アプリケーションセキュリティ

ビジネスクリティカルなサービスを保護

クラウド向けWebアプリケーションセキュリティ(英語)
Fabric Solution Application Security

脆弱性はWeb全体にわたって存在しており、ビジネスクリティカルなWebアプリケーションは脅威の標的にされることが頻繁にあります。それだけでなく、攻撃者は、Eメールを利用してエンドユーザーとそのエンドユーザーが使用しているシステムや認証情報にアクセスする機会を常にうかがっています。  フォーティネットのアプリケーションセキュリティソリューションは、WebアプリケーションとEメールアプリケーションを高度な脅威から保護する堅牢な統合製品スイートで構成されています。フォーティネットのWebアプリケーション向けセキュリティソリューションは、Webベースのアプリケーションを保護し、Webアプリケーションファイアウォール FortiWebおよびアプリケーションデリバリコントローラ FortiADCを使用して、Webアプリケーションのトラフィックにおけるセキュリティを確保します。

securing web applications

Webアプリケーションの保護

最もビジネスクリティカルなWebアプリケーションを包括的に保護します。さらに、アプリケーションにおける法規制やコンプライアンスへの対応を容易にすることができます。

Webアプリケーションのセキュリティ

Webベースアプリケーションのセキュリティを一元管理できるようにすることで、リスクの緩和を促進します。脆弱なシステムの保護を合理化し、脅威に迅速に対応するための詳細な可視化を可能にします。

Web APIセキュリティ

WebベースのパブリックAPIの保護を強化し、サードパーティAPIを安心して利用できるようにします。

securing email

Eメールの保護

クラウド環境でEメールを高度な脅威から効率的に保護するだけでなく、Eメールソリューションを統合することもできます。トップクラスのソリューションにより、フォーティネットは必要な場所で堅牢なアプリケーションセキュリティを提供します。

Eメールのための高度な脅威保護

フォーティネットの高度な脅威保護ソリューションは、メールを介した脅威からネットワークを保護し、既存のセキュアメールゲートウェイを補完することができます。

クラウドベースのメール保護

SaaS(Software as a Service)、パブリッククラウド、またはAPIベースのセキュリティを柔軟に展開して、クラウド環境でEメールを保護します。また、Microsoft Office 365やGoogle G-Suiteにも対応します。

関連資料

FortiMailによるビジネスメール詐欺対策

FortiMailによるビジネスメール詐欺対策

日本でも被害の増えているビジネスメール詐欺。 FortiMail 6.0の 新機能「なりすまし分析」でビジネスメール詐欺対策が可能に!

今すぐ見る
ガートナー社 2019年WAF マジッククアドラント

ガートナー社 2019年WAF マジッククアドラント

ガートナー社の2019年WAFマジッククアドラントをダウンロードする

今すぐダウンロード(英語)
ファブリック対応の電子メールセキュリティによるサイバー犯罪対策の大幅な改善

ファブリック対応の電子メールセキュリティによるサイバー犯罪対策の大幅な改善

巧妙なメール攻撃を阻止するだけでなく、その過程で得られた実用的なインテリジェンスを活用してサイバー犯罪対策を大幅に改善し、サイバー攻撃の防御側が優位性を獲得する上で、フォーティネット セキュリティ ファブリックがどのように役立つか、詳しく解説します。

今すぐ見る(英語)