Skip to content Skip to navigation Skip to footer

セキュアSD-WAN

フォーティネットのセキュアSD-WANによるWANのトランスフォーメーション

2022年 Gartner® SD-WANのMagic Quadrant™ 2022年 Gartner® SD-WANについてのクリティカル・ケイパビリティ
セキュアSD-WAN
banner background banner dots

概要

フォーティネットのFortiGateは、高速で拡張性と柔軟性を両立させたセキュアSD-WANを、クラウドファーストでセキュリティ重視のグローバル企業に提供します。セキュリティ ドリブン ネットワーキングのアプローチで、SD-WAN、次世代ファイアウォール(NGFW)、高度なルーティングを統合することで、以下のメリットが実現します。

  • 優れたユーザーエクスペリエンスをあらゆる規模の環境に提供
  • ネットワークとセキュリティの融合を加速させ、シンプルなWANアーキテクチャを実現
  • ネットワークとセキュリティの一貫性あるポリシーのオーケストレーション
  • 自動化、詳細分析、自己修復による運用の効率化

 


 

 

フォーティネット、2022年Gartner® SD-WANのMagic Quadrant™でリーダーの1社に位置づけられる

フォーティネットが3年連続でリーダーの1社として評価され、実行能力についても2年連続で最も高く位置づけられました。

フォーティネットのセキュアSD-WANは、今日の複雑な環境と脅威で直面する問題に対応し、お客様の重要なビジネスニーズをサポートします。将来にわたる投資の保護を可能にすることで、デジタルファーストを推進し、場所に縛られない働き方をサポートするお客様を支援します。

レポートをダウンロード

 


Gartner® Peer Insights™ のWAN Edge Infrastructure部門のCustomers' Choice

フォーティネットは2022年のGartner Peer InsightsのWAN Edge Infrastructure部門のCustomers' Choiceの1社に3年連続で位置付けられました。Gartner Peer InsightsのCustomers' Choiceは、エンドユーザーのプロフェッショナルが市場のベンダーを評価するもので、レビューの件数と総合的なユーザー評価の両方が考慮されます。2022年11月現在、フォーティネットのセキュアSD-WANはGartner Peer Insightsで5点満点中4.6点の平均評価を得ており、94%のレビュアーがこのソリューションを推奨しています。

FortiGate SD-WANの製品ラインナップと仕様

FortiGate SD-WANには、ハードウェアアプライアンスから支社オフィス配備用のVMオプションまで幅広い提供形態と製品ラインナップが用意されており、お客様のニーズに最適なモデルを選択することができます。FortiGateアプライアンスの監視と管理にご利用いただけるFortiManagerについても、幅広い提供形態と製品ラインナップが用意されています。

View by:

ハードウェアアプライアンス

NGFWスループット
800 Mbps
脅威保護スループット
600 Mbps
VPNスループット
490 Mbps
ゲートウェイ間IPSec VPNトンネル
200
ネットワークインタフェース
1 x GbE RJ45 WAN インタフェース、1 x GbE RJ45 FortiLink インタフェース、3 x GbE RJ45 インタフェース
NGFWスループット
1 Gbps
脅威保護スループット
700 Mbps
VPNスループット
6.5 Gbps
ゲートウェイ間IPSec VPNトンネル
200
ネットワークインタフェース
5 x GE RJ45, 2 x GE RJ45 FortiLink, 1 x GE RJ45 DMZ, 2 x GE RJ45 WAN, 1 x USB, 1 x 管理コンソール
NGFWスループット
1 Gbps
脅威保護スループット
900 Mbps
VPNスループット
6.5 Gbps
ゲートウェイ間IPSec VPNトンネル
200
ネットワークインタフェース
2 x GbE RJ45 / SFP 共有メディアインタフェース、1 x バイパスGbE RJ45 インタフェースペア、8 x GbE RJ45 インタフェース
NGFWスループット
1.6 Gbps
脅威保護スループット
1 Gbps
VPNスループット
11.5 Gbps
ゲートウェイ間IPSec VPNトンネル
2500
ネットワークインタフェース
2 x 10GE SFP+、18 x GE RJ45、4x 1GE SFP、4x GE RJ45/SFP共有インターフェイス
NGFWスループット
3.5 Gbps
脅威保護スループット
3 Gbps
VPNスループット
13 Gbps
ゲートウェイ間IPSec VPNトンネル
2000
ネットワークインタフェース
2 x GbE RJ45 管理 / HA、16 x GbE RJ45、2 x 10 GbE SFP+ 、2 x 10 GbE SFP+ FortiLink、8 x GbE SFPインタフェース
NGFWスループット
6 Gbps
脅威保護スループット
5 Gbps
VPNスループット
20Gbps
ゲートウェイ間IPSec VPNトンネル
2000
ネットワークインタフェース
2 x GbE RJ45 管理 / HA インタフェース、16 x GbE RJ45 インタフェース、16 x GbE SFP インタフェース

仮想アプライアンス

NGFWスループット
850 Mbps
脅威保護スループット
700 Mbps
VPNスループット
1 Gbps
ゲートウェイ間IPSec VPNトンネル
2000
ネットワークインタフェース
Up to 10
NGFWスループット
1.5 Gbps
脅威保護スループット
1.2 Gbps
VPNスループット
1.5 Gbps
ゲートウェイ間IPSec VPNトンネル
2000
ネットワークインタフェース
Up to 10
NGFWスループット
2.5 Gbps
脅威保護スループット
2 Gbps
VPNスループット
3 Gbps
ゲートウェイ間IPSec VPNトンネル
2000
ネットワークインタフェース
Up to 10
NGFWスループット
4.5 Gbps
脅威保護スループット
3.5 Gbps
VPNスループット
5.5 Gbps
ゲートウェイ間IPSec VPNトンネル
40,000
ネットワークインタフェース
Up to 10
NGFWスループット
9 Gbps
脅威保護スループット
7 Gbps
VPNスループット
6.5 Gbps
ゲートウェイ間IPSec VPNトンネル
40,000
ネットワークインタフェース
Up to 10

 

パブリッククラウド

Amazon Web Services(AWS)およびMicrosoft Azureは、BYOL(Bring-Your-Own-License)およびオンデマンド(Pay-As-You-Go)の両方でサポートされています。詳細については、AWSおよびAzure Marketplaceに掲載の情報をご参照ください。

 

ハードウェアアプライアンス

管理デバイス数/VDOM 数(最大)
30
持続ログレート
50
ログ処理 GB/日
2
管理デバイス数/VDOM 数(最大)
1200
持続ログレート
50
ログ処理 GB/日
2
管理デバイス数/VDOM 数(最大)
4000
持続ログレート
150
ログ処理 GB/日
10

仮想アプライアンス

管理デバイス数/VDOM 数(最大)
+1,000
ログ処理 GB/日
10
管理デバイス数/VDOM 数(最大)
+5,000
ログ処理 GB/日
25
管理デバイス数/VDOM 数(最大)
+10,000
ログ処理 GB/日
50
実際の性能は、ネットワークとシステム構成によって異なります。測定条件: DELL R740(CPU INTEL XEON PLATINUM 8168 2.7 GHZ、INTEL X710ネットワークアダプタ搭載)、FORTIOS 5.6.3を実行。VMWARE VSPHERE 6.5 ENTERPRISE PLUSを使用してテストを実施。SR-IOVは有効です。1. IPSパフォーマンスは、1 MバイトHTMLファイルとエンタープライズトラフィック混合を用いて測定されています。2. アプリケーション制御パフォーマンスは、64 KバイトHTMLファイルのトラフィックを用いて測定されています。3. NGFWパフォーマンスは、IPSおよびアプリケーション制御有効、エンタープライズトラフィック混合の状態のトラフィックを用いて測定されています。4. 脅威保護パフォーマンスは、IPS、アプリケーション制御、およびマルウェア保護有効、エンタープライズトラフィック混合の状態のトラフィックを用いて測定されています。

 

パブリッククラウド

Amazon Web Services(AWS)およびMicrosoft Azureは、BYOL(Bring-Your-Own-License)およびオンデマンド(Pay-As-You-Go)の両方でサポートされています。詳細については、AWSおよびAzure Marketplaceに掲載の情報をご参照ください。

View by:

フォーティネットのセキュアSD-WANのユースケース

ネットワークエッジの急増に対応するには、一貫性あるセキュリティと接続が必要です。セキュアSD-WANで、以下が可能になります。

特長と利点

アプリケーションの耐障害性
最高レベルのアプリケーションの可用性とパフォーマンスをあらゆるWANトランスポートで保証


 

統合型の高度なセキュリティ
最先端のNGFWとルーティングの融合により、オンネットワークとオフネットワークで一貫性あるセキュリティを提供

スケーラビリティと高パフォーマンスの両立
業界で唯一のSD-WAN ASICを搭載し、パフォーマンスに影響を与えることなく、大規模SD-WANのトランスフォーメーションと保護を実現

マルチクラウドへの最適経路
安全で高速な接続と高パフォーマンスをクラウドの内部とクラウド間で保証

ゼロタッチプロビジョニング
セキュアSD-WANの大規模かつ迅速な導入が可能

一元的なオーケストレーション
導入、構成、継続的な運用を一元的に管理し、完全な可視性、分析、レポートを提供


 

 

フォーティネット、2022年Gartner® SD-WANについてのクリティカル・ケイパビリティの5つのうちの3つのユースケースで最高スコアを獲得

2022年9月のGatner® SD-WANのクリティカル・ケイパビリティ・レポートでは、最適なSD-WANソリューションをユースケースに基づいて選択するための推奨事項も紹介されています。フォーティネットは、「セキュリティ重視のWAN」のユースケースで4年連続、「小規模ブランチ向けWAN」のユースケースで3年連続、「リモートワーカー」のユースケースで2年連続、1位のスコアに評価されました。

レポートをダウンロード

security driven networking | security fabric

セキュリティ ドリブン ネットワーキング

従来型のセキュリティ戦略では、リモートワーク、モビリティ、マルチクラウドネットワークなどへの攻撃対象領域の拡大により直面する課題を解決できません。フォーティネットのセキュリティ ドリブン ネットワーキングは、ネットワークインフラストラクチャとセキュリティアーキテクチャの密接な統合により、これらの課題を解決します。

製品ニュース

Gartner Peer Insights Customers Choice

フォーティネット、WANエッジインフラストラクチャのGartner Peer Insights Customers Choiceでカスタマーレビューを最も多く取得

Gartner, Magic Quadrant for SD-WAN, Jonathan Forest, Naresh Singh, Andrew Lerner, Karen Brown, 15 September 2022.
Gartner, Critical Capabilities for SD-WAN, Jonathan Forest, Andrew Lerner, Naresh Singh, Evan Zeng, 19, September 2022.
Gartner, Gartner Peer Insights ‘Voice of the Customer’: WAN Edge Infrastructure, Peer Contributors, 24 March 2022.

Gartnerは、Gartnerリサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高のレーティング又はその他の評価を得たベンダーのみを選択するようにテクノロジーユーザーに助言するものではありません。Gartnerリサーチの発行物は、Gartnerリサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。Gartnerは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の責任を負うものではありません。

GartnerおよびMagic Quadrantは、Gartner, Inc. または関連会社の米国およびその他の国における登録商標およびサービスマークであり、同社の許可に基づいて使用しています。All rights reserved.

この図表は、Gartner, Inc. がリサーチの一部として公開したものであり、文書全体のコンテクストにおいて評価されるべきものです。オリジナルのGartnerドキュメントは、リクエストにより フォーティネット からご提供することが可能です。

Gartner Peer Insights Customers’ Choice は、個々のエンドユーザーのレビュー、レーティング、および実証メソドロジー(documented methodology)により抽出されたデータが主観的な意見として集約されたものであり、Gartner またはその関連会社による見解あるいは推薦を表すものではありません。