Skip to content Skip to navigation Skip to footer

仮想プライベートネットワーク(VPN)の利点と欠点を理解すれば、組織がVPNを使用するかどうか、およびその使用方法の決定に役立ちます。多くの場合、VPNを使用するメリットはデメリットを上回ります。VPNを保有することはどの程度重要で、VPNの利点は何ですか? VPNを適切に構成すれば、ビジネスのセキュリティプロファイルをかなり強化できます 

以下のVPNの長所と短所を検討して、貴社にとって最善の選択肢を決定してください。

VPNの長所:VPNを使用する利点

ネットワークのセキュリティ保護

VPNを使用する利点は多岐にわたります  最も重要な利点としては、ビジネスが実際にネットワークを効果的に保護できることです  アプリケーションやWebサイトは、ユーザーが知らない間にオンラインアクティビティを追跡できます。その後に、収集されたデータを分析して、広告のターゲットに利用します。VPNがなければ、ポップアップ広告が表示されてブラウズ体験が中断する迷惑な状況が発生します 

VPNを使用すれば、他者、ソフトウェア、およびWebブラウザによるユーザーの接続へのアクセスを阻止できます。これにより、ユーザーが送受信する情報の安全性および匿名性が維持されます。

個人情報を隠す

VPNのもう1つの主要な利点は、個人情報を隠す機能です。ハッカーは、ユーザーがWebサイトで入力する機密情報を傍受するために、さまざまな手法を使用します。ハッカーは、この情報を使用してユーザーを偽装し、銀行口座、クレジットカード情報などにアクセスします。ただし、VPNを使用すると、256ビット暗号化などの高度なセキュリティを利用できます。これにより、オンラインのすべての通信が判読不能になり、何らかの方法で傍受した攻撃者にとっては意味不明のテキストや文字になります。

データスロットルを防止する

データスロットルは、指定された利用可能データ量を消費したときに発生し、インターネットサービスプロバイダー(ISP)はサービスの減速を決定します。VPNを使用してすぐに得られるVPNの利点の1つは、データキャップを回避する能力です。ISPでさえ、ユーザーが使用しているデータ量を知ることができません。これは、出先でインターネットにアクセスする際にスマートデバイスのデータプランを使用しなければならない従業員にとって、特に役立ちます。

帯域幅スロットルを回避する

帯域幅スロットルとは、Wi-Fiネットワークの性能を制御できるISPまたはその他によって意図的にインターネット速度が減速されることです。これは、特定のWebサイトを訪問したり、特定のインターネットアクティビティに携わるときに行われることがあります。デジタルVPNサービスを使用すると、デバイスからのモバイルトラフィックを暗号化できます。暗号化により、他者は訪問しているWebサイトを確認できません 

帯域幅スロットルは、利用しているサイトまたは携わっているアクティビティの種類によって発生することがあるため、デバイスでやり取りするデータをISPが確認できない場合は、そのような状況でISPがスロットルを適用して減速することはできません。それでも、ISPは他のユーザーに帯域幅を解放するために、1日の特定の時間帯にデータスロットルを適用することがあります 

ほとんどの場合、インターネット接続を利用する従業員およびその他の人員は、インターネット使用量に基づいてスロットルが適用されることがありませんが、VPNを使用すると、企業はデータ転送を隠すことによって、全体的にその可能性を排除できます。

ジオブロックされたサービスにアクセスする

VPNを使用すると、別のインターネットプロトコル(IP)アドレスを取得できます。IPアドレスは、インターネットの閲覧、コンテンツのストリーミング、またはその他のオンラインアクティビティに携わる際のデバイスの位置を示します。サイトやサービスによっては、特定の国のユーザーからの一部またはすべてのコンテンツへのアクセスを許可しないことがあります。これは、特定の場所を対象にするストリーミングサービスによく見られます 

一部のビジネスWebサイトでは、見積りの取得、サービスに関する特定の情報へのアクセスなど、位置に基づいてパブリックワークサービスの利用方法を制限することも一般的です。VPNを使用すると、アクセスしようとしているサービスが許容されている場所でインターネットを使用しているように見せることができます 

Webサイトが提供するすべての安全な情報やサービスに従業員が完全にアクセスする必要がある場合は、VPNによって簡単に実現できます。

ネットワークの拡張性

プライベートネットワークはビジネスの実現を支援できますが、ネットワークを拡張するコストが高額になることがあります。VPNサーバーを使用すると、多くの従業員およびリモートワーカーに同時にアクセスを提供できます。クラウド環境で主要なアプリケーションを実行して、VPNの安全なトンネルを使用してアクセスを提供することもできます 

これには、Eメールから通常はデスクトップコンピュータで実行する本格的なアプリケーションまでのすべてが含まれます。VPNに接続する従業員は、必要なアプリケーションを実行するために使用する別のコンピュータにアクセスできます。ログイン情報を保有する各従業員はVPNにアクセスできるため、アプリケーションにアクセスできます。さらに従業員を追加するには、必要に応じて帯域幅を増やし、新しいチームメンバーにログイン資格情報を付与するだけです。

サポートコストを削減する

クラウドコンピューティングアーキテクチャを取り入れるVPNセットアップでは、サポートサービスに対するコストをかなり節約できる可能性があります。たとえば、オンサイトの設定では、社内サーバーのパフォーマンスと保守は一般に内部ITスタッフの仕事です。これには、サーバーのパフォーマンス、すべての従業員が最適なスループットを達成しているかどうか、およびハッカーやマルウェアによる攻撃があるかどうかの確認が含まれ、何時間もかかります 

問題が特定されると、対応および組織への影響のためにさらに多くの時間を割り当てる必要があります 

ただし、VPNを使用すると、すべての保守、パフォーマンスの確認、および安全対策はサービスプロバイダーの管理下に置かれます。サービスプロバイダーのITコストは、多数の有料クライアントによってサポートされるため、クライアントあたりのコストは比較的低く抑えられます。このコスト削減は、専用チームが自社のインフラストラクチャを管理するよりも安価な使用料という形で還元されます。これは間違いなく、ビジネスにとってVPNの最大の利点の1つです。

これを実現するために、プロバイダーが使用しているハードウェアの種類とともに、プロバイダーが提供しているサービスを入念に確認する必要があります。より近代的なコンポーネントと安全対策は、より良い顧客体験をもたらします。

VPNの欠点:VPNを使用する場合のデメリット

インターネット速度の低下

データを保護するためにVPNが通過する暗号化プロセスには時間がかかり、これがオンライン体験に悪影響を及ぼす場合があります。影響の度合いはVPNによって異なるため、サービス利用契約に同意する前に仕様を確認することが重要です。

VPNブロッカーがVPNを無効にすることがあります。サイトによって、さらには国によって、WebサイトやコンテンツへのアクセスにVPNを使用するユーザーを遮断している場合があります。これは、イラン、イラク、トルコ、オーマンなどの数か国で発生します。通常の場合、これはニュースWebサイト、エンターテインメント、および他国からのコンテンツで、政府が不適切である、または居住者に悪影響を及ぼすと見なすコンテンツを市民が利用することを防止するために行われます。

複雑な構成

VPNには、理解に困難が伴う可変部があります。ネットワーク用語にあまり精通していない場合は、VPNの起動と実行に必要なサポートサービスを備えたVPNプロバイダーを選択することをお勧めします 

VPNとは」を確認して、VPN技術の基本的な用語と機能を理解するために必要な基礎知識を得ることもできます。VPNは、自分で構成するか、支援を受けて構成するかにかかわらず、適切に構成することが重要です。そうしなければ、通信内容がハッカー、マルウェア、またはその他の脅威に晒されることになります。

フォーティネットはどのように役立つか

フォーティネットは、FortiGateを使用する高速暗号化VPNの幅広い製品を取り揃えています。FortiGateを使用する組織は、ネットワークを介して送信するすべてのデータを含めて、あらゆる攻撃からチームメンバーを保護するスケーラブルなVPNを利用できます。攻撃者は、データの移動中の脆弱性を悪用しようとします 

FortiGateは、データとインターネットアクティビティに攻撃者を寄せ付けない安全なトンネルを組織に提供します。FortiGateは、FortiASICハードウェアと連携してセキュアソケットレイヤ(SSL)とインターネットプロトコルセキュリティ(IPsec)の両方を使用して、ユーザーに高速で信頼できる体験を提供します。FortiGateはセキュリティ保護を担当し、フォーティネットの特定用途向け集積回路(ASIC)はネットワークのパフォーマンスを高める専用チップを提供します。