ファイアウォールとは?

ファイアウォールとは何か

ファイアウォールは、悪意のあるトラフィック、データの損失、不正アクセスからの保護を可能にする、 ネットワーク セキュリティにおける重要なコンポーネントです。従来はファイアウォールを境界に置いて、ネットワークへのアクセスを許可するトラフィックと禁止するトラフィックを判断していましたが、最近は、脅威が侵入して内部で拡散するようになったため、内部セグメンテーションファイアウォールなどのように、ネットワークの中核となる部分にファイアウォールを置くことが推奨されるようになりました。ファイアウォールプラットフォームは、ハードウェア、ソフトウェア、またはその両方の組み合わせである場合もあります。

 

ファイアウォールの主なタイプ

今日のネットワークファイアウォールの多くは、次世代ファイアウォールまたはエンタープライズファイアウォールです。これらのデバイスは、IPS、Webフィルタリング、VPN、SSLインスペクション、アイデンティティ管理統合、帯域幅管理といった、様々なセキュリティテクノロジーを実現します。

 

主な課題

脅威が進化し、その数が増加していることに加え、これまで以上に多くのデバイスがネットワークに接続されるようになりました。ファイアウォールは、SSLインスペクションなどのすべての制御をオンにした場合であっても、優れたパフォーマンスを保ちつつ、最新の脅威に対応できるものでなければなりません。

 

今日の要件の解決方法

ネットワーク速度を低下させずにネットワークの有用性を保つには、専用のセキュリティプロセッサを搭載するファイアウォールを導入することが極めて重要です。また、最高レベルの脅威インテリジェンスサービスがリアルタイムで提供されることも同様に重要です。

しかしながら、どれほど優れたファイアウォールであっても、それだけで完全なソリューションになるわけではありません。組織のあらゆる攻撃対象領域を保護するには、ネットワーク、エンドポイント、アプリケーション、データセンター、クラウド、アクセスをコラボレーション型の統合セキュリティ ファブリックとして連携させて保護するセキュリティソリューションを採用することが重要です。FortiGate次世代ファイアウォール(ハードウェアおよび仮想アプライアンス)は、真のエンドツーエンドのネットワークセキュリティを実現するフォーティネット セキュリティ ファブリックにおいて、中核的な役割を果たします。

 

フォーティネットのエンタープライズファイアウォールソリューションについての詳細

次世代ファイアウォールの製品ページでは、ネットワークセキュリティ導入のあらゆるニーズに対応するさまざまなファイアウォールを紹介しています。