FortiIsolator

ブラウザを分離してWebへのセキュアアクセスを実現

FortiIsolator icon

FortiIsolatorの概要

フォーティネットのブラウザ分離プラットフォームであるFortiIsolatorは、フォーティネット セキュリティ ファブリックに高度な脅威保護の機能を追加し、ビジネスクリティカルデータをWebの高度な脅威から保護します。Webのコンテンツやファイルは、リモートコンテナでアクセスされた後にリスクのないコンテンツだけがユーザーに提示されます。


Webの巧妙な脅威は増加の一途をたどっており、脅威が存在するページやオブジェクトが無害か有害かを判断することはほぼ不可能で、高度な攻撃の急増に常に対応しなければならないことを考えると、恐怖さえ感じる状況です。


FortiIsolatorによって、爆発的に増加する脅威から最もクリティカルで価値の高い標的を保護できるため、分離された安全な環境でユーザーがWebを閲覧し、リモートのコンテナにレンダリングされた無害なコンテンツにアクセス可能になります。FortiIsolatorは、完全にリモートな環境を提供するため、ユーザーのコンピュータやデバイスへのインストールは不要です。

 

   

特長

 

icon benefit fortiattack

インターネットコンテンツに安全にアクセス

ユーザーによるWebアクセスをリモートの分離された環境で処理することで、リスクのあるWebコンテンツからエンドユーザーとデバイスを保護
Compliance icon

クライアントレスのブラウザアクセス

特定のデバイスやアプリケーションに依存することなく、HTML 5対応ブラウザに合わせてコンテンツをレンダリング
Icon security fabric

セキュリティ ファブリック統合

FortiIsolatorは、FortiGateおよびFortiMailとのシームレスな統合によって、Webの高度な脅威に対する防御レイヤーを追加します。

利点

random generator icon

生産性の大幅な向上

クライアントレスのブラウザ分離によって、安全なWebコンテンツがエンドユーザーに迅速に提供されるため、従業員は安心して業務に集中可能
platform support icon

重要なデータの保護

高度な保護の追加レイヤーによって、重要なデータのセキュリティを強化 
icon benefits management

ITサポートリソースの解放

Webコンテンツを軽量化するレンダリングによってメモリリークが軽減され、PCの速度低下を防ぎ、大切なリソースであるITサポート担当者はプロアクティブな業務に集中可能 

FortiIsolatorの製品ラインナップと仕様


FortiIsolatorは、ハイパフォーマンスの物理アプライアンスや仮想アプライアンスとして導入可能で、プラグアンドプレイの固定フォームファクター、またはニーズに合わせて簡単に拡張できる柔軟なフォームファクターのいずれかを選択できます。

ハードウェアアプライアンス

ブラウザの最大同時セッション数
250
形状
1RU
インタフェース
4 x カッパー、RJ45

仮想マシン

仮想CPU数(最大)
無制限
仮想マシン用ストレージ容量(最小 / 最大)
500MB/4TB
仮想マシン用メモリ容量(最小 / 最大)
8GB/128GB