Skip to content Skip to navigation Skip to footer

PGAツアー、ナパ トーナメントのタイトルスポンサーとしてフォーティネットを発表

フォーティネット チャンピオンシップは、2021-22年のFedExCupレギュラーシーズンの開幕戦として、シルバラードリゾート&スパで9月13から19日に開催

フォーティネットジャパン株式会社 - 2021年4月8日


PGAツアーは、幅広い適用領域で(Broad)システム連携し(Integrated)、自動化された(Automated)ソリューションの世界的リーダーである、フォーティネット(Fortinet®、NASDAQ: FTNT)が、PGAツアーのナパ トーナメントのタイトルスポンサーとなり、Fortinet Championship(フォーティネット チャンピオンシップ)と命名されることを発表しました。この6年間の契約は、2021年9月13日から19日にシルバラードリゾート&スパで開催される2021-22年のFedExCupレギュラーシーズンの開幕戦として始まります。

フォーティネット チャンピオンシップは2007年に始まり、2014年からはサンマーティンのコーデバル ゴルフクラブからナパのシルバラードリゾート&スパに会場を移して開催されています。現在の場所に移った2014年以降2019-20シーズンを除いて、このイベントはツアーのシーズン開幕戦となっています。

PGAツアー プレジデントのTyler Dennis(タイラー・デニス)は次のように述べています。「9月から始まる2021-22年のFedExCupレギュラーシーズンの開幕を飾るフォーティネット チャンピオンシップで、フォーティネットをPGAツアーのタイトルスポンサーに迎えることができることを大変嬉しく思います。ナパは、選手やその家族、ギャラリーにとって非常に人気のある場所です。フォーティネットには、ナパバレーのコミュニティへのチャリティ効果を最大化するために、このイベントの発展に協力してもらえることを楽しみにしています」

フォーティネット チャンピオンシップの純利益は、STEM、テクノロジー分野の女性やマイノリティ、退役軍人の再雇用プログラムなどの非営利団体に役立つように使われます。

フォーティネットのプロダクト担当EVP兼CMOであるJohn Maddison(ジョン・マディソン)は次のように述べています。「フォーティネットはPGAツアーとパートナーシップを結んだことを大変うれしく思っています。このパートナーシップは、当社のコミュニティ、お客様、地元の非営利団体に利益をもたらします。 ナパでフォーティネット チャンピオンシップを開催することを楽しみにしています」

フォーティネットのミッションは、エッジ、データとコンテンツ、人、デバイス、システムを保護することで、組織が常に信頼できるデジタルワールドを実現することです。フォーティネットは、最も革新的で高性能なネットワークのセキュリティ ファブリックを提供し、組織のITインフラストラクチャの安全性と簡素化を実現します。フォーティネットは、キャリア、データセンター、企業、分散型オフィス向けに、ネットワークセキュリティとSD-WAN、スイッチングと無線アクセス、ネットワークアクセスコントロール、認証、パブリックおよびプライベートクラウドセキュリティ、エンドポイントセキュリティ、AIドリブンの高度な脅威保護ソリューションを提供する世界的なリーディングプロバイダーです。

シルバラードリゾート&スパは、1968年から80年までPGAツアーを開催し、2014年に復帰しました。この会場は、ジャック・ニクラウス(1969年)、トム・ワトソン(1978年)、ベン・クレンショー(1980年)、ジョニー・ミラー(1974-75年)など、名だたる優勝者を輩出しています。また、シルバラードは1989年から2002年までPGAツアーチャンピオンズの会場でした。

フォーティネット チャンピオンシップは、全4ラウンドがゴルフチャンネルで放映されます。参加選手は156名で、優勝者のFedExCupポイントは500ポイント、賞金総額は700万ドルです。2009年の全英オープンの優勝者であり、プレジデンツカップチームに4回、ライダーカップチームに5回選出されているスチュワート・シンクは、2020年に続いての連覇が期待されています。

PGAツアーについて

ゴルフの偉大な選手たちを紹介することで、PGAツアーは世界中のファン、パートナー、コミュニティを魅了し、刺激し、ポジティブな影響を与えています。

フロリダ州ポンテベドラビーチに本部を置くPGAツアーは、PGAツアー、PGAツアー チャンピオンズ、コーン・フェリー ツアー、PGAツアー ラティノアメリカ、マッケンジーツアー-PGAツアー カナダ、PGAツアーシリーズ チャイナのトーナメントを共同で開催しています。PGAツアーのメンバーは、29の国と地域から集まった世界最高の選手たちです(94名が米国以外の国からのメンバー)。PGAツアーのトーナメントは、世界216の国と地域に28の言語で放送されています。すべてのトーナメントは非営利団体として組織されており、最大限の慈善活動を行っています。現在までに、すべてのツアーのトーナメントで32億ドル以上の収益を上げています。

ファンの皆様は、ゴルフ業界No.1のサイトであるPGATOUR.COM、PGA TOURアプリ、Facebook、Instagram(英語、スペイン語、韓国語)、LinkedIn、Twitter、WeChat、Weibo、Toutiao、Douyinなどのソーシャルメディア・チャンネルでPGA TOURをフォローすることができます。

フォーティネットについて

フォーティネット(NASDAQ: FTNT)は、世界中の大手企業、サービスプロバイダ、そして政府機関を守っています。フォーティネットは、拡大するアタックサーフェス(攻撃対象領域)に対するシームレスな保護とインテリジェンスを提供し、外部との明確な境界が消滅したネットワークでの、増え続けるパフォーマンスの条件に応じるパワーで、現在もまた将来も、お客様に貢献します。ネットワーク上でも、アプリケーションやクラウド、またはモバイル環境であっても、妥協することなく、極めて重大なセキュリティ上の問題に対応するセキュリティを提供できるのはフォーティネットのセキュリティ ファブリックのアーキテクチャだけです。フォーティネットは世界で最も多くのセキュリティアプライアンスを出荷し、世界500,000以上のお客様がビジネスを守るためにフォーティネット に信頼を寄せています。フォーティネットのネットワークセキュリティエキスパート(NSE)インスティチュートは、テクノロジーカンパニーとしても、ラーニングカンパニーとしても、業界で最大規模かつ広範なサイバーセキュリティのトレーニングプログラムを提供しています。

フォーティネットジャパンについては、fortinet.com/jp をご覧ください。

 

Copyright© 2021 Fortinet, Inc. All rights reserved. 「®」および「™」マークはいずれも、Fortinet, Inc.とその子会社および関連会社の米国における登録商標および未登録商標であることを示します。フォーティネットの商標には、Fortinet、FortiGate、FortiGuard、FortiCare、FortiManager、FortiAnalyzer、FortiOS、FortiADC、FortiAP、FortiAppMonitor、FortiASIC、FortiAuthenticator、FortiBridge、FortiCache、FortiCamera、FortiCASB、FortiClient、FortiCloud、FortiConnect、FortiController、FortiConverter、FortiDB、FortiDDoS、FortiExplorer、FortiExtender、FortiFone、FortiCarrier、FortiHypervisor、FortiIsolator、FortiMail、FortiMonitor、FortiNAC、FortiPlanner、FortiPortal、FortiPresence、FortiProxy、FortiRecorder、FortiSandbox、FortiSIEM、FortiSwitch、FortiTester、FortiToken、FortiVoice、FortiWAN、FortiWeb、FortiWiFi、FortiWLC、FortiWLCOS、FortiWLMなどが含まれますが、これらに限定されるものではありません。その他の製品名およびサービス名等は、各社の商標である場合があります。フォーティネットは、本プレスリリース内の第三者に帰する声明、認可またはテストについては、検証を行っておらず、また、このような第三者に帰する声明を承認するものではありません。本プレスリリースは、保証または債務保証、または契約として一切拘束を受けるものではなく、記載された製品仕様または製品性能は、ある特定の環境や条件のもとで計測されていることがあります。また、本プレスリリースには、将来の見通しに関して不確実性および仮説を伴う記述が含まれている場合がありますが、本不確実性が現実になったり、あるいは本仮説が正しくないことが判明したりする場合、明文的あるいは暗黙的に記述された内容と異なる結果が生じることがあります。これには、サイバー犯罪活動の動向予測に関する記述などが含まれますが、これに限定されるものではありません。このような動向は予測することが困難であり、また、このような動向に関する公開予測や期待事項は結果として正しくないことがあります。フォーティネットは、このような将来見通しを改正する義務を一切負うものではなく、また改正を発行することもありません。