FortiSandbox

トップクラスの評価を得ているプロアクティブで高度な脅威検知機能

ランサムウェア対策ガイド(2019年版)
web product icon fortisandbox

FortiSandboxの概要

サイバー攻撃の増加と高度化に伴い、セキュリティ対策をすり抜けて侵入したわずか1つの脅威によって、重大なデータ侵害が発生するケースが増えています。そのような現状を考慮し、多くのCISOがサンドボックス処理をセキュリティ戦略に不可欠なコンポーネントとして採用し、未知の脅威からの防御手段として利用するようになりました。

IoTやクラウドベースのサービスの急増によって攻撃対象が次々と変化する中で、サイバーセキュリティの人材の慢性的な不足に悩む多くの組織が、サンドボックス処理を統合し、制御を強化して自動化を推進しようと考えています。

   

   

製品動画 / Webinar

Fortinet's ATP Security Fabric Approach | Cybersecurity Practices (英語)
FortiSandbox, Fast and Effective Protection Against Advanced Threats (英語)

FortiSandboxの詳細

脅威の巧妙化が進み、悪意のあるアクティビティを隠ぺいすることで、従来型のマルウェアセキュリティを回避する例が増加しています。サンドボックスでは、隔離された安全な環境で脅威を検証することで、セキュリティアーキテクチャのさらなる強化を可能にします。FortiSandboxは、高度な検知機能、減災の自動化、実用的インテリジェンス、柔軟な導入形態の強力な組み合わせによって、標的型攻撃とそれによって引き起こされるデータ損失を防止します。またFortiSandboxは、フォーティネットのATP(高度な脅威保護)ソリューションの重要なコンポーネントのひとつでもあります。

 



特長と利点

top rate icon

独立機関からトップクラスの評価を獲得

NSS Labsがブリーチ検知システムとブリーチ防御システムで「Recommended(推奨)」と評価、ICSAが高度な脅威防御に認定
checkmark icon

広範なセキュリティの統合

次世代ファイアウォール、Webアプリケーションファイアウォール、セキュアメールゲートウェイ、およびエンドポイント保護プラットフォームへの高度な脅威保護機能の追加が可能
intelligent icon

高度な自動化

最初に侵入した脅威の無害化および後続する予防措置のアップデート情報を、組織全体とグローバルコミュニティがリアルタイムで共有することで、減災を高速化
simple icon

オールインワン

すべてのプロトコルを1つの共通サンドボックスプラットフォームで保護することで、導入を簡素化し複雑さを軽減
flexible icon

柔軟な導入形態

オンプレミスの物理または仮想のアプライアンスとしてだけでなく、クラウドベースの活用やマネージドサービスとしての提供も可能
integration icon

オープン仕様による優れた拡張性

サードパーティとの容易な統合を可能にする柔軟なAPIを提供し、ファブリック・レディ パートナーとの即時の統合にも対応

FortiSandboxの製品ラインナップと仕様

FortiSandboxには、ハードウェアアプライアンス、仮想アプライアンス、パブリッククラウドをはじめとする幅広い提供形態が用意されているほか、ホステッドサービスとしても利用できるため、それぞれの環境に最適な導入オプションを選択できます。

形状
1 RU
実環境の処理効率(ファイル数/時)
360
ネットワークインタフェース
4x GE RJ45 ports
形状
2 RU
実環境の処理効率(ファイル数/時)
480
ネットワークインタフェース
6x GE RJ45 ports, 2x GE SFP slots
形状
2 RU
実環境の処理効率(ファイル数/時)
1,440
ネットワークインタフェース
4x GE RJ45 ports, 2x 10 GE SFP+ slots
形状
2 RU
実環境の処理効率(ファイル数/時)
3,360
ネットワークインタフェース
4x GE RJ45 ports, 2x 10 GE SFP+ slots
形状
3 RU
実環境の処理効率(ファイル数/時)
2,160 (upgradeable to 3,600)
ネットワークインタフェース
20x GE RJ45 ports, 10x 10 GE SFP+ slots (4x GE RJ45 ports, 2x 10 GE SFP+ slots per node)
FortiSandbox VMは、VMware ESXiバージョン5.1以降とLinux KVM CentOS 7.2以降をサポートしています。
実環境の処理効率(ファイル数/時)
Hardware dependent
Ports
6 (minimum) virtual network interfaces
実環境の処理効率(ファイル数/時)
300 (upgradeable to 12,000)
仮想ネットワークインタフェース(最小)
6 (minimum) virtual network interfaces

クラウドへの移行を進める企業にとって、セキュリティインフラストラクチャを拡張し、クラウド内のアセットを高度な脅威から保護することが緊急の課題となっています。FortiSandboxでは、Amazon Web Services(AWS)オンデマンド(Pay-As-You-Go)およびBYOL(Bring -Your-Own-License)のパブリッククラウドがサポートされており、これらのライセンスを利用することで、FortiGate、FortMail、FortiWeb、FortiClient、およびサードパーティのソリューションをFortiSandboxに統合し、包括的クラウドセキュリティアーキテクチャを構築できます。

詳細については、AWS Marketplaceに掲載の情報をご参照ください。

FortiSandbox on AWS BYOL

FortiSandbox on AWS(オンデマンド)

FortiSandbox Cloudは、FortiSandboxアプライアンスに代わるターンキーソリューションを必要とする組織に理想的な導入オプションです。このサービスでは、アプライアンスと同等の高速検知と自動応答機能がクラウドで提供されるため、 分散型のエンタープライズやデータセンターなどのあらゆる導入環境において、FortiGateを補完する制約のない柔軟なセキュリティの運用が実現します。

FortiSandbox Cloudは、FortiGate次世代ファイアウォール、FortiMailセキュアメールゲートウェイと組み合わせて利用できます。

FortiSandbox Cloudを既にご利用のお客様は、こちらからサービスにアクセスいただけます。