Skip to content Skip to navigation Skip to footer

ニュースリリース

フォーティネット、2022年第1四半期決算を発表

フォーティネットジャパン合同会社 - 2022年5月9日


サイバーセキュリティの世界的リーダーで、幅広い適用領域で(Broad)システム連携し(Integrated)自動化された(Automated)ソリューションを提供するフォーティネット(Fortinet®)は本日、2022年3月31日を末日とする2022年第1四半期決算の発表を行いました。

2022年第1四半期ハイライト

  • 製品売上高は3億7,100万ドルで、前年同期比54%増
  • 売上高は9億5,480万ドルで、前年同期比34%増
  • 受注高は12億8,000万ドルで、前年同期比50%増 1
  • 取扱高は11億6,000万ドルで、前年同期比36%増 2
  • 前受収益は36億6,000万ドルで、前年同期比33%増
  • GAAPベースの営業利益率は15.8%
  • Non-GAAPベースの営業利益率は22.0% 2
  • フォーティネットに帰属するGAAPベースの希薄化後1株あたり純利益は0.84ドル
  • フォーティネットに帰属するNon-GAAPベースの希薄化後1株あたり純利益は0.94ドル 2
  • 営業キャッシュフローは3億9,610万ドル
  • フリーキャッシュフローは2億7,350万ドル 2

1 受注高は、当期に受注したすべての注文の合計の値を示します。受注残は、Alaxala(アラクサラ)を除く、受注済みだが履行されていない注文を示します。注文が履行された時点で、取扱高と売上が計上されます。
2 GAAP指標からNon-GAAP指標への調整については、本プレスリリースに含まれる財務諸表のテーブルに記載されています。また、「Non-GAAPベースの財務指標」の見出しの下にも、これらの指標の説明が記載されています。

詳細については英文のプレスリリースをご参照ください。

フォーティネットについて

フォーティネット(NASDAQ: FTNT)は、あらゆる場所で人、デバイス、データを保護するというミッションを通じて、常に信頼できるデジタルワールドを実現します。これが、世界最大の企業、サービスプロバイダー、政府機関が、デジタルジャーニーを安全に加速させるためにフォーティネットを選択する理由です。フォーティネットのセキュリティファブリックのプラットフォームは、データセンターからクラウド、ホームオフィスまで、重要なデバイス、データ、アプリケーション、接続を保護し、デジタルのアタックサーフェス(攻撃対象領域)全体にわたって幅広い適用領域で(Broad)システム連携し(Integrated)自動化された(Automated)保護を提供します。セキュリティアプライアンスの出荷台数では世界で最も多く出荷している第1位であり、565,000以上のお客様がビジネスを守るためにフォーティネット を信頼しています。また、フォーティネットのTraining Advancement Agenda(TAA)の取り組みであるFortinet NSE Training Instituteは、業界最大級かつ最も幅広いトレーニングプログラムを提供し、誰もがサイバー関連のトレーニングや新しいキャリアの機会を得られるようにすることを目的としています。詳しくは、https://www.fortinet.com/jpフォーティネットブログ、またはFortiGuard Labsをご覧ください。

Copyright© 2022 Fortinet, Inc. All rights reserved. 「®」および「™」マークはいずれも、Fortinet, Inc.とその子会社および関連会社の米国における登録商標および未登録商標であることを示します。フォーティネットの商標には、Fortinet、FortiGate、FortiGuard、FortiCare、FortiManager、FortiAnalyzer、FortiOS、FortiADC、FortiAP、FortiAppMonitor、FortiASIC、FortiAuthenticator、FortiBridge、FortiCache、FortiCamera、FortiCASB、FortiClient、FortiCloud、FortiConnect、FortiController、FortiConverter、FortiDB、FortiDDoS、FortiExplorer、FortiExtender、FortiFone、FortiCarrier、FortiHypervisor、FortiIsolator、FortiMail、FortiMonitor、FortiNAC、FortiPlanner、FortiPortal、FortiPresence、FortiProxy、FortiRecorder、FortiSandbox、FortiSIEM、FortiSwitch、FortiTester、FortiToken、FortiVoice、FortiWAN、FortiWeb、FortiWiFi、FortiWLC、FortiWLCOS、FortiWLMなどが含まれますが、これらに限定されるものではありません。その他の製品名およびサービス名等は、各社の商標である場合があります。フォーティネットは、本プレスリリース内の第三者に帰する声明、認可またはテストについては、検証を行っておらず、また、このような第三者に帰する声明を承認するものではありません。本プレスリリースは、保証または債務保証、または契約として一切拘束を受けるものではなく、記載された製品仕様または製品性能は、ある特定の環境や条件のもとで計測されていることがあります。また、本プレスリリースには、将来の見通しに関して不確実性および仮説を伴う記述が含まれている場合がありますが、本不確実性が現実になったり、あるいは本仮説が正しくないことが判明したりする場合、明文的あるいは暗黙的に記述された内容と異なる結果が生じることがあります。これには、サイバー犯罪活動の動向予測に関する記述などが含まれますが、これに限定されるものではありません。このような動向は予測することが困難であり、また、このような動向に関する公開予測や期待事項は結果として正しくないことがあります。フォーティネットは、このような将来見通しを改正する義務を一切負うものではなく、また改正を発行することもありません。