Google Cloud Platform向けパブリッククラウドセキュリティ

クラウドやデータセンターからGCPまでを網羅する一貫した多層型セキュリティ

Extending Advanced Security for GCP (英語)
web product icon google cloud

Google Cloud Platform向けフォーティネット セキュリティ ファブリック

Google Cloud Platform(GCP)上のアプリケーションの保護は、共同責任で実践する必要があります。基盤となるインフラストラクチャはGoogleによって保護されますが、クラウドインフラストラクチャ上のデータやアプリケーションを保護する責任は、クラウドサービスの顧客にあります。GCPに対応するフォーティネット セキュリティ ファブリックでは、高度なセキュリティを維持しながら、GCP上、あるいは複数のクラウドやデータセンターを網羅して安全にアプリケーションを配備することができます。

 

reduce cash icon

スケーラブルなクラウドワークロード環境に対応する柔軟性の高いBYOL(Bring-Your-Own-License)ライセンス体系

icon benefits scalable

NSS Labs、Virus BulletinおよびAV Comparativesのテストで実証されているトップクラスの保護をクラウドセキュリティに統合

cloud ready icon

クラウド対応、多層型、および仮想ドメイン(vDOM)のサポートにより、きめ細かいセキュリティ機能のセグメント化が可能

reduce login icon

実用性の高いレポートが、標的型攻撃の瞬時の把握とコンプライアンスの確立を支援

フォーティネットのGCP向け製品

    

フォーティネット セキュリティ ファブリックは、GCPセキュリティ向けの以下のユースケースをサポートしています。

クラウドサービスハブ

クラウドサービスハブ:クラウドの共有グローバルVPCを利用して、異なるLOB(ビジネス部門)、あるいは異なる場所で個別に開発したクラウドベースアプリケーションVPCによる、グローバルな共有サービスを組織全体に提供できるようになります。サービスハブは、ファイアウォール、アプリケーション保護およびWAFサービスを提供でき、それらはクラウドから管理できます。

リモートアクセスVPN

リモートアクセスVPN:企業組織は、大規模なクラウドサービスプロバイダーのプレゼンスを活用して、GCPにおいて自社のリモートアクセスVPNを構築できます。このソリューションは、アプリケーションがGCP内に存在する場合、そしてオンプレミスに存在しIPSec VPNトンネル経由でGCPに接続される場合に有効です。

ハイブリッドクラウド

ハイブリッドクラウド:オンクラウドおよびオフクラウドで完全なVPN機能が利用でき、エンタープライズはGCPやその他のインフラストラクチャを幅広く横断するアプリケーションのセキュアでシームレスな運用が可能になります。

Webアプリケーションの高度な保護

Webアプリケーションの高度な保護:FortiGateとFortiWebの組み合わせによって、Webアプリケーションやメールサーバー向けに独自の詳細な保護機能が提供されるほか、PCI, SOX, GLBA, or HIPAA (英語)などの法規制やセキュリティ基準の要件遵守も容易になります