フォーティネットジャパン、「Interop Tokyo 2020」Best of Show Award セキュリティ部門でFortiGate 1800FとFortiSOARがグランプリを受賞

フォーティネットジャパン株式会社 - 2020年6月11日


幅広い適用領域で(Broad)システム連携し(Integrated)自動化された(Automated)サイバーセキュリティソリューションの世界的リーダーであるフォーティネット(Fortinet®)は本日、4月13日から6月30日までオンライン開催中の国内最大級のネットワーク関連イベント「Interop Tokyo 2020」において「Best of Show Award」のセキュリティ部門で、フォーティネットジャパンが2つの製品でグランプリを受賞しましたことを発表しました。

栄えあるグランプリを受賞したのは、FortiGate次世代ファイアウォール のハイエンドモデルFortiGate 1800Fとセキュリティのオーケストレーション、自動化(オートメーション)、レスポンス(SOAR: Security Orchestration Automation and Response)の新製品FortiSOARです。

      

セキュリティ部門 グランプリ受賞
FortiGate 1800F
セキュリティ部門 グランプリ受賞
FortiSOAR

FortiGate 1800Fは、大規模エンタープライズやサービスプロバイダー向けに高性能の次世代ファイアウォール(NGFW)機能を提供します。複数の高速インタフェースを高密度実装し、高スループットを実現するFortiGate  1800Fシリーズは、エンタープライズのエッジ、ハイブリッド  /  ハイパースケールのデータセンターコア、および内部セグメントへの配備に理想的です。業界最先端のIPS、SSLインスペクション、高度な脅威保護機能を活用し、最適なネットワークパフォーマンスを実現します。フォーティネットのセキュリティドリブンネットワーキングのアプローチにより、新世代のサイバーセキュリティソリューションとの安全な統合が可能です。

FortiSOARは、SOCチーム向けに設計された、セキュリティのオーケストレーション、自動化(オートメーション)、レスポンス(SOAR)の包括的なワークベンチとして、増え続ける大量のアラート、手作業での反復的プロセス、リソース不足への効率的な対応を可能にします。特許取得済のカスタマイズ可能なこのセキュリティオペレーションプラットフォームによって、プレイブックとインシデントのトリアージの自動化、そして攻撃の識別、防御、対抗によるリアルタイムの減災が可能になります。FortiSOARは、300以上のセキュリティプラットフォームと3,000以上のアクションとのシームレスな統合により、SOCチームの生産性を最適化します。その結果、迅速なレスポンスと無駄のない隔離が可能になり、減災の時間が数時間から数秒へと短縮されます。

Interop Tokyo の「Best of Show Award」は、出展企業各社からエントリーされた新製品を、有力メディア各社のキーマンと、学術界の識者によって編成される審査委員会が厳選なる審査を行い「グランプリ」「準グランプリ」「審査員特別賞」を選定するものです。

審査員コメント

<FortiGate 1800F>
独自の新チップ「NP7」の採用により、高密度なハードウェアでVXLANやElephant flowなど含め、ファイアウォールで高いスループットを実現し、DDoS攻撃に対してもCPUへの負荷なく緩和できる点など、時代に即した着実な性能向上が評価されました。先進的なネットワーク技術が集結する「Interop Tokyo」らしさを備えた新製品であり、栄誉を称えてBest of Show Award 2020セキュリティ部門のグランプリを贈ります。

<FortiSOAR>
作業負荷の集中やノウハウの属人化など、SOC や CSIRT などセキュリティ運用の現場第一線のきわめて人間的な課題を、新技術でではなく既存技術を組み合わせ、豊富なマルチベンダ連携によって業務の自動化や標準化を行うことで解決する姿勢の新しさと、コスト面での優位性などバランスの良さを評価しました。製品解説やデモのわかりやすさと的確さも重要な評価ポイントとなりました。今後の SOAR 分野発展への貢献の期待を込めて Best of Show Award 2020 セキュリティ部門 グランプリを贈ります。

 

関連リンク
FortiGate: 次世代ファイアウォール(NGFW) 
FortiSOAR
Interop Tokyo 2020

フォーティネットについて (www.fortinet.com)

フォーティネット(NASDAQ: FTNT)は、世界中の大手企業、サービスプロバイダ、そして政府機関を守っています。フォーティネットは、拡大するアタックサーフェス(攻撃対象領域)に対するシームレスな保護とインテリジェンスを提供し、外部との明確な境界が消滅したネットワークでの、増え続けるパフォーマンスの条件に応じるパワーで、現在もまた将来も、お客様に貢献します。ネットワーク上でも、アプリケーションやクラウド、またはモバイル環境であっても、妥協することなく、極めて重大なセキュリティ上の問題に対応するセキュリティを提供できるのはフォーティネットのセキュリティ ファブリックのアーキテクチャだけです。フォーティネットは世界で最も多くのセキュリティアプライアンスを出荷し、世界455,000以上のお客様がビジネスを守るためにフォーティネット に信頼を寄せています。フォーティネットのネットワークセキュリティエキスパート(NSE)インスティチュートは、テクノロジーカンパニーとしても、ラーニングカンパニーとしても、業界で最大規模かつ広範なサイバーセキュリティのトレーニングプログラムを提供しています。

 

フォーティネットジャパンについては、fortinet.com/jp をご覧ください。

Copyright© 2020 Fortinet, Inc. All rights reserved. 「®」および「™」マークはいずれも、Fortinet, Inc.とその子会社および関連会社の米国における登録商標および未登録商標であることを示します。フォーティネットの商標には、Fortinet、FortiGate、FortiGuard、FortiCare、FortiManager、FortiAnalyzer、FortiOS、FortiADC、FortiAP、FortiAppMonitor、FortiASIC、FortiAuthenticator、FortiBridge、FortiCache、FortiCamera、FortiCASB、FortiClient、FortiCloud、FortiConnect、FortiController、FortiConverter、FortiDB、FortiDDoS、FortiExplorer、FortiExtender、FortiFone、FortiCarrier、FortiHypervisor、FortiIsolator、FortiMail、FortiMonitor、FortiNAC、FortiPlanner、FortiPortal、FortiPresence、FortiProxy、FortiRecorder、FortiSandbox、FortiSIEM、FortiSwitch、FortiTester、FortiToken、FortiVoice、FortiWAN、FortiWeb、FortiWiFi、FortiWLC、FortiWLCOS、FortiWLMなどが含まれますが、これらに限定されるものではありません。その他の製品名およびサービス名等は、各社の商標である場合があります。フォーティネットは、本プレスリリース内の第三者に帰する声明、認可またはテストについては、検証を行っておらず、また、このような第三者に帰する声明を承認するものではありません。本プレスリリースは、保証または債務保証、または契約として一切拘束を受けるものではなく、記載された製品仕様または製品性能は、ある特定の環境や条件のもとで計測されていることがあります。また、本プレスリリースには、将来の見通しに関して不確実性および仮説を伴う記述が含まれている場合がありますが、本不確実性が現実になったり、あるいは本仮説が正しくないことが判明したりする場合、明文的あるいは暗黙的に記述された内容と異なる結果が生じることがあります。これには、サイバー犯罪活動の動向予測に関する記述などが含まれますが、これに限定されるものではありません。このような動向は予測することが困難であり、また、このような動向に関する公開予測や期待事項は結果として正しくないことがあります。フォーティネットは、このような将来見通しを改正する義務を一切負うものではなく、また改正を発行することもありません。