フォーティネット、Panoptaを買収

完全なネットワークおよびセキュリティ運用管理を提供

デジタル イノベーションへの取り組みを加速させる中で、インフラの稼働率を100%に保ち、継続的なネットワーキングとセキュリティサービスを実現することは、ビジネスの成果とシームレスなユーザーエクスペリエンスを獲得するための鍵となります。そのため、IT管理者は、コンテナ、クラウド、オンプレミス、ハイブリッドのいずれの展開においても、すべてのサービス、ネットワークデバイス、アプリケーションの全体像を把握しておく必要があります。

Panoptaはクラウドベースでフルスタックの可視性を提供するプラットフォームで、サーバー、ネットワークデバイス、コンテナ、アプリケーション、データベース、仮想アプライアンス、クラウドインフラを含む、ネットワークの健全性の自動修復機能を備えています。そして、今回の発表の結果、フォーティネットのセキュリティ ファブリックは、Panoptaのスケーラブルなネットワーク監視および診断プラットフォームと統合され、企業やサービスプロバイダーにとって最も包括的なネットワークおよびセキュリティ運用管理ソリューションとなります。

この2つの技術を組み合わせることで、クラウドベースのSASE、Eメール、セキュリティ分析、Webアプリケーションファイアウォールなど、フォーティネットのセキュリティサービスを支えている重要なインフラの有効性とリアルタイム監視が強化されます。FortiGateおよびセキュアSD-WANの統合により、SD-WANの接続性とパフォーマンスがさらに強化されます。Panoptaの自動化されたインシデント管理とフォーティネットのSOARを組み合わせることで、ネットワークの健全性とセキュリティインシデントを単一のプラットフォームで表示することができます。

Panoptaのプラットフォームはパートナーの利便性を最大限に考慮して構築されており、ロールベースのアクセス制御により顧客間の安全なセグメンテーションを実現できるほか、NOC(ネットワーク オペレーション センター)とSOC(セキュリティ オペレーション センター)のチーム内で利用することもできます。

現在のリモートワークフォース環境では、アプリケーションの可用性、パフォーマンス、セキュリティ、品質のすべてがエンドユーザーのエクスペリエンスに影響を与えます。Panoptaのソリューションは、ネットワークの健全性指標とアプリケーションのパフォーマンスの両方を分析して、ユーザーのアクセスに影響を与える潜在的な問題領域を特定し、迅速な自動修復(デジタル エクスペリエンス モニタリングまたはDEM)を可能にします。

Panoptaの買収により、フォーティネットは、ネットワークインフラの監視、検出、インシデントレスポンスの新機能を追加することで、セキュリティ業界で最も包括的なセキュリティ ドリブン ネットワーキングのプラットフォームを提供することになります。主な特長は以下の通りです。

  • 統合された監視と自動化されたインシデント管理により、NOC チームのレスポンスと解決にかかる時間を短縮し、SLA を上回ることが可能
  • 50以上のグローバルPOP(Point of Presence)でエンドユーザーのエクスペリエンスに影響を与える可能性のあるアプリケーションのパフォーマンスと遅延をシミュレート(シンセティック トランザクション モニタリングとしても知られています)
  • Kubernetes、およびAWSやAzureのPaaS ワークロードに対するクラウドネイティブな監視
  • サードパーティ製のビジネスツールや最新のコミュニケーションツールとの統合機能を備えた、自由に構成可能なアラートワークフロー


その他の詳細情報