Skip to content Skip to navigation Skip to footer

ハッキングとは? | ハッキングの種類

お問い合わせ

ハッキング — 定義、タイプ、セキュリティなど

一般的に使用されるハッキングの定義は、アカウントまたはコンピュータシステムへの不正アクセスを通じてデジタルデバイスおよびネットワークを損なう行為です。ハッキングは必ずしも悪意ある行為ではありませんが、一般的には、サイバー犯罪者による違法行為やデータの盗難に関連しています。 

ハッキングとは、コンピュータ、スマートフォン、タブレット、ネットワークなどのデバイスを悪用して、システムを損傷または破損させ、ユーザーに関する情報を収集する、データやドキュメントを盗む、データ関連の活動を妨害することを指します。

従来、ハッカーは、コンピュータソフトウェアやハードウェアシステムのコーディングや改造に高度な技術を持つ一匹狼のプログラマーと見なされていました。しかし、このこの概念には、ハッキングの真の技術的性質についての考察が含まれていません。ハッカーのスキルはますます巧妙になっており、サイバーセキュリティソフトウェアやITチームに全く気付かれないように設計した、ステルス攻撃方法を使用しています。また、ユーザーを騙して悪意のある添付ファイルやリンクを開かせ、機密の個人情報を自由に流出させる攻撃ベクトルを作成する技術にも長けています。

つまり、現代のハッカーは、子供の悪戯では決してありません。ハッキングは極めて高度な技術を駆使して成功している数十億ドル規模の産業なのです。

ハッキング/ハッカーの歴史

ハッキングという言葉が最初に登場したのは1970年代ですが、その後の10年間でより一般的になりました。1980年の『Psychology Today』誌には、コンピュータ使用の中毒性を調査した「ハッカー論文」が掲載され、その2年後には、主人公がコンピュータシステムへの侵入を試みる映画『トロン』と『ウォーゲーム』の2本が公開され、ハッキングという概念が国家機密の潜在的リスクとして多くの人々に知られるようになりました。

同年末には、ロスアラモス国立研究所、セキュリティパシフィック銀行、スローンケタリング癌センターなどの主要組織のコンピュータシステムを解読するティーンエイジャーのグループが登場しました。この出来事を取り上げた『ニューズウィーク』誌の記事は、「ハッカー」という言葉を現在のような否定的な意味で初めて使用したのです。

この出来事により、議会はコンピュータ犯罪に関するいくつかの法案を可決しましたが、企業や政府システムに対する攻撃は止まりませんでした。ハッキングの概念は、インターネットが一般に公開されたことにより、ハッキング活動の機会とより有利な報酬がはるかに多く得られるようになり、拍車がかかりました。このため、ハッキングの技術は進化し、洗練され、さまざまな種類のハッキングやハッカーが生まれました。

ハッキング/ハッカーのタイプ

一般的に、悪意ある人物がウェブサイトやシステムをハッキングする要因は、主に4つあると言われています。(1) クレジットカード情報の窃盗や金融サービス詐欺による金銭的利益、(2) 産業スパイ、(3) ハッキングの才能による悪評や尊敬の獲得、そして (4) 企業や国家の情報を盗むことを目的とした国家主導のハッキングです。さらに、Anonymous、LulzSec、WikiLeaksなど、機密情報を漏洩することで世間の注目を集めることを目的とした、政治的動機によるハッカー、つまりハクティビストもいます。

これらの活動を実行する最も一般的なタイプのハッカーには、以下のものがあります。

ブラックハットハッカー

ブラックハットハッカーは、ハッキングシーンにおける「悪者」です。彼らは、コンピュータシステムやソフトウェアの脆弱性を意図的に発見し、それを金銭的利益や評判の向上、企業スパイ、あるいは国家的なハッキングキャンペーンの一環として利用するなど、より悪質な目的のために利用します。

これらの個人の行為は、ユーザーのデバイスと、そのユーザーが働く組織の両方に深刻な損害を与える可能性があります。機密性の高い個人情報を盗んだり、コンピュータや金融システムに損害を与えたり、ウェブサイトや重要なネットワークの機能を変更したり削除したりします。

ホワイトハットハッカー

ホワイトハットハッカーは、積極的なハッキングによってブラックハットハッカーによる侵害を抑制しようとする「善人」とも言える存在です。ホワイトハットハッカーは、技術的なスキルを駆使してシステムに侵入し、ネットワークセキュリティのレベルを評価・テストします。これは、倫理的ハッキングとも呼ばれます。これにより、ブラックハットハッカーがシステムの脆弱性を検知して悪用する前に、システムの脆弱性を発見することができます。

このホワイトハットハッカーが使用する技術は、ブラックハットハッカーが行うものと類似していたり、同じであったりしますが、これらのホワイトハットハッカーは組織によりセキュリティに潜在的な穴がないかテストおよび発見するために雇われています。ホワイトハットハッカーは、ブラックハットハッカーが行う技術と類似あるいは同一の技術を使用します。ホワイトハットハッカーは、組織のセキュリティの潜在的な欠陥をテストして発見するために雇われます。

グレーハットハッカー

グレーハットハッカーは、善人と悪人の中間に位置するハッカーです。ブラックハットハッカーとは異なり、基準や原則に違反しようとしますが、損害を与えたり金銭的な利益を得ようとはしません。グレーハットハッカーは、通常、公共の利益のために行動します。例えば、脆弱性を悪用して、脆弱性の存在に対する認識を高めるなどです。ホワイトハットハッカーとの違いは、公然と行動する点です。悪意のある攻撃者に狙われる可能性のある脆弱性の存在を、人々に警告するのです。

ハッキングに対して最も脆弱なデバイス

スマートデバイス

スマートフォンをはじめとするスマートデバイスは、ハッカーにとって格好の標的です。特にAndroid端末は、Apple端末に比べてオープンソースで一貫性のないソフトウェア開発プロセスを採用しているため、データの盗難や破損の危険性があります。ハッカーは、モノのインターネット(IoT)に接続された何百万ものデバイスをますます標的にしています。

Webカメラ

コンピュータに内蔵されたウェブカメラは、簡単な手順でハッキングできるため、恰好の標的となっています。ハッカーは通常、ルートキット型マルウェアに含まれるリモートアクセス型トロイの木馬(RAT)を使用して、コンピュータにアクセスし、ユーザーをスパイするだけでなく、メッセージの覗き見、ブラウジングアクティビティの監視、スクリーンショットの撮影、ウェブカメラの乗っ取りなどを行います。

ルータ

攻撃者はルータをハッキングし、ルータ間で送受信されるデータや、ルータ上でアクセスされるネットワークにアクセスします。また、ハッカーはルータを乗っ取って、分散サービス妨害(DDoS)攻撃、ドメイン名システム(DNS)スプーフィングまたは暗号マイニングなど、より広範な悪意ある行為を実行します。

Eメール

Eメールは、 サイバー攻撃の最も一般的なターゲットの1つです。マルウェアやランサムウェアの拡散やフィッシング攻撃の手口として利用されます。攻撃者は悪意ある添付文書またはリンクを開かせてユーザーに被害をもたらそうとします。 

ジェイルブレイクされた電話

電話のジェイルブレイクとは、OSの制限を解除して、公式アプリストアで入手できないアプリケーションやその他のソフトウェアをユーザーにインストールさせることです。電話開発者とのエンドユーザのライセンス契約に違反するだけでなく、ジェイルブレイクは多くの脆弱性を露呈します。ハッカーはジェイルブレイクされた電話を標的にし、デバイス上のデータを盗むだけでなく、接続されたネットワークやシステムを攻撃します。

ハッキングの防止

適切な手順とベストプラクティスの実行により、組織とそのユーザーがハッキングに遭遇する可能性を低減することができます。

ソフトウェアの更新

ハッカーは、発見されていない脆弱性やパッチが適用されていないセキュリティホールを常に探し回っています。したがって、ユーザーや組織がハッキングされるのを防ぐには、ソフトウェアとオペレーティングシステムの両方をアップデートすることが重要です。自動アップデートを有効にし、すべてのデバイスとプログラムに常に最新バージョンのソフトウェアがインストールされているようにしましょう。

アカウントごとに異なる一意のパスワードを使用する

データ漏洩やサイバー攻撃の最も一般的な原因は、脆弱なパスワードやアカウントの認証情報、パスワードの不適切な使用です。ハッカーが解読するのが難しい強力なパスワードを使用するだけでなく、異なるアカウントに同じパスワードを使用しないことが重要です。ハッカーの攻撃を防ぐには、一意のパスワードを使用することが重要です。

HTTPS暗号化

なりすましWebサイトとは、ハッカーが不正なWebサイトを作成し、一見、正規のWebサイトに見せかけ、実際にはユーザーが入力した認証情報を盗み出します。Webアドレスの先頭にハイパーテキスト転送プロトコルセキュア(HTTPS)の接頭辞があるかどうかを確認することが重要です。例: https://www.fortinet.com

広告や奇妙なリンクをクリックしない

ポップアップ広告などの広告も、ハッカーに広く利用されています。誤ってクリックすると、ユーザーは自分の端末にマルウェアやスパイウェアをダウンロードしてしまいます。特に、電子メールやソーシャルメディアにある奇妙なリンクは絶対にクリックしないでください。ハッカーは、これらのリンクを利用して、端末にマルウェアをインストールしたり、ユーザーを偽装したWebサイトに誘導したりすることがあります。

ルータとスマートデバイスのデフォルトのユーザー名とパスワードを変更する

ルーターやスマートデバイスには、デフォルトでユーザー名とパスワードが設定されています。しかし、プロバイダーは何百万台ものデバイスを出荷しているため、認証情報が一意でない可能性があり、ハッカーに侵入される可能性が高くなります。このようなデバイスには、一意のユーザー名とパスワードを設定することがベストプラクティスです。

ハッキングに対して自身を守る

ハッキングの脅威に対して自分自身を守るために、ユーザーや組織が取れる手順は他にもあります。

ファーストパーティソースからダウンロードする

アプリケーションやソフトウェアのダウンロードは、信頼できる組織やファーストパーティの情報源からのみ行うようにしてください。アクセスする内容を十分に理解せずにコンテンツをダウンロードすると、マルウェア、ウイルス、トロイの木馬に感染する可能性があります。

アンチウイルスソフトウェアをインストールする

デバイスにアンチウイルスソフトウェアをインストールし、潜在的な悪意のあるファイル、アクティビティ、悪意のある攻撃者を検知することは非常に重要です。高度な検知エンジンを備えた信頼できるアンチウイルスツールを使用することで、最新のマルウェア、スパイウェア、ウイルスからユーザーと組織を保護し、進化する脅威を阻止することができます。

VPNを使用する

 仮想プライベートネットワーク (VPN)を使用すると、ユーザーは安全にインターネットを閲覧できます。ユーザーの所在地を隠し、ハッカーによるデータやブラウジングの傍受を防ぐことができます。

デフォルトで管理者としてログインしない

「Admin」は、IT部門で最もよく使われるユーザー名の1つで、ハッカーはこの情報を使って組織を標的にしています。この名前でサインインすると、ハッキングの標的になってしまうので、デフォルトではこの名前でログインしないようにしてください。

パスワードマネージャーを使用する

強力で一意なパスワードを作成することは、セキュリティのベストプラクティスですが、すべてのパスワードを覚えておくことは困難です。パスワードマネージャーを使用すれば、強力で破られにくいパスワードを忘れる心配なく使用することができます。

二要素認証を使用する

二要素認証(2FA)は、パスワードへの依存をなくし​し、アカウントにアクセスするユーザーが本人であることをより確実にするものです。ユーザーがアカウントにログインする際、指紋やデバイスに送信されるコードなど、別の身分を証明するものの提示を求められます。

フィッシング対策技術のブラッシュアップ

ユーザーは、ハッカーが自分を標的にするテクニックを理解する必要があります。特に、フィッシングメールまたはランサムウェア攻撃の明らかな兆候について理解し、特に、 アンチフィッシングおよびランサムウェア決済などについて知っておくことも大切です。

倫理的ハッキングとは何ですか? 倫理的ハッキングは合法ですか?

倫理的ハッキングとは、ホワイトハットのセキュリティハッカーが行う行為を指します。例えば、コンピュータシステムやネットワークにアクセスし、潜在的な脆弱性がないかどうかをテストし、特定された弱点を修正することです。このような技術的スキルを倫理的ハッキングの目的で使用することは、システムやネットワークの所有者から書面による許可を得ること、組織のプライバシーを保護すること、発見されたすべての弱点を組織またはそのベンダーに報告することを条件に、合法とされています。

フォーティネットはどのように役立つか

フォーティネットは、業界をリードするサイバーセキュリティソリューションと脅威インテリジェンスの製品で、組織をハッキングから保護します。フォーティネットのアンチウイルス セキュリティ サービスは、マルウェアによるデータ漏洩のリスクを低減し、最新の脅威を阻止し、ゼロデイ攻撃から組織を保護します。フォーティネットのアンチウイルスソリューションは、オンプレミスやクラウドベースのシステムからIoTやモバイルデバイスまで、企業の攻撃対象領域全体とIT環境を保護する上で重要な役割を担っています。

よくある質問

ハッキングとは何ですか?

ハッキングとは、アカウントまたはコンピュータシステムへの不正アクセスを取得することで、デジタルデバイスおよびネットワークを危険にさらす行為です。

7つのタイプのハッカーは何ですか?

ハッカーにはさまざまな種類がありますが、最も一般的なのは、ブラックハット、グレーハット、ホワイトハットハッカーです。ブラックハットハッカーは悪者で、サイバー犯罪者です。ホワイトハットハッカーまたは倫理的ハッカーは善人であり、グレーハットハッカーはその中間的な存在です。

その他の一般的なハッカーには、リベンジ攻撃などの悪質な行為を行うアマチュアハッカーのブルーハットハッカー、ブラックハットハッカーの攻撃を防ぐためにブラックハットを探すレッドハットハッカー、ハッキングフォーラムでハッキング技術を学び、観察するグリーンハットハッカーがいます。

その他、サイバーテロリスト、ハクティビスト、国家・国策ハッカー、スクリプトキディ、悪意のあるインサイダー、エリートハッカーなどが一般的なハッカーのタイプとして挙げられます。

歴史上最大のハッキングは何ですか?

歴史上最大のハッキングは、Yahoo!に対するデータ侵害であると考えられています。2013年の攻撃では約30億人が危険にさらされ、同社はYahoo!のすべての顧客が影響を受けたと明らかにしました。

ハッカーが最も多い国はどこですか?

中国は、危険なハッカーが最も多く存在する国と言われています。世界中で発生した主要なサイバー攻撃のほとんどは、中国にさかのぼることができます。