予測インテリジェンス:未知の脅威に対する予測的保護

機械学習

サイバー犯罪者は、かつてないほど賢く危険になり、自動化やスクリプトを活用することで攻撃を加速させ、その規模を拡大させています。世界的な脅威環境の規模が拡大する中で、高速化や高度化が進む攻撃に対抗するには、マシンの速度でのリアルタイムのレスポンスが必要です。機械学習と人工知能は、サイバー犯罪との戦いで強力な武器となります。

FortiGuard Labs独自の自己進化型検知システム(SEDS:Self-Evolving Detection System)は、6年以上にわたる開発とトレーニングで検知能力の有効性が検証され、ゼロデイマルウェアであっても高い確率で検知できることが証明されています。この成熟した機械学習 / 人工知能プログラムは、継続的トレーニングモデルの採用によって、自律的に脅威を収集、分析、分類した後に、新しい有効な防御シグネチャを開発します。このシグネチャは、接続されたフォーティネット セキュリティ ファブリックにリアルタイムで配信されます。

このプログラムの成功には、時間とデータの両方が貢献しています。FortiGuard Labsは、毎日1,000億件以上のセキュリティイベントを取り込んで分析することで、エンドツーエンドのグローバルな脅威環境に関する比類ないビューを提供します。これらの豊富なデータによって、何千万もの新たなファイルのデータセットを継続的にSEDSシステムに送信し、教師あり、教師なし、そして強化学習の各モデルの利用が実現しています。

この人工知能 / 機械学習プログラムがフォーティネットの脅威インテリジェンスのバックエンドに統合されることで、FortiGuardサービスの脅威検知能力が飛躍的に強化され、フォーティネット セキュリティ ファブリックで共有されるようになります。フォーティネット製品全体で、自動化とイノベーションの活用とこのようなプログラムの統合とが組み合わされることで、攻撃力と破壊力を拡大し続けるサイバー犯罪への対抗が可能になります。

 

   



関連資料

 

 

関連製品