Skip to content Skip to navigation Skip to footer

ネットワークセキュリティが必須な理由!役割や種類を確認

ネットワークセキュリティとは、情報やデータなどをネットワーク上で安全に管理するために必須とされるものです。しかし、管理コストがかかることを理由に、ネットワークセキュリティ対策を充分に行っていない組織もあるのが現状です。

もし企業や団体など、情報を多く管理しているような組織がネットワークセキュリティ対策を行っていなかったり、ネットワークセキュリティが甘かったりする場合はどんな問題が起こるのでしょうか?

そこでこの記事では、このネット社会にてネットワークセキュリティが必要とされているのはなぜなのか、ネットワークセキュリティの役割や主な機能などについて徹底的に解説していきます。

 

目次


 

ネットワークセキュリティの役割や機能

まずはネットワークセキュリティの役割について解説していきます。ネットワークセキュリティは、情報資産と言われる大事な情報を守り、ネットワークにおける安全な運用を行うための対策の一種です。

情報資産は、会社や組織の経営、存続に関わるほどの重要性があり、ネットワークを通じて常に情報漏洩や破壊、サイバーテロとも呼ばれているサイバー攻撃の危険に晒されています。また、ネットワークセキュリティが甘い場合でも、サイバー攻撃の被害を受け、企業の存続に関わる危険性も高まると言われています。そのため、そのような危険からデジタルの情報資産を守りながら安全性の高いネットワークにするためには、ネットワークを介したサイバー攻撃を防止するネットワークセキュリティの導入が必要不可欠なのです。

ネットワークセキュリティは大きく2つの機能に分けることができます。下記では2つの機能について解説していきます。

 

サイバー攻撃対策

サイバー攻撃と一口に言っても、ランサムウェアや不正メール、コンピューターウイルスやマルウェアなど種類は様々です。不正アクセスや身代金を要求するランサムウェアへの感染など、攻撃の方法もより複雑化してきているのが現状です。

更に、年々サイバー攻撃の被害も増加しており、その中で金銭や情報窃取などを目的としたあまり派手ではない手法のサイバー攻撃が多くなってきているため、近年サイバー攻撃被害の発覚が遅れてしまい、結果的に被害の拡大に繋がってしまったケースも増えているのです。

元々サイバー攻撃は無作為に行われているものも多いため、ネットワークはいつどのような攻撃が仕掛けられるかわからない状態に置かれているのです。

以上のことからも、サイバー攻撃の脅威から組織の重要なデータを守るためには、現在のネットワークにおけるサイバー攻撃にも順応した、最新のネットワークセキュリティを取り入れる必要があります。

 

内部不正対策

外部からのサイバー攻撃だけでなく内部での業務上のミスや、内部の人間の不正、データの改ざん、漏洩などに対しても対策が必要です。

悪意のある第三者からのサイバー攻撃を受けてしまうケースや、内部に悪意のある社員がいなかった場合でも、IDやパスワードなどのログイン情報が何らかの事故により流出してしまうことも無いとは言いきれません。日頃から気をつけていたとしても、こういった事故は避けることができないのです。

従って情報を守るためには、大事な情報の漏洩や、機密情報への不正なアクセスが行われていないかなどの監視を、常にしていなければならないことが明確です。そのため、ログの監視や流出したら困るファイルやデータの暗号化、内部不正に特化した対策などを検討しておく必要があります。事前のセキュリティ対策を怠らないことで、もしトラブルが発生してしまったときでもスピーディーに対応することが可能になります。

 

3種類のネットワークセキュリティ

ネットワークセキュリティと一言で言っても、実は3種類のタイプに分けられることをまずは理解しておきましょう。

ネットワークセキュリティもそれぞれのネットワーク形態に適した種類が存在するのです。その種類によって異なる、3つのネットワークセキュリティの特徴について解説していきます。

 

クローズドネットワーク

クローズドネットワークとは、社内ポータルサイトやグループウェアなど、企業や学校など限られた組織の限られたユーザーのみがアクセスできるイントラネットのような、閉じられたネットワークのことを指します。プライベートネットワーク、閉域網とも言うことがあります。

クローズドネットワークは、インターネットから隔離状態であると言え、Webやメールからのマルウェアの感染被害が出るものではなく、外部からの攻撃を受けにくいことから、比較的安全だと認識されています。

しかし、内部からの攻撃には弱いという弱点があるため、マルウェアによる攻撃を100%避けられるということではなく、クローズドネットワークでもセキュリティ対策は必要です。

例えば、メンテナンスのため、持ち込んだ保守端末とクローズドネットワークの機器を接続することによってマルウェアに感染してしまうことがあるのです。また、ファームウェアにマルウェアが忍び込んでいるという恐れもあります。

更に、クローズドネットワークで起こりやすい被害が情報漏洩です。情報漏洩は、組織内に悪意ある人間が存在した場合、機密情報を外部に持ち出すことによって起こります。

これらの例から、クローズドネットワークはインターネットから遮断されているから安全であるとは言いがたいことがわかります。

このように、クローズドネットワークに対する攻撃は、組織内のネットワークに入ってしまうと大きな被害を生じさせ重大なトラブルに繋がってしまう可能性があります。クローズドネットワークには使い方に充分気を付けなければならない情報や機密情報、個人情報が多く含まれていることが多いため、適切な対策を行わなければならないのです。

では実際にクローズドネットワークが脅威に晒されたとき、どのような対処をすれば良いのかを下記にて説明していきます。

まずは対策として、クローズドネットワークと異常が認められたデバイスを切り離すことと、攻撃の入口となるデバイスを監視することを最優先で行う必要があります。

デバイスの監視の際にデバイスの異常を検知した場合には、拡散を即座に食い止めなければならないため、自動的にデバイスとの切り離しを行い、自動でネットワークを遮断します。

また、自己拡散型のマルウェアを検知した場合は、自己拡散型マルウェアに共通している動きのパターンの異常検知に使用するため、デバイス間の通信まで監視対象を広げる必要があります。

以上がクローズドネットワークの特徴と対策についてです。

 

オープンネットワーク

オープンネットワークとは、クローズドネットワークとは相反して、インターネットと接続されていて誰でもアクセス可能なネットワーク環境のことを言います。アクセス制限が無いのがメリットですが、そのため外部から攻撃を受けやすいというのがデメリットではあります。

そんな攻撃を受けやすいオープンネットワークで起こる頻度が高いのが、不正アクセスやウイルス感染による攻撃です。そこで求められるのが、悪意のある外部の人間が内部に侵入する前にその動きを阻止することです。これはクローズドネットワークよりも強固な守りが必要になってきます。

では、オープンネットワークではどのようなセキュリティ対策をしておいた方が良いのでしょうか?

まずはアクセス制限を行う方法です。ファイルやサーバーに対して、主に特定の社員、メンバーだけがアクセスできるようにすることをアクセス制限と言います。メンバーがファイルやサーバーにアクセスすると、そのメンバーの権限の確認が行われ、権限のあるメンバーのみにアクセスが許可される仕組みです。

組織内の誰もがその組織全ての情報にアクセスできる環境だったとすると、万が一悪意ある人物が存在した場合、情報漏洩が起こってしまいます。情報漏洩のリスクを鑑みて、重要な情報のファイルなどには、アクセスできる人物を関係者のみに限定することで、物理的にリスクを低くすることができます。アクセスに権限リクエストを挟み、許可された人物だけがアクセスできる環境が、セキュリティ対策になるのです。

次に、PCから取り外し可能で、データを外部に持ち出せるハードディスクやUSBなどの外部メディアの使用自体を禁止してしまうという方法です。

これも悪意のある人物が、外部メディアを使って社外にデータを持ち出したり、外部メディアそのものを紛失したりすることで、情報流出が起こってしまうため、外部メディアの使用を禁止するなど、社内のルールを徹底します。

3つ目に社内への出入を管理したり制限したりする方法です。社内に外部の人間が悪意を持って侵入してしまった場合、社内のネットワークを攻撃するのが容易になってしまいます。内部で攻撃が発生してしまう危険があるので、簡単に外部の人間が社内に入って来れないように、入り口に監視カメラを設置したり、持ち物検査など行ったりするようにするとリスクを回避できる可能性が高くなります。

4つ目はファイアウォールなどセキュリティ機器などの導入です。セキュリティ機器は、ネットワークの内部と外部の境界で出入りする通信を監視し、不正な通信を阻止します。

5つ目は、外部から侵入したウイルスを感知、検出するウイルス対策ソフトの導入です。外部ネットワークと接続するパソコンなどの端末にソフトをインストールすると、内部へのウイルス侵入をブロックしてくれるものです。

最後は、通信やネットワークなどITに関する能力を向上させる方法です。この能力のことをITリテラシーと言いますが、ITリテラシーの欠如が原因で、個人の不注意やミスが発生し、情報の流出に繋がってしまうこともあるのです。

例で言うと、届いたメールが不正メールだと言うことに気付かず、不審にも思わないままなにげなく開いてしまうことで、情報が流出してしまうリスクがあります。もし、ITリテラシーが高かったらこのようなメールが届いた段階で、不審であると認識することができるため、そのまま開くことなくゴミ箱フォルダに移動させ、直接的に被害を受けなくて済むのです。

万が一、組織内で不正メールから情報漏洩してしまった場合、社内情報に限らず、顧客や取引先の情報まで外部に流れてしまうなど、更に被害が拡大してしまう可能性もあります。よって会社でITリテラシー教育やeラーニングを定期的に実施することで、例にあるような不審なメールなどにも注意が回るようになります。組織全体で、ネットワークセキュリティ対策に対する意識を向上させることが大切なのです。

 

クラウドが加わったネットワーク

3種類目のネットワークセキュリティは、前述したネットワークにクラウドが加わったものです。

クラウドコンピューティングと呼ばれる、ネットワークを経由してコンピュータ資源をサービスの形で提供する利用形態は企業がIT運営をする上で必要不可欠なものとなりました。それに伴い近年、ストレージなどのリソースを企業外から借りるというシステムをとるのが一般的なものとなりました。

自社が独自にクラウド環境を構築した場合はプライベートクラウドとなり、クラウドサービス業者のリソースを借りた場合はパブリッククラウドとなります。

プライベートクラウドはクローズドされた環境がベースとなるため、パブリッククラウドに比べてセキュリティは高くなる分、構築コストも高くなるので、ユーザーは大手企業に限定されることがほとんどですが、大手企業であっても、コストや構築スピードを重視して、パブリッククラウドを活用するケースも増えているのでユーザーは様々です。

このようにクラウドの誕生とクラウドベースのアプリケーションの増加、モビリティやモバイルワークが急増しているのが現状ですが、この進歩はネットワークセキュリティに新たなレベルの複雑さをもたらしています。

よって、対策としてクラウドが併用されたネットワークの課題を解決する新しいセキュリティプラットフォームが適用されるようになりました。その最良の方法であるクラウドベースのソリューションは、セキュリティをネットワークから切り離し、クラウドが併用されたネットワークも安全に利用できるようになるのです。

以上の3つがネットワークセキュリティの種類です。このように、クローズドネットワークからオープンネットワークへ進化し、そしてクラウドも併用するようになり、どんどんネットワークは変化していきました。それに伴い、セキュリティの対象も拡大し、変化していくネットワークに対応できるよう求められるようになっています。個人や組織内での意識も必要不可欠になってきているのが現代のネットワーク社会です。

 

ネットワークセキュリティの必要性

従来の経営資源は、人・物・金の3種類が基礎的要素と言われていました。しかし近年では「情報」が第4の経営資源と呼ばれているのを知っていますか?特に企業は、製造・販売・サービスなどの企業活動で付加価値を生み、それに対する対価を得ることで成り立っています。その企業活動は、顧客情報や仕入先情報、管理情報などといった様々な種類の情報により管理されているのです。

このように情報は、企業経営の主である重要な経営資源なのです。情報の扱い方で、その組織の未来が変わってくると言っても過言でもありません。情報を上手に扱うことで正しい企業経営が行えるのです。情報とはそれほど重要なポジションにあるという認識が必要であり、そのセキュリティも重要となるのです。

よって企業などの組織は、十分な情報セキュリティ対策を実施しなければなりません。そして情報を正しく管理し、外部へ情報漏洩を起こさないようにすることは、企業の重大な社会的責任になるのです。 情報セキュリティ対策は、会社全体としてそれぞれが責任感を持ち取り組む必要があります。

そんな中、日々変化していくネットワークと共に、サイバー攻撃の手口も同様に進化しているのが現状です。ネットワークセキュリティも対応可能なように進化はし続けていますが、100パーセント完全と言えるネットワークセキュリティはまだ存在しておりません。従来のサイバー攻撃の手口にいくら迅速に対応ができても、新しい手法のサイバー攻撃に対応することは難しいのが現実なのです。

セキュリティにおける脅威は、日頃から存在します。一度、困難な攻撃に遭ってしまうとシステムやデータの復旧にかなりの時間や労力、コストがかかってしまう恐れがあります。万が一のときのために、ネットワークセキュリティ対策をしておくのは、企業を経営していく中でも必須なリスクマネジメントの一つであると言えるでしょう。

いつ何時、どのような目的で、どのような手口でサイバー攻撃に合うか分かりません。自社なら対策もしっかりしているし大丈夫、自分なら大丈夫と安心しきっていると、予想外のタイミングでサイバー攻撃に遭う可能性も充分にあるのです。自分のために、企業や組織のために、備えておけることは事前に備えてリスクヘッジしておく必要があります。

 

まとめ

この記事では、ネットワークセキュリティがなくてはならない現代において、なぜネットワークセキュリティがこんなにも必要とされているのか、ネットワークセキュリティの種類や主な役割について詳しく解説しました。

近年、情報をネットワーク上で管理している企業や組織は多いですが、そうした場合ネットワークセキュリティ対策は必須だということが分かりました。特に企業では費用やコスト面にて、ネットワークセキュリティ対策を怠ることも多々ありますが、企業経営を大きく揺るがすようなサイバー攻撃にあう危険性も大いにあるため、慎重な検討が必要です。

自分の会社は大丈夫、などと鷹を括るのではなく、万が一に備えてネットワークセキュリティ対策は徹底しておきましょう。