ネットワンパートナーズとフォーティネットがディストリビュータ契約を締結

~5G / マルチクラウド / データセンター / IoTから、WANエッジ / LANエッジ / エンドポイントまで、DXを実現するフォーティネットのサイバーセキュリティ プラットフォーム「セキュリティ ファブリック」を提供~

フォーティネットジャパン株式会社 / ネットワンパートナーズ株式会社 - 2020年10月1日


ネットワンパートナーズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:田中 拓也。以下、ネットワンパートナーズ)とFortinet, Inc.(本社:米国カリフォルニア州。以下、フォーティネット)は、9月にディストリビュータ契約を締結しました。

これに伴いネットワンパートナーズは、フォーティネットが日本市場で展開する広範な製品ポートフォリオを、10月よりパートナー企業経由で順次販売開始します。

近年、企業・組織がクラウド / エッジ、IoT / 5G、テレワーク / 働き方改革などのデジタルトランスフォーメーション(DX)を進める中、守るべき攻撃対象領域が広がっています。

これに対応するため、ネットワークセキュリティの領域では、より幅広い範囲の可視化、システム同士の統合・連携、AIも活用したセキュリティ運用の自動化が新たに求められています。

フォーティネットのセキュリティ ファブリックは、DXを実現するサイバーセキュリティ プラットフォームであり、豊富な製品ポートフォリオにより、IoTからクラウドまでのネットワーク全体をセグメント化することで、高度な脅威に対する優れた保護機能を提供します。以下のようなセキュリティ ファブリックのソリューションで、拡大する攻撃対象領域から企業や組織を保護しDXの実現を支援します。

  • ハイパースケール・データセンター
  • IoT / OTセキュリティ
  • ダイナミック・マルチクラウド・セキュリティ
  • セキュアSD-WAN、セキュアSDブランチ
  • AIドリブン・セキュリティ
  • SECaaS(Security-as-a-Service)

ネットワンパートナーズは、これらの製品ポートフォリオ・ソリューションにおいて、高度な技術サポート及び全国を対象とした保守サービスをパートナー企業に提供します。さらに、豊富なICT基盤製品も同時に取り扱うことで、包括的にパートナー企業を支援可能です。

両社の協業によってパートナー企業は、自社のDXソリューションに広範かつ効果的なネットワークセキュリティ機能を組み込み可能となり、エンドユーザ企業・組織のDX実現に向けた独自ソリューションを提供可能になります。

■ 両社のコメント

ネットワンパートナーズ株式会社 代表取締役 社長執行役員 田中拓也
「DXの実現に向けて、お客様はシンプルかつ効果的なセキュリティ対策を強く望まれています。フォーティネットの高い技術力は、豊富なセキュリティ機能と高いスループット性能を1台で実現する旗艦製品『FortiGate』に代表されるように、セキュリティとコストパフォーマンスに優れた製品を実現しています。ネットワンパートナーズの高度な技術サポートと全国をカバーする保守サービスを交えて提供することで、パートナー企業のセキュリティビジネス拡大を強く支援します。」

フォーティネットジャパン株式会社 社長執行役員 久保田則夫
「この度の両社の協業は重要な意味を持ちます。ネットワンパートナーズは非常に高いネットワークセキュリティの技術を有しており、お客様への提案からサポートまで多くのパートナー企業を手厚く支援いただくことは、非常に強力な販売パートナーを得たことになります。弊社のセキュリティ ファブリックを拡販いただくことで、両社で協力して日本のお客様のDX実現を支援してまいります。」

※  記載されている社名や製品名は、各社の商標または登録商標です
 

ネットワンパートナーズ株式会社について

ネットワンパートナーズ株式会社は、パートナー企業との協業ビジネスに特化し、高付加価値を提供する「先端ITディストリビュータ」として、世界最先端のICT基盤製品を高度な技術サポートと高い製品品質とともに提供しています。ネットワンシステムズ株式会社のグループ会社として、ネットワングループ全体における新規商材の発掘や新規事業の開発も担っています。
詳細は https://www.netone-pa.co.jp をご覧ください。

 

Fortinet, Inc. について (www.fortinet.com)

フォーティネット(NASDAQ: FTNT)は、世界中の大手企業、サービスプロバイダ、そして政府機関を守っています。フォーティネットは、拡大するアタックサーフェス(攻撃対象領域)に対するシームレスな保護とインテリジェンスを提供し、外部との明確な境界が消滅したネットワークでの、増え続けるパフォーマンスの条件に応じるパワーで、現在もまた将来も、お客様に貢献します。ネットワーク上でも、アプリケーションやクラウド、またはモバイル環境であっても、妥協することなく、極めて重大なセキュリティ上の問題に対応するセキュリティを提供できるのはフォーティネットのセキュリティ ファブリックのアーキテクチャだけです。フォーティネットは世界で最も多くのセキュリティアプライアンスを出荷し、世界465,000以上のお客様がビジネスを守るためにフォーティネット に信頼を寄せています。
詳細は fortinet.com/jp をご覧ください。

Copyright© 2020 Fortinet, Inc. All rights reserved. 「®」および「™」マークはいずれも、Fortinet, Inc.とその子会社および関連会社の米国における登録商標および未登録商標であることを示します。フォーティネットの商標には、Fortinet、FortiGate、FortiGuard、FortiCare、FortiManager、FortiAnalyzer、FortiOS、FortiADC、FortiAP、FortiAppMonitor、FortiASIC、FortiAuthenticator、FortiBridge、FortiCache、FortiCamera、FortiCASB、FortiClient、FortiCloud、FortiConnect、FortiController、FortiConverter、FortiDB、FortiDDoS、FortiExplorer、FortiExtender、FortiFone、FortiCarrier、FortiHypervisor、FortiIsolator、FortiMail、FortiMonitor、FortiNAC、FortiPlanner、FortiPortal、FortiPresence、FortiProxy、FortiRecorder、FortiSandbox、FortiSIEM、FortiSwitch、FortiTester、FortiToken、FortiVoice、FortiWAN、FortiWeb、FortiWiFi、FortiWLC、FortiWLCOS、FortiWLMなどが含まれますが、これらに限定されるものではありません。その他の製品名およびサービス名等は、各社の商標である場合があります。フォーティネットは、本プレスリリース内の第三者に帰する声明、認可またはテストについては、検証を行っておらず、また、このような第三者に帰する声明を承認するものではありません。本プレスリリースは、保証または債務保証、または契約として一切拘束を受けるものではなく、記載された製品仕様または製品性能は、ある特定の環境や条件のもとで計測されていることがあります。また、本プレスリリースには、将来の見通しに関して不確実性および仮説を伴う記述が含まれている場合がありますが、本不確実性が現実になったり、あるいは本仮説が正しくないことが判明したりする場合、明文的あるいは暗黙的に記述された内容と異なる結果が生じることがあります。これには、サイバー犯罪活動の動向予測に関する記述などが含まれますが、これに限定されるものではありません。このような動向は予測することが困難であり、また、このような動向に関する公開予測や期待事項は結果として正しくないことがあります。フォーティネットは、このような将来見通しを改正する義務を一切負うものではなく、また改正を発行することもありません。