Skip to content Skip to navigation Skip to footer

ニュースリリース

フォーティネット、PGAツアー「フォーティネット チャンピオンシップ」に世界のトッププレーヤーとテクノロジーリーダーを集め、セキュリティサミットを開催

フォーティネットはPGAツアーのフォーティネット チャンピオンシップとパートナーを組み、最新のサイバーセキュリティのイノベーションと、サイバーセキュリティのスキルギャップを解消し、地域社会を支援するための取り組みを紹介

フォーティネットジャパン株式会社 - 2021年9月2日


サイバーセキュリティの世界的リーダーで、幅広い適用領域で(Broad)システム連携し(Integrated)自動化された(Automated)ソリューションを提供するフォーティネット(Fortinet®)は、来る「Fortinet Championship(フォーティネット チャンピオンシップ)」の一環として、いくつかの取り組みを発表しました。このプレミアイベントは、2021年から22年のPGAツアーシーズンのキックオフとなるもので、2021年9月13日から19日まで、カリフォルニア州ナパのシルバラードリゾート&スパで開催されます。 フォーティネットは、あらゆる場所で、人とデバイス、データの安全を守るというミッションのもと、世界最高のゴルファーと、お客様やパートナーのコミュニティを含むテクノロジーリーダーを一つのフォーラムに集め、最新のセキュリティイノベーションやネットワークのトレンドについて議論します。 フォーティネットは、最も革新的で高性能なセキュリティ ファブリック プラットフォームを提供し、企業のITインフラのセキュリティ確保と簡素化を支援しています。

フォーティネット チャンピオンシップ セキュリティサミット & テクノロジーベンダーエキスポ

セキュリティサミットでは、ゼロトラスト、クラウドからブランチまでをカバーするエンタープライズSD-WAN、SASEなどの新たな技術、そしてテレワークのトピックなど、ソートリーダーシップインサイトを終日提供します。また、フォーティネット チャンピオンシップの参加者は、AT&T、Amazon Web Services、CDW、Comcast Business、Tufin、World Wide Technology(WWT)など、35社以上のパートナー企業が参加するテクノロジーベンダーエキスポにもアクセスできます。

フォーティネット チャンピオンシップ セキュリティサミットの参加者向けセッションの一覧は、こちらからご覧いただけます。

https://events.fortinet.com/fortinetchampionship

 

包括的なサイバーセキュリティ人材の育成 

フォーティネット チャンピオンシップは、世界的なブランドであり、慈善活動のグローバルリーダーであるPGAツアーと連携し、ベイエリアの非営利団体や地元ナパバレーのコミュニティにポジティブな影響を与えることを期待しています。PGAツアーでは、ほぼすべてのトーナメントが非営利団体として組織されており、これまでにすべてのツアーのトーナメントで32億ドル以上の収益を上げています。フォーティネットは、フォーティネット チャンピオンシップの収益を、STEM、インクルージョンと多様性、および退役軍人の再就職支援プログラムの分野における非営利団体のために指定しています。 これらのプログラムや、NSE(ネットワークセキュリティエキスパート)のトレーニングを無料で提供するフォーティネットのTAAイニシアチブ、セキュリティアカデミー、退役軍人プログラムなどのプログラムは、サイバーセキュリティのスキルギャップを解消するのに役立っています。フォーティネットの退役軍人プログラムを通じて、フォーティネットは2013年以来、2,000人以上の退役軍人および軍人の配偶者がサイバーセキュリティ分野のキャリアに移行するのを支援してきました。

今日のリーダーのためのプロアクティブなサイバーセキュリティ戦略

また、参加者には、セキュリティサミットのパネリストであるフォーティネットの副CISO、Renee Tarun(レネー・ターン)が執筆に携わった公開前の書籍「Fighting Fire with Fire」を差し上げます。「Fighting Fire with Fire」には、サイバーセキュリティ分野で最も実績のある女性CISOやリーダーたちが寄稿し、その知識と経験を共有して、サイバーセキュリティリーダーのための「本質的なサバイバルガイド」として、積極的なサイバーセキュリティ戦略を提供しています。

 

PGAツアー プレジデントのTyler Dennis(タイラー・デニス)は次のように述べています。
「フォーティネットがPGAツアーファミリーの一員となることを大変うれしく思います。 フォーティネット チャンピオンシップは2021-22年のFedExCupレギュラーシーズンの幕開けとなりますが、ナパバレーのコミュニティに最大限のチャリティ効果をもたらすよう、フォーティネットがイベントの発展に貢献してくれることを楽しみにしています」

フォーティネットのプロダクト担当エグゼクティブバイスプレジデント兼CMO、John Maddison(ジョン・マディソン)は次のように述べています。
「2021年から2022年のFedExCupレギュラーシーズンの幕開けとなる、初のフォーティネット チャンピオンシップ イベントとセキュリティサミットに期待を寄せています。フォーティネットは、業界で最も優れた人材を結集し、今日最も差し迫ったサイバーセキュリティの課題にダブルダウンで取り組みます。 さらに、フォーティネット チャンピオンシップでは、PGAツアーの慈善活動を今年も開始します。その収益は、サイバーセキュリティのスキルギャップを解消し、インクルージョンとダイバーシティを実現した職場を構築するというフォーティネットのビジョンを共有する地元の非営利団体を支援します。 これらの取り組みは、あらゆる場所で、人とデバイス、データの安全を守ることにより、組織が常に信頼できるデジタル世界を実現するというフォーティネットのビジョンをさらに推し進めるものです」

フォーティネット チャンピオンシップの詳細については、https://www.fortinetchampionship.com/ をご覧ください。

 

フォーティネットについて

フォーティネット(NASDAQ: FTNT)は、世界中の大手企業、サービスプロバイダ、そして政府機関を守っています。フォーティネットは、拡大するアタックサーフェス(攻撃対象領域)に対するシームレスな保護とインテリジェンスを提供し、外部との明確な境界が消滅したネットワークでの、増え続けるパフォーマンスの条件に応じるパワーで、現在もまた将来も、お客様に貢献します。ネットワーク上でも、アプリケーションやクラウド、またはモバイル環境であっても、妥協することなく、極めて重大なセキュリティ上の問題に対応するセキュリティを提供できるのはフォーティネットのセキュリティ ファブリックのアーキテクチャだけです。フォーティネットは世界で最も多くのセキュリティアプライアンスを出荷し、世界530,000以上のお客様がビジネスを守るためにフォーティネット に信頼を寄せています。フォーティネットのネットワークセキュリティエキスパート(NSE)インスティチュートは、テクノロジーカンパニーとしても、ラーニングカンパニーとしても、業界で最大規模かつ広範なサイバーセキュリティのトレーニングプログラムを提供しています。

フォーティネットジャパンについては、fortinet.com/jp をご覧ください。

Copyright© 2021 Fortinet, Inc. All rights reserved. 「®」および「™」マークはいずれも、Fortinet, Inc.とその子会社および関連会社の米国における登録商標および未登録商標であることを示します。フォーティネットの商標には、Fortinet、FortiGate、FortiGuard、FortiCare、FortiManager、FortiAnalyzer、FortiOS、FortiADC、FortiAP、FortiAppMonitor、FortiASIC、FortiAuthenticator、FortiBridge、FortiCache、FortiCamera、FortiCASB、FortiClient、FortiCloud、FortiConnect、FortiController、FortiConverter、FortiDB、FortiDDoS、FortiExplorer、FortiExtender、FortiFone、FortiCarrier、FortiHypervisor、FortiIsolator、FortiMail、FortiMonitor、FortiNAC、FortiPlanner、FortiPortal、FortiPresence、FortiProxy、FortiRecorder、FortiSandbox、FortiSIEM、FortiSwitch、FortiTester、FortiToken、FortiVoice、FortiWAN、FortiWeb、FortiWiFi、FortiWLC、FortiWLCOS、FortiWLMなどが含まれますが、これらに限定されるものではありません。その他の製品名およびサービス名等は、各社の商標である場合があります。フォーティネットは、本プレスリリース内の第三者に帰する声明、認可またはテストについては、検証を行っておらず、また、このような第三者に帰する声明を承認するものではありません。本プレスリリースは、保証または債務保証、または契約として一切拘束を受けるものではなく、記載された製品仕様または製品性能は、ある特定の環境や条件のもとで計測されていることがあります。また、本プレスリリースには、将来の見通しに関して不確実性および仮説を伴う記述が含まれている場合がありますが、本不確実性が現実になったり、あるいは本仮説が正しくないことが判明したりする場合、明文的あるいは暗黙的に記述された内容と異なる結果が生じることがあります。これには、サイバー犯罪活動の動向予測に関する記述などが含まれますが、これに限定されるものではありません。このような動向は予測することが困難であり、また、このような動向に関する公開予測や期待事項は結果として正しくないことがあります。フォーティネットは、このような将来見通しを改正する義務を一切負うものではなく、また改正を発行することもありません。