フォーティネット、セキュアSD-WANが全世界21,000社超で採用、最大100,000拠点の集中管理が可能な点が評価

SD-WANに対するフォーティネットのセキュリティ ドリブン ネットワーキングのアプローチにより、WANエッジトランスフォーメーションの支援がさらに躍進

フォーティネットジャパン株式会社 - 2020年1月10日


幅広い適用領域で(Broad)システム連携し(Integrated)自動化された(Automated)サイバーセキュリティソリューションの世界的リーダーであるフォーティネット(Fortinet®、NASDAQ: FTNT)は本日、さまざまな業界や業種の顧客がフォーティネットのセキュアSD-WANを採用し、全世界で21,000社を超える導入実績を達成したことを発表しました。SD-WANに対するフォーティネットのセキュリティ ドリブン ネットワーキングのアプローチは、エンタープライズグレードのSD-WAN、高度なセキュリティ、高度なルーティングをシームレスに統合して提供します。これによってお客様のWANエッジが近代化され、最大100,000のSD-WANサイトのサポートを実現するFortiManagerのオーケストレーションが活用可能となり、デジタルイノベーションの目標達成を支援します。

サイバーセキュリティは、SD-WANソリューションを採用する企業にとって、戦略的ビジネスにおける最も気掛かりな問題となっています。この問題を解決するため、次世代ファイアウォールセキュリティとSD-WAN機能が密接に統合されたソリューションを検討する組織が世界中で増えています。ガートナーの最新のネットワークファイアウォールについてのマジック・クアドラントでは、「クラウドベースのサービスの採用拡大に伴い、2024年までに拠点が分散する企業が購入する新しいファイアウォールの50%でSD-WAN機能が利用され、これは現在の20%未満からの増加となる」1 と予測されています。

フォーティネットは、すべての機能を備えたSD-WANをFortiGate次世代ファイアウォールで提供しています。フォーティネットのセキュアSD-WANは現在、WANの複雑さとコストの削減を可能にし、アプリケーションエクスペリエンスとセキュリティの向上も同時に実現したいと考える企業を支援する、市場におけるトップソリューションの1つとなりました。大規模なエンタープライズをサポートするため、フォーティネットのセキュアSD-WANは、一元管理を実現するフォーティネットの20年にわたる投資を活用することで最大100,000箇所のSD-WANサイトまでの拡張にも対応し、セキュリティとSD-WANの両方で最も要件の厳しいユースケースのサポートも実現しました。

フォーティネットは、2019年11月のガートナーのアナリスト調査レポート、「WANエッジインフラストラクチャについてのクリティカル・ケイパビリティ」2 の中で、4つあるユースケースのうちの1つ「セキュリティ重視のWAN」のユースケースで最も高いスコアと評価されたほか、「Small/Midsize Enterprise/Regional WAN」「Small Footprint Retail WAN」のWANエッジのユースケースでも3位以内のスコアと発表されています。ガートナーはユーザーに対し、「WANエッジソリューションの採用にあたっては、これらのクリティカルな機能セットを最も重要な条件の一部として検討するよう推奨する」と同レポートの中で述べています。以上の結果から、フォーティネットはセキュアSD-WANのイノベーションに対するフォーカスがさらに際立つことになると確信しています。

フォーティネットのセキュアSD-WANに対するお客様の評価

現在、最大規模のサービスプロバイダー各社をはじめとする、世界中のあらゆる規模、あらゆる業種の21,000社を超える企業が、次のようなビジネスメリットを達成する目的で、フォーティネットのセキュアSD-WANを採用しています。

  • 支社のクラウド対応を実現:フォーティネットのセキュアSD-WANは、支社や他のリモート拠点からクラウドへの最速経路を提供し、お客様が利用するアプリケーションのエクスペリエンスを向上するとともに、すべてのユーザーがクラウドの能力、柔軟性、生産性のメリットを享受可能になります。
  • 運用の簡素化:高度なルーティング、SD-WAN、そして高度なセキュリティ機能を単一の製品で提供することで、運用の簡素化と統合管理を実現します。ゼロタッチプロビジョニングによって複雑性がさらに軽減されるため、数週間単位でなくわずか数分間で新たな支社拠点を展開できます。
  • コストの削減:複数の単機能製品をエンタープライズグレードの単一ソリューションに集約できるため、設備コストを大幅に削減できます。MPLSにブロードバンド接続を追加することによって運用コストが削減されると同時に、NGFW、アンチウイルス、アンチマルウェア、Webフィルタリング、SSLインスペクション(TLS1.3を含む)、サンドボックスなどのフルスタックなセキュリティ機能の統合によって妥協のない確かなセキュリティを実現し、セキュリティ侵害の発生に伴う潜在的なコストを抑えることができます。

世界中のさまざまな業種の21,000社を超えるフォーティネットのお客様から、フォーティネットのセキュアSD-WANについて、次のようなコメントが寄せられています。

「フォーティネットのセキュアSD-WANでは、最速経路で支社をクラウドに接続できるため、最適な通信手段をすべてのユーザーに拡張できるようになりました。フォーティネットのセキュアSD-WANによって、ユーザーエクスペリエンスの向上だけでなく、マルチクラウド環境への効率的な接続も実現しました」
- De Heus Animal Nutrition 情報セキュリティ部門責任者、Dirk van Gelderen氏

「ペルー最大の技術高等教育機関であるSENATIにとって、生徒がどこからでもアプリケーションやリソースにアクセスし、教育目標を達成できるようにすることが重要です。フォーティネットのセキュアSD-WANを採用したのは、学生が必要なリソースにすばやくアクセスできるようになるだけでなく、オンラインでのセキュリティを確保できるためです。フォーティネットのセキュアSD-WANには、ソフトウェアとハードウェアが統合され、帯域幅の使用率の可視性向上と最適化が可能となり、コスト削減につながるというメリットがあります。フォーティネットのチームとの共同作業の結果、統合と移行は極めてシンプルで容易に完了し、セキュリティ最優先のアプローチに基づいて組織の成長に合わせて容易に拡張できるソリューションを導入することができました」
-SENATI 情報テクノロジー担当マネージャー、Willy ZamudioNúñez氏

「フォーティネットのセキュアSD-WANによって、The Paper Storeは、セキュリティ、パフォーマンス、そして拡張性を兼ね備えたソリューションを導入し、クラウドやSaaSアプリケーションのセキュリティ態勢とユーザーエクスペリエンスを大幅に向上させることができました。The Paper Storeは現在、米国北東部に80以上の店舗と3,000人の従業員を抱えており、その数は増え続けています。フォーティネットのセキュアSD-WANであれば、新しい店舗を数か月ではなくわずか数分で展開できるため、時間とコストの削減が大いに期待されます。フォーティネットのソリューションの優れた柔軟性によって、パフォーマンスやセキュリティを損なうことなく新しいサービスをネットワークに統合できるようになりました」
-The Paper Store IT担当ディレクター、Alex Fuchs氏

フォーティネットのプロダクト担当エグゼクティブバイスプレジデント兼CMO John Maddison(ジョン・マディソン)は次のように述べています。「フォーティネットの市場シェアが急速に拡大し、世界中のさまざまな業種のお客様に採用されているという事実は、SD-WANに対するフォーティネットのセキュリティ ドリブン ネットワーキングのアプローチが求められていることを裏付けています。統合型のセキュリティとSD-WANの重要性に対する理解が深まり、フォーティネットのセキュアSD-WANソリューションを採用して複雑さを軽減し、自らの組織のセキュリティ態勢を強化するお客様が増え続けています。SD-WANのリーダー企業であるフォーティネットは、組織のWANエッジにおける最適なユーザーエクスペリエンス、可視化、そしてセキュリティを提供し、デジタルイノベーションの達成を積極的に支援しています」

 

1「ネットワークファイアウォールについてのマジック・クアドラント」、Rajpreet Kaur、Adam Hils、Jeremy D'Hoinne、John Watts共著、ガートナー、2019年9月17日発行 

2「Critical Capabilities for WAN Edge Infrastructure」、Jonathan Forest, Mike Toussaint, Mark Fabbi共著、ガートナー、2019年11月26日発行

 

ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高のレーティング又はその他の評価を得たベンダーのみを選択するように助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

フォーティネットについて (www.fortinet.com)

フォーティネット(NASDAQ: FTNT)は、世界中の大手企業、サービスプロバイダ、そして政府機関を守っています。フォーティネットは、拡大するアタックサーフェス(攻撃対象領域)に対するシームレスな保護とインテリジェンスを提供し、外部との明確な境界が消滅したネットワークでの、増え続けるパフォーマンスの条件に応じるパワーで、現在もまた将来も、お客様に貢献します。ネットワーク上でも、アプリケーションやクラウド、またはモバイル環境であっても、妥協することなく、極めて重大なセキュリティ上の問題に対応するセキュリティを提供できるのはフォーティネットのセキュリティ ファブリックのアーキテクチャだけです。フォーティネットは世界で最も多くのセキュリティアプライアンスを出荷し、世界425,000以上のお客様がビジネスを守るためにフォーティネット に信頼を寄せています。

フォーティネットジャパンについては、fortinet.com/jp をご覧ください。

Copyright© 2020 Fortinet, Inc. All rights reserved. 「®」および「™」マークはいずれも、Fortinet, Inc.とその子会社および関連会社の米国における登録商標および未登録商標であることを示します。フォーティネットの商標には、Fortinet、FortiGate、FortiGuard、FortiCare、FortiManager、FortiAnalyzer、FortiOS、FortiADC、FortiAP、FortiAppMonitor、FortiASIC、FortiAuthenticator、FortiBridge、FortiCache、FortiCamera、FortiCASB、FortiClient、FortiCloud、FortiConnect、FortiController、FortiConverter、FortiDB、FortiDDoS、FortiExplorer、FortiExtender、FortiFone、FortiCarrier、FortiHypervisor、FortiIsolator、FortiMail、FortiMonitor、FortiNAC、FortiPlanner、FortiPortal、FortiPresence、FortiProxy、FortiRecorder、FortiSandbox、FortiSIEM、FortiSwitch、FortiTester、FortiToken、FortiVoice、FortiWAN、FortiWeb、FortiWiFi、FortiWLC、FortiWLCOS、FortiWLMなどが含まれますが、これらに限定されるものではありません。その他の製品名およびサービス名等は、各社の商標である場合があります。フォーティネットは、本プレスリリース内の第三者に帰する声明、認可またはテストについては、検証を行っておらず、また、このような第三者に帰する声明を承認するものではありません。本プレスリリースは、保証または債務保証、または契約として一切拘束を受けるものではなく、記載された製品仕様または製品性能は、ある特定の環境や条件のもとで計測されていることがあります。また、本プレスリリースには、将来の見通しに関して不確実性および仮説を伴う記述が含まれている場合がありますが、本不確実性が現実になったり、あるいは本仮説が正しくないことが判明したりする場合、明文的あるいは暗黙的に記述された内容と異なる結果が生じることがあります。これには、サイバー犯罪活動の動向予測に関する記述などが含まれますが、これに限定されるものではありません。このような動向は予測することが困難であり、また、このような動向に関する公開予測や期待事項は結果として正しくないことがあります。フォーティネットは、このような将来見通しを改正する義務を一切負うものではなく、また改正を発行することもありません。