Skip to content Skip to navigation Skip to footer

FortiMail:Eメールセキュリティ

Eメール経由のあらゆる脅威に対応する高度な多層型の保護

FortiMail:Eメールセキュリティ banner background banner dots

概要

FortiMailにより包括的でトップレベルの脅威保護を実現

Eメールは日常業務のコミュニケーションと生産性向上のための極めて重要なツールです。Eメールは、認証情報を盗んだり、機密データを入手したり、身代金を要求したり、銀行預金情報にアクセスして資金を盗んだりするサイバー攻撃者の間で一般的な攻撃手段にもなっています。攻撃者の標的に対するマルチベクトル攻撃活動は巧妙化しているため、Eメールセキュリティで多層型保護を提供しなければなりません。

第三者テスト機関によって実証済みのクラス最高の性能を誇るFortiMailは、Eメール経由のありとあらゆる脅威に対応する高度な多層型保護を提供します。FortiGuard Labsの脅威インテリジェンスを活用し、フォーティネット セキュリティ ファブリックに組み込まれたFortiMailは、スパム、フィッシング、マルウェア、ゼロデイ脅威、なりすまし、ビジネスメール詐欺(BEC)攻撃といったEメール主体の脅威の防止、検知、レスポンスに対応し、お客様の組織を支援します。

導入の柔軟性

フォーティネットのFortiMailソリューションには、お客様のEメールセキュリティのニーズに最適なさまざまな導入モデルが用意されています。オンプレミス、クラウド、またはハイブリッド型Eメール環境を、お客様のチームによって、またはフォーティネットのデータセンターにて管理することも可能です。

オンプレミス、クラウド、またはハイブリッド型EメールセキュリティユースケースのためのFortiMail仮想マシンおよびアプライアンス

仮想マシン

FortiMailの仮想マシンは、プライベートクラウド環境やパブリッククラウド環境の中にEメールセキュリティインフラを配備したい組織に徹底した柔軟性とポータビリティを提供します。FortiMailの仮想マシンは、パワフルな拡張性と配備の簡便性を提供します。

  • 6モデル
  • CPUおよびドメインベース
  • 永久ライセンスまたはオンデマンド方式

アプライアンス

FortiMailのアプライアンスは、オンプレミス環境にEメール保護を導入したい組織や、顧客にEメールサービスを提供したいサービスプロバイダー向けに、ハイパフォーマンスなEメールルーティングと高可用性のための堅牢な機能を提供します。

  • 6モデル
  • 毎時3万~200万メッセージをフィルタリング*
  • 10 GEのサポート

オンプレミス、クラウド、およびハイブリッド型EメールセキュリティユースケースのためのFortiMail Cloud SaaS方式サービス


SaaS

当社データセンターにてフォーティネットによって管理されるFortiMail Cloudは、組織がEメールの管理 / 監視全般に集中することを可能にします。

  • フォーティネットにより全面管理
  • 1年当たり1メールボックス当たり
  • OPEX - CAPEX要件なし

運用モード

フォーティネットのFortiMailでは、Microsoft 365のAPIサポートなど、多数の運用モードをお選びいただけます。

View by:

ゲートウェイモード

  • インバウンドおよびアウトバウンドMTAとアプリケーション層セキュリティ
  • DNS MXレコード変更または宛先NATルール変更が必要
  • インバウンドEメールはいずれも最初にFortiMailを経由し、その後、バックエンドのメールサーバーにルーティング



Microsoft 365 APIサポート / クローバック

  • Graph APIを使用してMicrosoft 365から直接アウト・オブ・ライン、スキャン、およびクローバック脅威を操作
  • ゲートウェイモードと併せて使用可能



トランスペアレントモード

  • DNS MXレコード、またはDNATルール変更は不要
  • 物理的にSMTP経路上に位置する
  • 宛先IPアドレスがFortiMailでなくてもEメールを傍受



サーバーモード

  • アプリケーション層セキュリティを具備するフル機能のメールサーバー
  • Eメールを受信し、検査し、ローカルデータベースに保管されたユーザーのメールボックスへ配達



FortiMailの製品ラインナップと仕様

FortiMailは、高性能で管理が容易な幅広い提供形態で提供されており、豊富なオプションも用意されています。 オンプレミスあるいはクラウドのどのような規模の環境においても、最適なモデルのFortiMailを選択し、シームレスに導入することが可能です。

View by:

メールルーティング(時間あたり)
50K
スループット アンチスパム+アンチウィルス (メッセージ/時)
40K
ネットワークインタフェース
4 x RJ45
推奨される導入環境
小規模の企業、支社
メールルーティング(時間あたり)
250K
スループット アンチスパム+アンチウィルス (メッセージ/時)
200K
ネットワークインタフェース
4 x RJ45
推奨される導入環境
中小規模企業
メールルーティング(時間あたり)
800K
スループット アンチスパム+アンチウィルス (メッセージ/時)
500K
ネットワークインタフェース
6 x RJ45 2 x SFP
推奨される導入環境
中規模から大規模企業、教育機関および政府機関の各部門
メールルーティング(時間あたり)
1.5M
スループット アンチスパム+アンチウィルス (メッセージ/時)
1.0M
ネットワークインタフェース
4 x RJ45 2 x SFP
推奨される導入環境
大規模企業、教育機関および政府機関の各部門
メールルーティング(時間あたり)
2.5M
スループット アンチスパム+アンチウィルス (メッセージ/時)
1.8M
ネットワークインタフェース
4 x RJ45 2 x SFP
推奨される導入環境
最大レベルの規模の大学、企業、ISP、通信キャリア向けのハイエンドアプライアンス
メールトランザクション数(メッセージ/時)
3.4M
スループット アンチスパム+アンチウィルス (メッセージ/時)
2.4M
ネットワークインタフェース
4 x RJ45、2 x SFP、2 x SFP+ 10GbE
推奨される導入環境
最大レベルの規模の大学、企業、ISP、通信キャリア向けのハイエンドアプライアンス
メールトランザクション数(メッセージ/時)
3.6K
スループット アンチスパム+アンチウィルス (メッセージ/時)
2.7K
仮想CPU数 (最大)
1
推奨される導入環境
デモ、検証、トレーニング、およびユーザー数100名未満の小規模企業での利用
メールトランザクション数(メッセージ/時)
34K
スループット アンチスパム+アンチウィルス (メッセージ/時)
26K
仮想CPU数 (最大)
1
推奨される導入環境
ユーザー数400名未満の小規模企業、支社、組織
メールトランザクション数(メッセージ/時)
67K
スループット アンチスパム+アンチウィルス (メッセージ/時)
52K
仮想CPU数 (最大)
2
推奨される導入環境
ユーザー数1,000名までの中小規模企業
メールトランザクション数(メッセージ/時)
306K
スループット アンチスパム+アンチウィルス (メッセージ/時)
225K
仮想CPU数 (最大)
4
推奨される導入環境
ユーザー数3,000名までの中規模から大規模企業
メールトランザクション数(メッセージ/時)
675K
スループット アンチスパム+アンチウィルス (メッセージ/時)
585K
仮想CPU数 (最大)
8
推奨される導入環境
大規模エンタープライズ
メールトランザクション数(メッセージ/時)
875K
スループット アンチスパム+アンチウィルス (メッセージ/時)
758K
仮想CPU数 (最大)
16
推奨される導入環境
大規模エンタープライズ
メールトランザクション数(メッセージ/時)
1.2M
スループット アンチスパム+アンチウィルス (メッセージ/時)
1.0M
仮想CPU数 (最大)
32
推奨される導入環境
大規模エンタープライズ

Microsoft Office 365やGoogle G-SuiteといったクラウドベースのEメールサービスが増加するに伴い、Eメールのセキュリティソリューションもセキュリティベンダーがホストするものを選択するお客様が増えています。FortiMail Cloudでは、メールセキュリティインフラの管理、維持、アップグレードといった手間をかけずに、必要なポリシー制御をすべて備えた最高レベルのセキュリティ効果と統合されたデータ保護機能を利用できます。詳細はこちらをご覧ください。

※ FortiMail Cloud は 電気通信事業者の免許をお持ちのパートナーを経由してご契約の上、ご利用いただくことが可能です。詳細はフォーティネットジャパンまでお問い合わせください。

FortiMailとFortiMail Cloudの機能

FortiMailのEメールセキュリティソリューションは、あらゆる脅威からお客様の組織を守る堅牢な統合機能を提供します。

オンプレミス、クラウド、またはハイブリッド型EメールセキュリティユースケースのためのFortiMail仮想マシンおよびアプライアンス

 

機能 ベースバンドル Enterprise Advanced Threat Protection バンドル

Microsoft 365 APIサポート付き
Enterprise Advanced Threat Protectionバンドル

 

99.7%のスパム検知率
高度な多層型マルウェア検知機能
インバウンド / アウトバウンドのメールフィルタリング
ご利用中のLDAPとの統合
セキュアなメッセージ配信
(TLSおよびDANE)
メッセージ追跡
VOS
(ウイルスアウトブレイク防止サービス)
IDベース暗号
(IBE: Identity Based Encryption)
レポート
Eメールデータ喪失防止
CDR(コンテンツ無害化)  
URLクリック保護  
なりすまし分析  
クラウドサンドボックス  
Microsoft 365メールボックスのリアルタイムスキャン    
Microsoft 365メールボックスのスケジュールスキャン    
新たに発見されたEメール脅威の配信後のクローバック    

オンプレミス、クラウド、およびハイブリッド型EメールセキュリティユースケースのためのFortiMail Cloud SaaS方式サービス

 

機能 Cloud Gateway Cloud Gateway Premium Microsoft 365 APIサポート付きCloud Gateway Premium
マネージドサービス(インフラ)
99.999%のサービス稼働率
99.7%のスパム検知率
高度な多層型マルウェア検知機能
インバウンド / アウトバウンドのメールフィルタリング
ご利用中のLDAPとの統合
セキュアなメッセージ配信
(TLSおよびDANE)
メッセージ追跡
VOS
(ウイルスアウトブレイク防止サービス)
レポート
CDR(コンテンツ無害化)  
URLクリック保護  
なりすまし分析  
クラウドサンドボックス  
IDベース暗号
(IBE: Identity Based Encryption)
 
Eメールデータ喪失防止  
Microsoft 365メールボックスのリアルタイムスキャン    
Microsoft 365メールボックスのスケジュールスキャン    
新たに発見されたEメール脅威の配信後のクローバック    
Business Continuity

Email Continuity

FortiMail CloudのEmail Continuityは、組織のEメールサービスで障害が発生した際に、緊急メールボックスサービスを提供することによって価値ある生産性を保護するように設計されています。

  • 業務障害のときにエンドユーザーの生産性を維持することによってダウンタイムの影響を軽減します。
  • Eメールサービスが故障しているときに、従業員とユーザーがFortiMail上でキューの中のメールに直接アクセスすることで、復旧時間をほぼゼロまで低減します。
  • Eメールは最大30日までキューに保管され、障害前または障害発生時に利用可能です。
データシートをダウンロード(英語)

第三者検証機関による性能テスト

Eメールセキュリティは、組織が事業と従業員とデータと生産性を保護する上で極めて重要であるため、Eメールセキュリティの性能がどの程度のものであるかを知る必要があります。FortiMailは第三者検証機関による性能テストにおいて、高い評価を得ています。

 

99.9%

幅広いマルウェアのタイプ / ファミリーにおける不正Eメールの検知

報告書を見る(英語)

94%

全体的な検知率

91%

保護および正当処理率

報告書を見る(英語)

99.78%

スパム検知率

100%

WildList 検知率

View by:

包括的な多層型セキュリティ

FortiMailでは、今日組織が直面しているEメール経由のありとあらゆる脅威に対処するための高度な機能が集約されており、以下の脅威からの保護を可能にします。

  • 既知の脅威
  • 疑わしい脅威
  • 未知の脅威 / ゼロデイ脅威
  • なりすましの試み
  • ビジネスメール詐欺(BEC)
     

FortiMail: Eメールを超えたEメールセキュリティの未来

Eメールセキュリティの未来はファブリックに対応する事で、巧妙化する脅威とマルチベクトルな攻撃活動に対抗します。ファブリックの一部として、侵害指標やその他のテレメトリを共有して、お客様のセキュリティインフラ全体にわたってセキュリティを強化できます。ITチームとセキュリティチームはより万全に点と点を結び付け、洗練された攻撃者によるマルチベクトル攻撃活動を突き止めることが可能になります。また、レスポンスを含む集中的で繰り返しの多いワークフローを自動化して、セキュリティオペレーションチームの負担を軽減することができます。

関連資料

FortiMailデータシート

FortiMailデータシート

今すぐ読む
FortiMail Cloudデータシート

FortiMail Cloudデータシート

今すぐ読む
Microsoft 365のセキュリティ:3つの重要な戦略

Microsoft 365のセキュリティ:3つの重要な戦略

今すぐ読む

お客様にとってベストなFortiMailソリューションはどちらですか?

インフラとEメールセキュリティを全面的にコントロールしたいチームのための仮想マシンおよびアプライアンス


監視と対応のみに集中したいチームのためのEメールセキュリティサービス

障害は発生します

Microsoft 365でさえ、Eメールサービスの障害や混乱は起こります。FortiMail Cloud Email Continuityサービスは、セキュリティを決して犠牲にせず、価値ある生産性を保護するための支援をします。


 

Email Continuity

FortiMailの主な利点

FortiMailは、包括的で実証済みのEメール脅威保護を業界トップのコストパフォーマンスで提供します。このソリューションは、マーネジドソリューションを含む、クラウドベース、オンプレミス、またはハイブリッド型Eメール環境のための柔軟な導入オプションと運用モードを提供します。

Comprehensive Protection

包括的な保護

FortiMailでは、フィッシング、マルウェア、ランサムウェア、なりすまし、BEC攻撃など、進化する脅威を防ぐ高度な機能が一体化されています。FortiMailでは以下のことが可能です。

  • Eメール主体の脅威を予防、検知、対処するパワフルで統合された機能
  • オンプレミス、クラウド、およびハイブリッド型Eメールユースケースに対応する柔軟な導入オプション
  • Microsoft 365のAPIサポートを含む運用モードの選択
FortiMailの包括的機能の詳細はこちら
Fabric-enabled email security

ファブリック対応のEメールセキュリティ

FortiMailはフォーティネット セキュリティ ファブリックの一部として、セキュリティ ファブリックからの高度な機能を活用し、お客様のセキュリティインフラにまたがってIOC(Indicators of Compromise:侵害指標)を共有しながらEメールセキュリティを強化します。

  • オペレーションワークフローとレスポンスの自動化を拡充
  • Eメールを超えたセキュリティ強化のためのインサイトとインテリジェンスの共有
フォーティネット セキュリティ ファブリックの詳細はこちら
High Performance

第三者機関テストで実証済みのハイパフォーマンス

フォーティネットは、第三者検証機関で一貫してテストを行い、公表し、その有効性を立証している唯一のベンダーです。

  • SE Labs社: 94%の全体的な検知率、AAA評価を獲得
  • Virus Bulletin: 99.84%のスパム検知率
  • ICSA Labs: 99.9%の検出率
FortiMailの詳細はこちら
Power by FortiGuard Labs

FortiGuard Labsの脅威インテリジェンスを活用

FortiGuard Labsは、世界中に配備された560万以上のセンサーから収集されるテレメトリをもとにして実世界の脅威を的確に把握しています。FortiGuardのエキスパートは、この情報を24時間体制で解析して最高の脅威インテリジェンスを提供することで、次のことが可能となっています。

  • 毎分319,000件のフィッシング詐欺をブロック
  • 毎分595,000件のマルウェアプログラムを無効化
  • 毎分790,000件の悪質のあるウェブサイトへのアクセスをブロック
  • 毎分30,000件のスパムをブロック
FortiGuard Labsの詳細はこちら



「優れたコストパフォーマンスで、確実な成果を約束する製品」

小売業界、最高情報責任者(CIO)