Skip to content Skip to navigation Skip to footer

SD-WAN導入のメリットから見るシステム問題を解決する方法

近年、働き方改革でテレワークの需要が増えはじめ、企業では通信環境の性能改善の取り組みが急務で行われております。そのなかでも、通信環境を飛躍的に向上させる技術として、SD-WANの導入が注目を集めています。

今回は、SD-WANの導入でシステム担当者が悩んでいる問題点を、SD-WAN導入のメリットを中心に解説します。

 

目次


 

SD-WANとは何かをわかりやすく解説

従来、社内システムの利用回線が増えるごとに物理的にネットワーク機器を一つずつ構築する方法が一般的でした。しかし、利用回線が増えるたびにネットワーク機器を構築すると、大変な労力とコストが発生してしまい、企業にとって大きな負担が発生します。

そこで考え出された技術がSD-WANです。SD-WANとは、複数のWAN接続をソフトウェアで仮想的なネットワークを作りだし、一元管理を可能にした技術です。

 

WANとSD-WANの違い|複数拠点間ネットワークと仮想ネットワーク

WANとSD-WANの大きな違いは、ネットワークの構築方法です。WANとは、ルーターやデータ端末装置などの物理的なネットワーク機器で組まれ、離れた拠点同士をつなぐことを目的にしたネットワークです。

対してSD-WANとは、WANで組まれたネットワーク上に、仮想的なネットワークを構築して、ソフトウェアで管理する技術を指します。SD-WANは、WANの耐障害性を補うこともできるため、大変有用です。

 

SD-WANの仕組みや注目されている理由

各企業は、クラウドアプリケーションを利用する機会が大幅に増加しています。デジタル変革で業務システムのクラウドへの移行が進み、ネットワーク環境の見直しをする動きが活発化し始め、解決策としてSD-WANが注目を集めました。

この章では、SD-WANの仕組みや、注目されている理由を解説します。

 

SD-WANの仕組み|一元管理を実現

SD-WANは、ネットワークを一元管理するシステムです。Webサイトのデータコントロールパネルを使って、ルーターやデータ端末装置などの末端となる拠点のネットワークをコントロールできます。

物理的回線を仮想的に管理し、末端の物理的回線のネットワークを使用しながら、メイン回線を管理者が自由に構築できる仕組みです。

 

SD-WANが注目されている理由

情報通信技術の発達で、インターネットが接続できればどの場所でも仕事ができるようになったため、テレワークの需要が増えました。テレワークの拡大で、企業のデータトラフィックに大きな負荷がかかることとなり、サーバーの運用や管理の費用を増幅させ、このデータトラフィックの負荷がネットワークのダウンや遅延の発生原因とも言われています。

この状況の改善のために、ネットワークの負荷を分散させられるSD-WANの技術が注目されています。

 

SD-WANを導入するメリットと問題解決5選

SD-WANの導入は、企業の通信環境にどのようなメリットをもたらすのか?

SD-WANの導入メリットから見る、システム担当者を悩ませる代表的な問題点5つを解説します。

 

①ネットワーク問題の要因が可視化できます

SD-WANは、仮想的ネットワークを使って一元管理をしているため、コントロールパネルから、通信状況をアプリケーションレベルで把握できます。ボトルネックをすぐに発見でき、問題が大きくなる前に、対策が可能になりました。

また、アプリケーションレベルでデータ量も分かるため、アクセス回線を計画的に増やすことも可能です。

 

②SD-WANの導入でコストの削減ができます

従来のネットワーク設定は、データセンターに物理的に通信機器を設置し、各場所でシステム担当者が管理していました。

SD-WANを導入すれば、今までの通信網の上に仮想的なネットワークが構築され、コントロールパネルにより一元管理することが可能になります。

保守や構築の目的で現地まで行く交通費や、各場所でのシステム担当者の配置が不要になり、人材費用の削減も可能です。

 

③SD-WANは運用管理の負担を軽減させます

従来は、ネットワーク機器を設定するためにシステム担当者がわざわざ現地に行かなければなりませんでした。

しかし、SD-WANを導入して一か所の拠点に専用デバイスの設定をすれば、各拠点の社員が電源スイッチを入れるだけで、クラウド上でネットワーク設定の作成や運用管理がリモートワークで可能になり運用管理の負担を軽減させることができます。

 

④SD-WANの導入によりネットワーク設定の時間を短縮できます

今までのネットワーク設定は、自社のネットワーク環境の現状やセキュリティ環境の調査を行い、調査結果に基づいてシステムを設計していました。各拠点に通信機器を設置し、システム担当者が現地まで行って管理する必要があったため、ネットワーク設定は時間がかかる作業でした。

対して、SD-WANは従来のネットワーク環境の構築と比較すると、一か所の拠点に専用デバイスを設定すれば一元管理ができるので、圧倒的にネットワーク設定の時間を短縮できます。

 

⑤セキュリティ対策がネットワーク全体にすばやく設定できます

今までのセキュリティ対策は、拠点ごとにセキュリティソフトを導入していましたが、初めからセキュリティ機能が搭載されているSD-WAN製品を使用すれば、一元管理でネットワークのセキュリティ管理が可能となり、ネットワーク全体にすばやくセキュリティ対策ができます。

 

SD-WANの導入による3つの注意点

SD-WANの導入には多くのメリットがある反面、運用をするうえで気を付けなければいけないことがあります。

3つの代表的な例をあげて解説します。

 

①SD-WAN運用の技術者の確保が難しい

SD-WANを運用するためには、SD-WANの知識やスキルを持つ人材が必要となるため、運用管理ができる実務経験者や専門のエンジニアなどの技術者の確保が重要です。しかし、国内のIT人材は常に不足しているため、SD-WAN運用の技術者の確保は難しいのが現状だと言えます。

人材確保の問題でSD-WANの導入に踏み切れない場合は、構築から運用、保守の手助けをしてくれるパートナーとなる企業を探す方が近道です。

 

②SD-WAN導入以降も運用費用がかかります

SD-WANは非常に優れた技術で、企業の通信環境に多くのメリットをもたらしてくれます。

しかし、導入には費用が掛かり、料金形態はさまざまで、導入以降も利用期間に応じてライセンス料や通信環境次第で別途費用が発生するなど、さまざまな費用がかかります。
導入前にはSD-WANのパートナー企業と費用の相談が必須です。

 

③SD-WANの導入に向かない場合もあります

ネットワーク機器を設置している場所が少数で、サーバーもあまり使用せず、通信環境がクラウドサービスだけで補える企業にとっては、SD-WANの導入メリットを最大限に受け取ることは困難です。

SD-WANの導入による回線費用の継続運用で、定期的にかかる費用の削減ができる可能性はありますが、導入による作業費用がかかり、費用削減の効果と比較しながらの対応が必須です。

 

まとめ

今後も働き方改革でテレワークの需要が増し、ますます通信環境の整備が必須です。

SD-WANの導入は、企業の通信環境を飛躍的に発展させるメリットがあります。企業の通信環境にSD-WANの技術を使えば、通信環境をバランスよく保つことができ、企業の発展に役立ちます。