Skip to content Skip to navigation Skip to footer

フォーティネット、世界最速の次世代ファイアウォールと5G接続によるSASEでセキュリティファブリックを拡張

フォーティネット セキュリティ ファブリックは、5Gエコシステムの保護、SASEの統合、ゼロトラストアクセスを新製品FortiGate 7121FとFortiExtender 511F-5GによるワイヤレスWAN接続で実現

フォーティネットジャパン株式会社 - 2021年5月31日


幅広い適用領域で(Broad)システム連携し(Integrated)自動化された(Automated)サイバーセキュリティソリューションの世界的リーダーであるフォーティネット(Fortinet®、NASDAQ: FTNT)は、セキュリティを強化し、5Gの採用を加速させる新製品FortiGate 7121FとFortiExtender 511F-5Gを発表しました。フォーティネット独自のSPU ASICを搭載したFortiGate 7121Fでは、5Gのネットワークとゼロトラストアクセスに必要な業界最高クラスのパフォーマンス、そしてFortiExtender 511F-5GではSD-WANSASEに最適なワイヤレスWAN接続が提供されます。

5Gネットワークエコシステムによって増加する攻撃対象領域
5Gは企業とMNO(移動体通信事業者)の変革と革新を可能にするテクノロジーです。その可能性を最大限に引き出すために、オペレーショナルテクノロジー(OT)、産業制御システムを含むパブリッククラウドのベンダーなどが新しい5Gエコシステムを形成し、変革を推進するために新しいアプリケーションとサービスの開発に取り組んでいます。しかし、5Gエコシステムを拡張してエッジを追加すると、サイバー攻撃の対象領域も拡大し、サイバーセキュリティのリスクも増加します。そのため、ビジネスの中断を回避しながらこのような新しいリスクに対応し、エンドツーエンドのセキュリティとコンプライアンスを犠牲にせずに遅延を最小化し、信頼性と拡張性を最大化することが組織の重要な課題となっています。

5Gプライベート / パブリックネットワークの保護に必要なエッジのセキュリティ
このような課題を解決するために、新しいFortiGate 7121Fではセキュリティドリブンネットワークキングのアプローチによってネットワークとセキュリティを統合しています。このアプローチでは完全な可視化、業界最高の拡張性、並びに高度なセキュリティが提供されるため、広く分散したハイブリッドの5Gエコシステムのビジネスクリティカルなアプリケーションを保護できます。また、フォーティネット セキュリティ ファブリックによってエンドツーエンドのセキュリティ、柔軟な接続、脅威インテリジェンスも提供されます。

超高速5G接続によるSD-WANとSASE
5G接続ではユーザーと組織に超高速のインターネットが提供されるだけでなく、低遅延の接続環境が提供されることで、場所を問わずに働くことができます。最新のFortiExtender 511F-5GワイヤレスWANでは、SD-WANとSASEを強化するために5G接続にサブ6GHz帯を使用しています。FortiExtenderはフォーティネットの業界をリードするセキュアSD-WANソリューションにプラグインとして簡単に統合できます。ハイブリッドWANの接続の柔軟性が向上するため、ユーザーエクスペリエンスも向上します。また、5G対応のシンエッジをFortiSASEに接続してクラウドのセキュリティとインスペクションを利用できるため、小売、OT、医療などの多様な業種の企業が超高速で安全なワイヤレスWAN接続の利点を活用できます。

企業とMNOの両方にメリットのあるセキュリティ ファブリックによるエンドツーエンドのセキュリティ
FortiGate 7121Fはフォーティネット セキュリティ ファブリックの重要なコンポーネントです。業界をリードするFortiGateのポートフォリオでは、フォーティネット セキュリティ ファブリックを通して企業とMNOの両方に価値が創出され、5Gプライベート / パブリックネットワーク、OT、マルチアクセスのエッジコンピュータ、パブリック / プライベートクラウド環境に一貫したセキュリティを提供することができます。主なメリットは以下のとおりです。

  • 包括的なセキュリティと運用の最適化:フォーティネットのセキュリティ ファブリックでは、RAN(無線アクセスネットワーク)からコア、コアからMEC(マルチアクセス エッジ コンピューティング)までのスケーラブルなセキュリティが提供されます。そのため、デジタルイノベーションと俊敏性を実現し、セキュリティ、コンプライアンス、パフォーマンスを向上させて遅延を排除できます。
  • 独自の付加価値サービスの開発:MNOはフォーティネット セキュリティ ファブリックを活用して、5Gプライベート / パブリックネットワークを採用している企業顧客向けに、収益性に優れた独自の付加価値サービスを開発できます。また、自社の5Gプライベート / パブリックネットワークの保護、RANセキュリティゲートウェイとローミングのセキュリティ、5GコアAPIのリスク軽減、全体的なセキュリティの可視化と自動化にも使用できます。
  • 効率的な運用:フォーティネットはファブリック マネジメント センターによってネットワークとセキュリティの運用を合理化し、ワークフローを簡略化しています。これは、クラウド、OT、IoT、SD-WAN、ネットワークなどのテクノロジー分野の400社を超えるオープンファブリックエコシステムのパートナーとセキュリティ ファブリックの統合によって可能になります。

FortiGate 7121FのNGFW:エンタープライズグレードの拡張性に優れたセキュリティ
フォーティネットのSPUを搭載したFortiGate 7121Fは、次世代ファイアウォールの競合製品と比較したSecurity Compute Ratingで、業界最高のパフォーマンスと評価されています。Security Compute RatingとはFortiGateネットワークファイアウォールと同じ価格帯の平均的な競合製品のパフォーマンスをさまざまなカテゴリで比較する際の評価基準(パフォーマンス乗数)のことです。また、FortiGate 7121Fは脅威保護で業界平均の2倍、SSL復号化で19倍の速さを達成しているため、保護の死角を排除できます。

以下はFortiGate 7121Fと業界トップのファイアウォールの比較を示しています。

技術仕様

FortiGate 7121F

業界平均

Security Compute Rating

Palo Alto Networks
PA-7080

Checkpoint
SG-64000

Cisco
Firepower 9300

Juniper
SRX5800

ファイアウォール

1.89 Tbps

682 Gbps

3倍

880 Gbps

168 Gbps

1 Tbps

IPsec VPN

630 Gbps

241 Gbps

2.6倍

328 Gbps

323 Gbps

81 Gbps

230 Gbps

脅威保護

520 Gbps

305 Gbps

2倍

430 Gbps

180 Gbps

SSLインスペクション

540 Gbps

28 Gbps

19倍

28 Gbps

同時セッション

10億

2億 3100万

4倍

4億 1600万

1億 1040万

6000万

3億 3800万

接続数 / 秒

900万

458万

2倍

600万

492万

110万

630万

注1: FortiGate 7121F(カード10枚、サポートなし)
注2:DPCとNPCのカードの「最適な組み合わせ」に基づく結果(サービスとサポートなし)
注3:SM 56カードを3枚使用した任意の設定で計算
注4:フル装備のRX5800(SPC x7、IOC4- SRX5K-IOC4-MRAT x3、SRX5K-MPC3-100G10G x1 、 RX5K-IOC4-10G x1)で計算

お客様の声
「5Gによる企業の変革と革新は重要ですが、5Gのユースケースを実現するには5G対応のOT / IIoTデバイスから5Gネットワークや業界固有の制御システム、アプリケーション、ツールまで、多様なコンポーネントとステークホルダーで構成される相互接続した大規模なエコシステムが必要です。エンドツーエンドのセキュリティの可視化、自動化、適用は業界における5G採用の推進と5Gによる効果的な変革には不可欠です」
- ABB社、サイバーセキュリティ責任者、Bart de Wijs氏

フォーティネットプロダクト担当エグゼクティブバイスプレジデント兼CMO、John Maddison(ジョン・マディソン)は次のように述べています。「フォーティネットは5Gのセキュリティポートフォリオ開発に多額の投資を行ってきました。その結果、世界最速の次世代ファイアウォール(NGFW)に加え、ワイヤレスとインターネットインタフェースの保護と現在のベンチマークの10倍のパフォーマンスも実現しました。また、5G対応の新しいFortiExtenderは豊富なWAN接続オプションを備え、FortiGateのSD-WANポリシーエンジンに完全に統合することができます」

フォーティネットについて

フォーティネット(NASDAQ: FTNT)は、世界中の大手企業、サービスプロバイダ、そして政府機関を守っています。フォーティネットは、拡大するアタックサーフェス(攻撃対象領域)に対するシームレスな保護とインテリジェンスを提供し、外部との明確な境界が消滅したネットワークでの、増え続けるパフォーマンスの条件に応じるパワーで、現在もまた将来も、お客様に貢献します。ネットワーク上でも、アプリケーションやクラウド、またはモバイル環境であっても、妥協することなく、極めて重大なセキュリティ上の問題に対応するセキュリティを提供できるのはフォーティネットのセキュリティ ファブリックのアーキテクチャだけです。フォーティネットは世界で最も多くのセキュリティアプライアンスを出荷し、世界500,000以上のお客様がビジネスを守るためにフォーティネット に信頼を寄せています。フォーティネットのネットワークセキュリティエキスパート(NSE)インスティチュートは、テクノロジーカンパニーとしても、ラーニングカンパニーとしても、業界で最大規模かつ広範なサイバーセキュリティのトレーニングプログラムを提供しています。

フォーティネットジャパンについては、fortinet.com/jp をご覧ください。

 

Copyright© 2021 Fortinet, Inc. All rights reserved. 「®」および「™」マークはいずれも、Fortinet, Inc.とその子会社および関連会社の米国における登録商標および未登録商標であることを示します。フォーティネットの商標には、Fortinet、FortiGate、FortiGuard、FortiCare、FortiManager、FortiAnalyzer、FortiOS、FortiADC、FortiAP、FortiAppMonitor、FortiASIC、FortiAuthenticator、FortiBridge、FortiCache、FortiCamera、FortiCASB、FortiClient、FortiCloud、FortiConnect、FortiController、FortiConverter、FortiDB、FortiDDoS、FortiExplorer、FortiExtender、FortiFone、FortiCarrier、FortiHypervisor、FortiIsolator、FortiMail、FortiMonitor、FortiNAC、FortiPlanner、FortiPortal、FortiPresence、FortiProxy、FortiRecorder、FortiSandbox、FortiSIEM、FortiSwitch、FortiTester、FortiToken、FortiVoice、FortiWAN、FortiWeb、FortiWiFi、FortiWLC、FortiWLCOS、FortiWLMなどが含まれますが、これらに限定されるものではありません。その他の製品名およびサービス名等は、各社の商標である場合があります。フォーティネットは、本プレスリリース内の第三者に帰する声明、認可またはテストについては、検証を行っておらず、また、このような第三者に帰する声明を承認するものではありません。本プレスリリースは、保証または債務保証、または契約として一切拘束を受けるものではなく、記載された製品仕様または製品性能は、ある特定の環境や条件のもとで計測されていることがあります。また、本プレスリリースには、将来の見通しに関して不確実性および仮説を伴う記述が含まれている場合がありますが、本不確実性が現実になったり、あるいは本仮説が正しくないことが判明したりする場合、明文的あるいは暗黙的に記述された内容と異なる結果が生じることがあります。これには、サイバー犯罪活動の動向予測に関する記述などが含まれますが、これに限定されるものではありません。このような動向は予測することが困難であり、また、このような動向に関する公開予測や期待事項は結果として正しくないことがあります。フォーティネットは、このような将来見通しを改正する義務を一切負うものではなく、また改正を発行することもありません。