FortiMail Cloud

トップクラスの脅威対策とデータ保護

icon fortimail cloud

FortiMail Cloudは、サイバー攻撃から従業員とデータを保護する包括的な電子メールセキュリティを実現します。そのセキュリティの有効性は、第三者機関から業界トップクラスの評価を得ています。SaaS(Security-as-a-Service)ソリューションとして提供されるため容易に利用を開始可能で、継続的な管理の負荷が最小限に抑制されます。

概要紹介ビデオ

FortiMailの概要、そしてセキュリティ侵害による漏えいから機密データを保護する方法をご紹介します。

ビデオを見る(英語)
cloud based protection with FortiMail Cloud

クラウドベースの保護

Microsoft Office 365やGoogle G-Suiteなど、導入が進むクラウドベースの電子メールプラットフォームから、安全で適切なメッセージのみが送信されるようにします。

protect against cyber threats

サイバー脅威に対する保護

従業員がフィッシングサイトへのリンクをクリックする、悪意のある添付ファイルを開く、あるいは金銭的な損失や企業ブランドの失墜を引き起こす電子メール詐欺の被害に遭うことがないように、従業員を保護します。

Integrated data protection

統合型のデータ保護

機密情報が含まれている送信メールのインスペクションを実行し、それらのメールを自動的に隔離または暗号化することによって、電子メールによるデータ侵害を防止します。

主な利点

容易な導入

セットアップ手順は極めて容易であるため、コストの掛かるオンサイトでの構成サービスが不要になります。セットアップが完了して稼働状態になったら、最小限の管理で運用することができます。

TCOの削減

FortiMail Cloudは、クラウドベースの価格設定モデルで提供されており、シンプルな年間の従量制料金体系のサービスでコストを削減します。

トップクラスの保護

FortiMailの有効性は、Virus Bulletin、ICSA Labs、SE Labs、NSS Labs、およびその他の第三者機関によるテストにおいて、トップクラスの評価を継続して獲得しています。 

FortiGateとFortiMail Cloudの接続は極めてシンプルです !

1

メッセージがFortiMail Cloudを経由するようにメール設定を変更します。

2

セキュリティ設定をデフォルトのまま、あるいはカスタマイズして利用を開始します。

3

エンドユーザーダイジェストまたはレポートのスケジュールを設定します。

※ FortiMail Cloud は 電気通信事業者の免許をお持ちのパートナーを経由してご契約の上、ご利用いただくことが可能です。詳細はフォーティネットジャパンまでお問い合わせください。

FortiMail Cloudゲートウェイの機能

FortiMail Cloud スタンダード プレミアム
アンチスパム / アンチマルウェア    
インバウンド / アウトバウンドインスペクション    
TLS暗号化    
管理 / レポートの一元化    
高度な脅威検知(CDR、クリック防止、サンドボックス処理)    

DLP IDとテンプレート

   
IDベース暗号    

 

 

 

FortiMail Cloudのユースケース

 

Office 365メールの保護:FortiMail Cloudを利用することで、小規模企業はMicrosoft Office 365に移行して電子メールインフラストラクチャの日常的な管理負荷を軽減するというメリットを享受できるだけでなく、ランサムウェア、フィッシング、ビジネスメール詐欺などのメールによる最新の脅威に対して強力な保護を維持することができます。 FortiMail Cloudは、一般的なSaaSセキュリティサービスと同様に展開やメンテナンスの必要がありません。  

FortiMail Cloud Use Case to secure Office 365 email

電子メール保護の強化:常に進化する電子メールへの脅威環境に対処し続けることは、小規模の企業や、そのような企業で使用されている従来型のメールセキュリティ制御機能における、重大な課題だといえます。FortiMail Cloudは、煩わしいスパムだけでなく重要な業務用デバイスや顧客データを侵害する恐れのある悪意あるフィッシング、ランサムウェア、およびその他のメールによる脅威を低減します。また、進化するサイバー攻撃に対抗するために継続的に更新されているため、管理の容易な電子メールセキュリティが実現します。サイバー脅威評価プログラムを利用して、現時点における電子メールのリスクを容易に確認することができます。

コンプライアンスの実現:HIPAA、PCI DSS、GDPRなどのさまざまなデータプライバシー規制、そして確立されたビジネス上のベストプラクティスにおいては、電子メールの通信によって機密情報が不正送信されないようにすることが重要です。FortiMail Cloudは、各種データの識別やデータ送信に関する企業ポリシーの適用を容易にするだけでなく、エンドユーザーに対する適切な情報の取り扱い方法の指導においても役立ちます。