接続を提供します。ファイアウォールのセキュリティポリシーを無線トラフィックに適用することができると同時に、アクセスポイントからの暗号化トンネルによってインターネットを経由するトラフィックを保護します。

詳細を確認する

ワンタイムパスワードによる二要素認証

追加の認証方法を使用して、ユーザー名とパスワードを使用しているユーザーが本人であることを証明します。FortiTokenは二要素認証機能を提供します。

詳細を確認する

Super User Icon

スーパーユーザー(エグゼクティブ、システム管理者)

スーパーユーザーとは、最高レベルの資格情報を持つユーザー、あるいは重要なビジネス情報にアクセスできるユーザーであり、このようなユーザーの業務のセキュリティを確保することは組織にとって極めて重要です。このプロファイルを使用することで、テレワーク環境を小規模の企業拠点へと効率的に一変させることができます。他の全従業員と同じく、機密情報を処理するアプリケーションや保護されているデータにアクセスする場合は、アイデンティティを検証することをお勧めします。指定のテレワーク環境以外の場所では、VPNクライアントの使用を推奨します。

究極のセキュリティ

FortiGate NGFWを導入することで、スーパーユーザーのリモートアクセスで最高レベルのセキュリティが確保されます。セキュアなトラフィックトンネルをアプリケーション制御やトラフィック検査と併用し、ローエンドのFortiGate NGFWでAIドリブンのセキュリティプロセスに基づく複数レベルの保護を実現することができます。

詳細を確認する

ワンタイムパスワードによる二要素認証

追加の認証方法を使用して、ユーザー名とパスワードを使用しているユーザーが本人であることを証明します。FortiTokenは、二要素認証機能を提供します。

詳細を確認する

コンポーネント

様々なタイプのテレワーカーをサポートするには、セキュリティおよび管理ツールの両方に拡張性を確保する必要があります。フォーティネットの優れたテクノロジーは、テレワーカーのビジネスの継続性を支援します。

   

next-generation firewall

FortiGate

外部からのすべてのVPNコンセントレータ

web product icon forticlient

FortiClient EMS

FortiClientファブリックエージェント向けのエンドポイント管理システム

web product icon fortiauthenticator

FortiAuthenticator

すべてのテレワーカーが使用するFortiTokenを認証

web product icon fortimanager

FortiManager

すべてのテレワーカーや拠点のネットワークを管理

web product icon fortianalyzer

FortiAnalyzer

レポート機能とネットワークの分析機能を提供

web product icon forticasb saas

FortiCASB

クラウドベースのアプリケーションへのアクセスを制御