Skip to content Skip to navigation Skip to footer

ランサムウェア攻撃とその対策

ランサムウェアは、ユーザーが攻撃者に身代金を支払うまでコンピューターシステムにアクセスできないようにする、不正ソフトウェアの1つです。ランサムウェアは増加の一途をたどっており、2021年には世界の68.5%の組織が攻撃を経験しました。

ランサムウェア攻撃の勢いが衰える兆しはまったくありません。2022年4月にエネルギー企業のOil Indiaが攻撃され、ITシステムの制御を取り戻す身代金として750万ドルを要求されました。Oil Indiaは、身代金をすぐに支払うことなく、国内外の機関に支援を要請しましたが、その間に多額の損失を被ることになりました。

企業にランサムウェアからの保護が必要である理由

企業にランサムウェアからの保護が必要なのは、保護を怠れば、サイバー犯罪者にシステムを乗っ取られてデータを持ち出され、身代金を支払うか、さまざまな減災戦略を講じてデータを取り戻すまで、業務が停止してしまう恐れがあるためです。

トレンドのトピックと関連情報

ランサムウェア攻撃の課題

このセクションで、以下を学ぶことができます。

  • ランサムウェア攻撃の種類
  • ランサムウェアの最近のトレンド:サイバー犯罪者が使用する戦術やツールなど
  • ITシステムに必要なランサムウェア保護
  • 侵入したランサムウェアへの対処方法
  • ランサムウェアの身代金に対するアプローチ:身代金を支払うべきかどうかの判断や支払いの回避の方法など