Skip to content Skip to navigation Skip to footer

フォーティネット、2年連続でGartner Peer InsightsのWANエッジインフラストラクチャ部門のCustomers’ Choiceの1社に選出

2021年Gartner Peer InsightsのEメールセキュリティ部門では、Customers’ Choiceの1社にフォーティネットのFortiMailが2回目の選出

フォーティネットジャパン株式会社 - 2021年3月10日


幅広い適用領域で(Broad)システム連携し(Integrated)、自動化された(Automated)ソリューションの世界的リーダーである、フォーティネット(Fortinet®、NASDAQ: FTNT)は、同社のセキュアSD-WANおよびFortiMailソリューションが、Gartner Peer InsightsのWANエッジインフラストラクチャ部門およびEメールセキュリティ部門において、2021年の Customers' Choiceの1社に選出されたことを発表しました。

Gartner Peer Insights Customers' Choiceは、フォーティネットのSecure SD-WANおよびFortiMailソリューションの購入、実装、または使用経験のあるエンドユーザーのプロフェッショナルからの意見や評価に基づいています。また、この評価は、あらゆる規模の企業、さまざまな業界や地域の幅広い企業によるレビューの範囲と総合的な市場評価の両方で上位にランクされていることに基づいています。

この1年は、不確実性の中で組織のビジネスの進め方が大きく変化した年でしたが、フォーティネットは、Gartner Peer Insights Customers' Choiceでの評価を受けたことは、このような困難な時期に、最高性能のサイバーセキュリティプラットフォームであるフォーティネット セキュリティ ファブリックを利用して、すべてのネットワーク、エンドポイント、クラウドにわたって一貫したセキュリティを顧客に提供するというフォーティネットの献身的な姿勢をさらに強化したものと考えています。

2021年 Gartner Peer Insights’ Customers’ Choice WANエッジインフラストラクチャ
フォーティネットは、これで2年連続でGartner Peer Insights WANエッジインフラストラクチャ部門でCustomers' Choice の1社に選ばれました。また、フォーティネットのセキュアSD-WANソリューションは、2020年のガートナーのWANエッジインフラストラクチャ部門のマジック・クアドラントでリーダーの1社となり、2020年ガートナーの「WANエッジインフラストラクチャについてのクリティカル・ケイパビリティ」レポートでは、5つ中2つのユースケース(小規模リテールWANとセキュリティ重視のWAN)で最高のスコアと評価されました。

フォーティネットは、Gartner Peer InsightsのWANエッジインフラストラクチャ部門での2回の選出と、Gartnerの専門家からの追加評価を受けたことで、SD-WANに対する同社のセキュリティドリブンネットワーキングのアプローチが肯定され、顧客に比類のないROIを提供するという同社のコミットメントが強調されたと確信しています。

今日の分散型ネットワークのニーズを満たすために、フォーティネットのセキュアSD-WANは、エンタープライズクラスのセキュリティ機能を、インテリジェントなアプリケーション認識によるアプリケーションの耐障害性や高度なWAN修復など、業界をリードするWANエッジ機能に統合しています。セキュアSD-WANは、NOCとSOCの両方にエンドツーエンドの可視性と集中管理を提供し、運用を簡素化して複雑さを軽減します。さらに、セキュアSD-WANの高度なネットワーキング機能は非常に堅牢であるため、レガシールーターの置き換えに採用する企業が増えています。

以下は、フォーティネットのセキュアSD-WANをご利用のお客様が Gartner Peer Insights に投稿したレビューの一部です。

「何度も検索した結果、自信を持ってFortiGateセキュアSD-WANに移行しました」企業規模10億〜30億ドルの企業、ITマネージャー(2020年12月7日)
「SD-WANの世界を半年近く見て回り、適切なベンダー、製品、サポートを慎重に探しました。何日も何日もかけて検討した結果、FortiGate をソリューションとして使用することに決めました。これは、私たちがそうであったように、すでにFortiGateの世界に入っている場合には特に有効です。私たちがFortiGateを選んだ理由は、既存のインフラ、特にセキュリティと統合できるからです。また、FEC(前方誤り訂正)のような、私たちが欲しかったより高度な機能も含まれていました」

「パフォーマンスとサポートを兼ね備えた最高の価値あるSD-WANソリューション」企業規模30億〜100億ドルの企業、グローバルデザイン担当(2020年6月1日)
「私たちは、使いやすさとセットアップの簡単さ、そしてフォーティネットの素晴らしいサポートに非常に感銘を受けています。非常にコストパフォーマンスが高いです。また、フォーティネットは長年にわたって、複雑なコマンドを学ばなくても簡単に管理できるように改善しています」

「FortiGate SD-WANは、問題解決とコスト削減を実現!」企業規模30億〜100億ドル の企業、シニアITマネージャー(2020年9月19日)
「シームレスに近い配備の実行と、多くの異なるサプライヤーやパートナーのデバイスを単一のソリューションに置き換えることができました。ほぼオールインワンの機能。これ以上を求めることはほぼ不可能です」

2021年 Gartner Peer Insights Customers’ Choice Eメールセキュリティ部門
Gartner Peer InsightsのEメールセキュリティ部門で、フォーティネットのFortiMailソリューションがCustomers’ Choiceの一社に選ばれたのは、これで2回目となります。この評価は、高度なEメールの脅威やスパムを阻止するFortiMailの能力に対してお客様が見出した価値と評価、さらに、フォーティネット セキュリティ ファブリックを介して企業の広範なセキュリティインフラストラクチャに統合できることの価値を裏付けるものであるとフォーティネットは考えています。

FortiMailのEメールセキュリティは、包括的で実績のあるEメールの脅威からの保護を提供し、第三者機関のテストグループによって検証されており、SE Labsからは94%の脅威検出率とAAA評価ICSA Labsからは99.9%のマルウェア検出率Virus Bulletinからは99.84%のスパムキャプチャ率を受けています。

FortiMailは、ホスティングされたクラウドサービスとして、または仮想および物理アプライアンスとしてなど、組織の柔軟な展開を可能にするいくつかのフォームファクタで提供されています。FortiMailはクラス最高のパフォーマンスを提供し、サイバー攻撃者に最も利用されている脅威のベクトルであるEメールを媒介とするあらゆる脅威に対して、高度な多層防御を提供します。FortiGuard Labsの脅威インテリジェンスを搭載し、フォーティネット セキュリティ ファブリックに統合されたFortiMailは、スパム、フィッシング、マルウェアなどのEメールベースの脅威(ゼロデイ攻撃、なりすまし、ビジネスメール詐欺など)の防止、検出、レスポンスを支援します。

以下は、FortiMailをご利用のお客様がGartner Peer Insightsに投稿したレビューの一部です。

「ボリュームベースおよび標的型のサイバー脅威に対するセキュリティの追加レイヤー」企業規模10億〜30億ドルの企業、プロジェクトマネージャー(2020年11月9日)
「私たちは主に、組織で送受信するすべてのEメールをフィルタリングするためにFortiMailを使用しています。FortiMailは、企業の機密データを安全に保護するだけでなく、ボリュームベースのサイバー攻撃や標的型サイバー攻撃に対するセキュリティの追加レイヤーを提供してくれます。標的型攻撃、無関係なバルクメール、フィッシング攻撃などを阻止するために、アウトブレイクプロテクション、サンドボックス分析、なりすまし検出などの機能を最大限に活用し、FortiMailのアンチスパムやアンチマルウェア機能を補完しています。また、FortiMailのアイデンティティベースのメール暗号化とアーカイブ機能により、企業の機密データの損失を防ぐことができます。さらに優れているのは、FortiMailを他のサードパーティ製コンポーネントと簡単に統合することができ、シームレスなセキュリティ ファブリックでIoCを共有することで、セキュリティに対するアプローチを向上させることができます。最後に、FortiMailは非常にシンプルで導入が簡単で、微調整やトラブルシューティングのための技術的なノウハウを必要としないため、使いこなすことができます」

「FortiMail-攻撃に対するセキュリティを提供する優れたEメール脅威検出プラットフォーム」企業規模5億〜10億ドルの企業、DAA(2020年11月18日)
「FortiMailは、クライアントの機密データの損失につながる可能性のあるEメールの脅威、マルウェアやフィッシング攻撃から組織を保護し、コンプライアンス違反をチェックします。ClickProtectと呼ばれる機能を利用して、ユーザーがクリックした際にリンクを再検証することで、メールに埋め込まれたURLやリンクから保護するのに役立っています。Microsoft Office365やGoogleスイートのような様々なメールサービスと統合されており、メールシステムをより安全にするのに役立つ高度な脅威検知機能を備えています」

「投資に対する素晴らしい価値、約束を果たす誠実な製品」 企業規模5,000万ドル〜2億5,000万ドルの企業、CIO(2020年7月10日)
「ゲートウェイモードのFortiMailは、どのメールサーバーにも非常に簡単にデプロイできます。当社のデータセンターにオンプレミスでデプロイしましたが、同じライセンスでクラウド上に転送することができます。非常にシンプルでわかりやすく、微調整やトラブルシューティングのために特別な知識を必要としません。フォーティネットの人々は非常に知識が豊富で、プリセールスとアフターセールスの両方で助かりました。特にFortiSandboxを追加したことで、投資に対して素晴らしい価値をもたらしています」

「FortiMail(脅威を検知する強力な製品)」企業規模5億〜10億ドルの企業、プロセス改善マネージャー(2020年11月26日)
「脅威やあらゆるサイバー攻撃からデータを守るために最高のEメールセキュリティです。柔軟で使いやすい製品で、ネットワークに影響を与えることなく組織のセキュリティポジションを向上させることができます」

フォーティネット製品担当EVP兼CMOのJohn Maddison(ジョン・マディソン)は次のように述べています。
「すべてのネットワーク、エンドポイント、およびクラウドに対して一貫したセキュリティを提供するフォーティネットの能力は、現在50万を超える急速に成長している当社の顧客基盤と明確に共鳴しています。Gartner Peer Insightsで紹介されたようなお客様からのレビューは、組織が十分な情報に基づいた意思決定を行うための貴重なツールです。2年連続でGartner Peer InsightsのWANエッジインフラストラクチャ部門でCustomer' Choiceに選ばれたこと、そしてEメールセキュリティ部門のCustomer' Choiceでの2回目の選出を嬉しく思います」

Source :
Gartner Peer Insights ‘Voice of the Customer’: WAN Edge Infrastructure, 5 Feb 2021
Gartner Peer Insights ‘Voice of the Customer’: Email Security, 5 Feb 2021
Gartner, Magic Quadrant for WAN Edge Infrastructure, Jonathan Forest et al., 23 Sep 2020
Gartner Critical Capabilities for WAN Edge Infrastructure, Jonathan Forest et al., 30 September 2020.

* 2021年2月22日現在、フォーティネットのセキュアSD-WANは86件のレビューに基づいて4.7/5の評価を得ています。


ガートナーの免責事項
Gartner Peer Insights Customers’ Choice/ Gartner Peer Insightsは、個々のエンドユーザーのレビュー、レーティング、および実証メソドロジー(documented methodology)により抽出されたデータが主観的な意見として集約されたものであり、ガートナーまたはその関連会社による見解あるいは推薦を表すものではありません。

ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高のレーティング又はその他の評価を得たベンダーのみを選択するようにテクノロジーユーザーに助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の責任を負うものではありません。
 

フォーティネットについて

フォーティネット(NASDAQ: FTNT)は、世界中の最大規模の企業、サービスプロバイダ、政府機関を保護しています。フォーティネットは、拡大するアタックサーフェス(攻撃対象領域)を可視化して制御し、現在および将来にわたって増大するパフォーマンス要件に対応する力をお客様に提供しています。フォーティネット セキュリティ ファブリックのプラットフォームだけが、最も重要なセキュリティ上の課題に対処し、ネットワーク、アプリケーション、マルチクラウド、エッジの環境を問わず、デジタルインフラストラクチャ全体のデータを保護することができます。フォーティネットは世界で最も多くのセキュリティアプライアンスを出荷し、500,000社以上のお客様がビジネスを守るためにフォーティネット に信頼を寄せています。テクノロジーカンパニーであると同時に学習組織でもあるフォーティネットのネットワークセキュリティエキスパート(NSE)インスティチュートは、業界最大規模で最も広範なサイバーセキュリティのトレーニングプログラムを提供しています。詳細については、https://www.fortinet.com/jpをご覧ください。

Copyright© 2021 Fortinet, Inc. All rights reserved. 「®」および「™」マークはいずれも、Fortinet, Inc.とその子会社および関連会社の米国における登録商標および未登録商標であることを示します。フォーティネットの商標には、Fortinet、FortiGate、FortiGuard、FortiCare、FortiManager、FortiAnalyzer、FortiOS、FortiADC、FortiAP、FortiAppMonitor、FortiASIC、FortiAuthenticator、FortiBridge、FortiCache、FortiCamera、FortiCASB、FortiClient、FortiCloud、FortiConnect、FortiController、FortiConverter、FortiDB、FortiDDoS、FortiExplorer、FortiExtender、FortiFone、FortiCarrier、FortiHypervisor、FortiIsolator、FortiMail、FortiMonitor、FortiNAC、FortiPlanner、FortiPortal、FortiPresence、FortiProxy、FortiRecorder、FortiSandbox、FortiSIEM、FortiSwitch、FortiTester、FortiToken、FortiVoice、FortiWAN、FortiWeb、FortiWiFi、FortiWLC、FortiWLCOS、FortiWLMなどが含まれますが、これらに限定されるものではありません。その他の製品名およびサービス名等は、各社の商標である場合があります。フォーティネットは、本プレスリリース内の第三者に帰する声明、認可またはテストについては、検証を行っておらず、また、このような第三者に帰する声明を承認するものではありません。本プレスリリースは、保証または債務保証、または契約として一切拘束を受けるものではなく、記載された製品仕様または製品性能は、ある特定の環境や条件のもとで計測されていることがあります。また、本プレスリリースには、将来の見通しに関して不確実性および仮説を伴う記述が含まれている場合がありますが、本不確実性が現実になったり、あるいは本仮説が正しくないことが判明したりする場合、明文的あるいは暗黙的に記述された内容と異なる結果が生じることがあります。これには、サイバー犯罪活動の動向予測に関する記述などが含まれますが、これに限定されるものではありません。このような動向は予測することが困難であり、また、このような動向に関する公開予測や期待事項は結果として正しくないことがあります。フォーティネットは、このような将来見通しを改正する義務を一切負うものではなく、また改正を発行することもありません。