Skip to content Skip to navigation Skip to footer

ニュースリリース

フォーティネット、2021年のガートナー社のエンタープライズ向け有線 / 無線LANインフラストラクチャについてのマジック・クアドラントでビジョナリーの1社として評価を受ける

AIや機械学習機能、内蔵のNAC機能などを統合したフォーティネットのLANエッジソリューションがデジタルイノベーションをサポート

フォーティネットジャパン株式会社 - 2021年12月17日


サイバーセキュリティの世界的リーダーで、幅広い適用領域で(Broad)システム連携し(Integrated)自動化された(Automated)ソリューションを提供するフォーティネット(Fortinet®)は、2021年のガートナー社「エンタープライズ向け有線 / 無線LANインフラストラクチャについてのマジック・クアドラント」で、2年連続でビジョナリーの1社として評価されました。

今回の認識は、内蔵のネットワークアクセス制御(NAC)、人工知能(AI)や機械学習(ML)を使用した統合型の幅広いセキュリティとシンプルな管理など、一連の強力な機能を備えたインテリジェントなローカルエリアネットワーク(LAN)エッジソリューションを顧客に提供できたことが理由の一部だと私たちは考えています。フォーティネットでは、セキュリティ ドリブン ネットワーキングのアプローチを採用したLANエッジソリューションを顧客に提供しています。企業や組織は、自身のネットワークインフラストラクチャとセキュリティアーキテクチャを密接に統合することで、デジタルイノベーションの新たな成果の実現が容易になるほか、IT部門は、一般的なネットワーク問題の対応に時間を費やすのではなく、戦略的なイニシアチブに注力することができます。

豊富な機能を備えるフォーティネットのLANエッジソリューション

フォーティネットのLANエッジソリューションを利用することで、お客様は以下のメリットを実現できます。

  • 強力なセキュリティとTCOの低減:フォーティネットのLANエッジソリューションの主要な機能はすべて、追加ライセンスなしでFortiGate次世代ファイアウォールにバンドルされており、TCO全般を削減するとともにオーバレイを軽減し、セキュリティとネットワークの可視性を向上させます。追加ライセンスや追加コストなしでLANエッジの管理が可能で、ネットワークアクセス制御(NAC)機能も高額なライセンスを追加することなく有効化して活用できます。
  • 管理の簡素化:フォーティネットのLANエッジソリューションは、単一の管理プラットフォームであるフォーティネットファブリックマネジメントセンターを利用して、LANやネットワークセキュリティの管理を簡素化します。
  • パフォーマンスの向上:フォーティネットのLANエッジソリューションは、AIを活用してLAN管理とセキュリティ機能をFortiGateアプライアンスに一元化することで、LANの複雑さを軽減します。複雑なLANネットワークも単一ビューで表示することが可能で、ITチームは確実にネットワークの障害を減らし、全体的なパフォーマンスを向上させることができます。
  • フォーティネット セキュリティ ファブリックとのシームレスな統合:フォーティネット セキュリティ ファブリックは業界最高のパフォーマンスを誇るサイバーセキュリティメッシュプラットフォームであり、すべてのネットワークエッジで情報を共有することで、LANからWAN、クラウドまで、ネットワークの包括的なビューを提供するほか、インテリジェントな管理と人工知能によって、幅広いデータを活用した情報に基づく意思決定を可能にします。
フォーティネットは成熟した市場において継続的にイノベーションに取り組んでいます。フォーティネットのLANエッジソリューションが傑出しているのは、ライセンスではなく機能を重視し、セキュリティバイデザインや内蔵のインテリジェンスによるプラットフォーム統合を通して、デジタルイノベーションの要件に対応することにフォーカスした結果だと私たちは考えています。
 
フォーティネットのプロダクト担当エグゼクティブバイスプレジデント兼CMO、John Maddison(ジョン・マディソン)は次のように述べています。
「フォーティネットのLANエッジソリューションは、セキュリティ ドリブン ネットワーキングのアプローチを採用しており、堅牢なセキュリティ機能と、AIや機械学習によるシンプルな管理を備え、お客様のデジタルイノベーションのイニシアチブをサポートします。エンタープライズ向け有線 / 無線LANインフラストラクチャについてのマジック・クアドラントにおいて、2年連続でビジョナリーの1社としての評価を受けたことは、フォーティネットによるイノベーションの推進、テクノロジーサイロの解消、およびインテリジェントな統合型ネットワーク / セキュリティソリューションの提供に対する継続的な取り組みを証明するものだと私たちは考えています」
 

出典:Gartner, Magic Quadrant for Enterprise Wired and Wireless LAN Infrastructure, Mike Toussaint et al., 15 Nov 2021

ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高のレーティング又はその他の評価を得たベンダーのみを選択するようにテクノロジーユーザーに助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチ&アドバイザリの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の責任を負うものではありません。

GartnerおよびMagic Quadrantは、Gartner, Inc. または関連会社の米国およびその他の国における登録商標およびサービスマークであり、同社の許可に基づいて使用しています。All rights reserved.

関連リンク
ガートナー社「エンタープライズ向け有線 / 無線LANインフラストラクチャについてのマジック・クアドラント」レポートダウンロード

ブログ「フォーティネット、2021年のガートナー社「エンタープライズ向け有線 / 無線LANインフラストラクチャについてのマジック・クアドラント」で、ビジョナリーの1社に2年連続で位置付けられる」

フォーティネットについて (www.fortinet.com)

フォーティネット(NASDAQ: FTNT)は、世界中の大手企業、サービスプロバイダ、そして政府機関を守っています。フォーティネットは、拡大するアタックサーフェス(攻撃対象領域)に対するシームレスな保護とインテリジェンスを提供し、外部との明確な境界が消滅したネットワークでの、増え続けるパフォーマンスの条件に応じるパワーで、現在もまた将来も、お客様に貢献します。ネットワーク上でも、アプリケーションやクラウド、またはモバイル環境であっても、妥協することなく、極めて重大なセキュリティ上の問題に対応するセキュリティを提供できるのはフォーティネットのセキュリティ ファブリックのアーキテクチャだけです。フォーティネットは世界で最も多くのセキュリティアプライアンスを出荷し、世界550,000以上のお客様がビジネスを守るためにフォーティネット に信頼を寄せています。フォーティネットのネットワークセキュリティエキスパート(NSE)インスティチュートは、テクノロジーカンパニーとしても、ラーニングカンパニーとしても、業界で最大規模かつ広範なサイバーセキュリティのトレーニングプログラムを提供しています。

 

フォーティネットジャパンについては、fortinet.com/jp をご覧ください。

Copyright© 2021 Fortinet, Inc. All rights reserved. 「®」および「™」マークはいずれも、Fortinet, Inc.とその子会社および関連会社の米国における登録商標および未登録商標であることを示します。フォーティネットの商標には、Fortinet、FortiGate、FortiGuard、FortiCare、FortiManager、FortiAnalyzer、FortiOS、FortiADC、FortiAP、FortiAppMonitor、FortiASIC、FortiAuthenticator、FortiBridge、FortiCache、FortiCamera、FortiCASB、FortiClient、FortiCloud、FortiConnect、FortiController、FortiConverter、FortiDB、FortiDDoS、FortiExplorer、FortiExtender、FortiFone、FortiCarrier、FortiHypervisor、FortiIsolator、FortiMail、FortiMonitor、FortiNAC、FortiPlanner、FortiPortal、FortiPresence、FortiProxy、FortiRecorder、FortiSandbox、FortiSIEM、FortiSwitch、FortiTester、FortiToken、FortiVoice、FortiWAN、FortiWeb、FortiWiFi、FortiWLC、FortiWLCOS、FortiWLMなどが含まれますが、これらに限定されるものではありません。その他の製品名およびサービス名等は、各社の商標である場合があります。フォーティネットは、本プレスリリース内の第三者に帰する声明、認可またはテストについては、検証を行っておらず、また、このような第三者に帰する声明を承認するものではありません。本プレスリリースは、保証または債務保証、または契約として一切拘束を受けるものではなく、記載された製品仕様または製品性能は、ある特定の環境や条件のもとで計測されていることがあります。また、本プレスリリースには、将来の見通しに関して不確実性および仮説を伴う記述が含まれている場合がありますが、本不確実性が現実になったり、あるいは本仮説が正しくないことが判明したりする場合、明文的あるいは暗黙的に記述された内容と異なる結果が生じることがあります。これには、サイバー犯罪活動の動向予測に関する記述などが含まれますが、これに限定されるものではありません。このような動向は予測することが困難であり、また、このような動向に関する公開予測や期待事項は結果として正しくないことがあります。フォーティネットは、このような将来見通しを改正する義務を一切負うものではなく、また改正を発行することもありません。