Skip to content Skip to navigation Skip to footer

Linksysとフォーティネット、在宅勤務のネットワークにエンタープライズクラスの性能とセキュリティを提供する戦略的提携を発表

フォーティネットは7500万ドルをLinksysに出資し、高速で信頼性が高く、安全で管理が容易なリモート接続を企業に提供する協業をサポート

フォーティネットジャパン株式会社 - 2021年4月5日


Foxconn Interconnect Technology (6088.HK) (以下、FIT)の子会社であり、ワイヤレスネットワーク製品のグローバルリーダーであるLinksysと、幅広い適用領域で(Broad)システム連携し(Integrated)、自動化された(Automated)ソリューションの世界的リーダーである、フォーティネット(Fortinet®、NASDAQ: FTNT)は本日、今日の在宅勤務環境におけるホームネットワークのパフォーマンスと管理をさらに安全かつ最適化することを意図した戦略的提携を発表しました。

フォーティネット、Linksys、FITは共に、従業員が効率的に自宅で仕事をするために、シームレスで安全な接続性を必要とする組織に対し、エンタープライズグレードの接続性とセキュリティ、そして比類のないサービス品質を提供します。

この提携の一環として、フォーティネットは、世界中の消費者や企業に最先端の次世代ルーターコネクティビティソリューションを提供しているリンクシスに7500万ドルの戦略的投資を行いました。また、フォーティネットは、Linksysの取締役会に代表者を任命します。


フォーティネットの創業者であり、取締役会会長兼CEOのKen Xie(ケン・ジー)は次のように述べています。
「企業がテレワークを大規模に導入すると、サイバー犯罪者は、発生する多くのセキュリティギャップを悪用する機会に飛びつきます。セキュリティ ドリブン ネットワーキングとは、コアからクラウド、そしてブランチやリモートワーカーに至るまで、接続された環境全体でネットワーキングとセキュリティを統合する戦略であり、企業は優れたユーザーエクスペリエンスを維持しながら、今日の非常にダイナミックな環境を把握し、防御することができます。Linksys とのパートナーシップにより、在宅ワーカーにエンタープライズクラスの安全で信頼性の高いネットワーク接続を提供できることを嬉しく思います」

FIT Hon Teng 会長兼CEOのSidney Luは次のように述べています。
「フォーティネットを戦略的パートナーとして迎え、消費者や遠隔地のプロフェッショナルに安全な接続性を提供できることを嬉しく思います。今回の提携は、Linksys の事業の継続的な強さと広がりを証明するものです。フォーティネットの実績あるサイバーセキュリティの専門知識を活用して、新たなビジネスチャンスにつなげていくことを楽しみにしています」

Foxconn Interconnect Technologyについて

FIT Hon Teng Limited (6088.HK)は、モバイル機器、デジタルコンピュータおよび家電製品、通信インフラ、自動車、産業および医療アプリケーション、コネクテッドスマートデバイス向けの相互接続ソリューションのマーケットリーダーです。その子会社であるLinksysは、世界で最も信頼性の高い革新的な無線技術を構築することを使命としており、ルーターブランドとして初めて全世界で1億台を出荷しました。Linksysは、メッシュハードウェアと、受賞歴のあるVelopモーションセンシングソフトウェアポートフォリオで知られており、スマートホームやビジネスに、より高いセキュリティとシームレスでフラストレーションフリーのWiFiを提供します。Linksysの製品は、世界60カ国以上で販売されています。

フォーティネットについて

フォーティネット(NASDAQ: FTNT)は、世界中の大手企業、サービスプロバイダ、そして政府機関を守っています。フォーティネットは、拡大するアタックサーフェス(攻撃対象領域)に対するシームレスな保護とインテリジェンスを提供し、外部との明確な境界が消滅したネットワークでの、増え続けるパフォーマンスの条件に応じるパワーで、現在もまた将来も、お客様に貢献します。ネットワーク上でも、アプリケーションやクラウド、またはモバイル環境であっても、妥協することなく、極めて重大なセキュリティ上の問題に対応するセキュリティを提供できるのはフォーティネットのセキュリティ ファブリックのアーキテクチャだけです。フォーティネットは世界で最も多くのセキュリティアプライアンスを出荷し、世界500,000以上のお客様がビジネスを守るためにフォーティネット に信頼を寄せています。フォーティネットのネットワークセキュリティエキスパート(NSE)インスティチュートは、テクノロジーカンパニーとしても、ラーニングカンパニーとしても、業界で最大規模かつ広範なサイバーセキュリティのトレーニングプログラムを提供しています。

フォーティネットジャパンについては、fortinet.com/jp をご覧ください。

 

Copyright© 2021 Fortinet, Inc. All rights reserved. 「®」および「™」マークはいずれも、Fortinet, Inc.とその子会社および関連会社の米国における登録商標および未登録商標であることを示します。フォーティネットの商標には、Fortinet、FortiGate、FortiGuard、FortiCare、FortiManager、FortiAnalyzer、FortiOS、FortiADC、FortiAP、FortiAppMonitor、FortiASIC、FortiAuthenticator、FortiBridge、FortiCache、FortiCamera、FortiCASB、FortiClient、FortiCloud、FortiConnect、FortiController、FortiConverter、FortiDB、FortiDDoS、FortiExplorer、FortiExtender、FortiFone、FortiCarrier、FortiHypervisor、FortiIsolator、FortiMail、FortiMonitor、FortiNAC、FortiPlanner、FortiPortal、FortiPresence、FortiProxy、FortiRecorder、FortiSandbox、FortiSIEM、FortiSwitch、FortiTester、FortiToken、FortiVoice、FortiWAN、FortiWeb、FortiWiFi、FortiWLC、FortiWLCOS、FortiWLMなどが含まれますが、これらに限定されるものではありません。その他の製品名およびサービス名等は、各社の商標である場合があります。フォーティネットは、本プレスリリース内の第三者に帰する声明、認可またはテストについては、検証を行っておらず、また、このような第三者に帰する声明を承認するものではありません。本プレスリリースは、保証または債務保証、または契約として一切拘束を受けるものではなく、記載された製品仕様または製品性能は、ある特定の環境や条件のもとで計測されていることがあります。また、本プレスリリースには、将来の見通しに関して不確実性および仮説を伴う記述が含まれている場合がありますが、本不確実性が現実になったり、あるいは本仮説が正しくないことが判明したりする場合、明文的あるいは暗黙的に記述された内容と異なる結果が生じることがあります。これには、サイバー犯罪活動の動向予測に関する記述などが含まれますが、これに限定されるものではありません。このような動向は予測することが困難であり、また、このような動向に関する公開予測や期待事項は結果として正しくないことがあります。フォーティネットは、このような将来見通しを改正する義務を一切負うものではなく、また改正を発行することもありません。