Skip to content Skip to navigation Skip to footer

フォーティネット、2020年ガートナー社有線/無線LANアクセス・インフラストラクチャについてのマジック・クアドラントにおいてビジョナリーの1社と評価される

フォーティネットは、ネットワークセキュリティとLANエッジを統合する唯一の企業

フォーティネットジャパン株式会社 - 2020年12月3日


幅広い適用領域で(Broad)システム連携し(Integrated)自動化された(Automated)サイバーセキュリティソリューションの世界的リーダーであるフォーティネット(Fortinet®、NASDAQ: FTNT)は、2020年のガートナー社 有線/無線LANアクセス・インフラストラクチャについてのマジック・クアドラントにおいて、ビジョナリーの1社に位置づけられたことを発表しました。

  • ガートナーは、ビジョナリー・クアドラントのベンダーを“「市場に独自の差別化されたアプローチを提供するために、提供製品の機能を向上させる能力を実証している」ベンダーと定義しています。ビジョナリーは、企業内のアクセス・レイヤー・テクノロジーの主要分野(例えば、セキュリティ、管理、運用効率など)のうち、1つ以上の分野でイノベーションを起こしていると考えられます。アクセスレイヤー全体で差別化された機能を適用できるかどうかが、そのポジションを左右します。”

  • フォーティネットは、サイバーセキュリティプロバイダーのイノベーターとしてのレガシーと相まって、今回の位置づけは、フォーティネットとそのセキュリティドリブンネットワーキング戦略がインフラストラクチャ市場に独自の差別化されたアプローチを提供することをさらに強化するものであると考えています。

  • 有線および無線ネットワーキングに対するフォーティネットのセキュリティドリブンネットワーキングのアプローチは、アドオンではなくネットワーク設計時に安全性を確保し、より大きなプラットフォームに統合して複雑さを軽減し、ライセンスを追加せずに機能を拡張することで、ITの長期的なTCO(総所有コスト)目標に最適な機能を提供します。

フォーティネットのビジョンは、以下の重要な原則に基づいています。

  • コスト削減:フォーティネットのLANエッジソリューションは、FortiGate次世代ファイアウォールに機能をバンドルすることで、全体のTCOを削減し、オーバーレイを排除します。LANエッジの管理を有効にするための追加ライセンスやコストは不要で、高価なライセンスを追加することなく、ネットワークアクセス制御(NAC)機能を有効にして活用することができます。

  • 簡素化された管理:フォーティネットのLANエッジソリューションは、LANとネットワークセキュリティに単一の管理プラットフォームを活用することで、管理を簡素化します。ネットワークのさまざまな側面を管理するための統合されたロケーションを持つことで、ITサイクルを最小限に抑えることができます。

  • 複雑さの軽減:フォーティネットのLANエッジソリューションは、LAN管理とセキュリティ機能をFortiGate次世代ファイアウォールに一元化することで、複雑さを軽減します。複雑なLANネットワークを単一のビューで表示することで、管理が容易になり、意図しない障害が発生する心配が減ります。

フォーティネットのアプローチは、ネットワークコントローラとしてFortiGate次世代ファイアウォールの機能を活用し、統合された可視性と集中管理およびレポートを提供して管理を容易にし、導入とプロビジョニングを簡素化するLANエッジへの独自の取り組みを可能にします。

フォーティネット、顧客の最大のLAN課題を解決
フォーティネットは、3年連続でGartner Peer Insightsの有線/無線LANアクセス・インフラストラクチャ部門のCustomers' Choiceeの1社に選ばれました。このGartner Customers' Choiceの選定は、検証済みのエンドユーザーによるベンダーのランキングに基づいており、ランキングを決定する際には、エンドユーザーのレビュー数とベンダーの総合的なユーザー評価の両方が考慮されます。フォーティネットは、この顧客による検証は、LANエッジに対するフォーティネットのシンプルで安全かつ拡張性の高いアプローチが顧客の心に響いていることを強く示していると考えています。セキュリティドリブンネットワーキングと業界をリードするFortiGate次世代ファイアウォールの力を活用して、フォーティネットは、キャンパスから支店、リモートワーカーまで、あらゆる展開のニーズに対応できるLANエッジソリューションを提供しています。

  • キャンパスネットワーク:フォーティネットのLANエッジソリューションは、単一の統合された構成を作成し、エラーの可能性を減らし、ネットワークとセキュリティの日常の管理のための共通のプラットフォームを提供します。セキュリティドリブンネットワーキングにより、管理機能とセキュリティ機能を統合するための追加の「ボルトオン」ソリューションの必要性がなくなります。

  • SD-Branch: LANエッジに対するセキュリティドリブンネットワーキングアプローチにより、ブランチネットワークの3つの主要コンポーネント(SD-WAN、ファイアウォール / セキュリティ、ネットワーク層)を、すべてのブランチ向けの単一の標準プラットフォームに統合することができます。これにより、分散している拠点のリモート監視と管理を、拠点ごとに単一の統合型ソリューションに簡素化します。

  • テレワーカー:LANエッジに対するフォーティネットのセキュリティドリブンネットワーキングのアプローチは、リモートの無線アクセスポイントにも機能します。本社のセンターにあるFortiGateを活用することで、IT部門の構成と管理の複雑さが軽減され、リモートユーザーは企業のオフィスに接続しているのと同じような体験をすることができます。

フォーティネットのプロダクト担当エグゼクティブバイスプレジデント兼CMO、John Maddison(ジョン・マディソン)は次のように述べています。
「LANエッジ接続は、デジタル・イノベーションの基盤となるものですが、複雑さのためにサポートやセキュリティの確保が難しいことがよくあります。フォーティネットのテクノロジーは、組織のネットワークインフラストラクチャとセキュリティアーキテクチャを緊密に統合することで、ネットワークのセキュリティを向上させながら、管理を簡素化します。 フォーティネットのセキュリティドリブンネットワーキングのアプローチを実行する能力により、お客様に簡素化された安全で高速なネットワークとユーザーエクスペリエンスを提供できると確信しています。さらに、フォーティネットが2020年ガートナーの有線/無線LANアクセス・インフラストラクチャのマジック・クアドラントにおいて、ビジョナリー・クアドラントの2社のうちの1社に選ばれた理由は、当社のセキュリティドリブンネットワーキングのアプローチにあると考えています」

 

関連資料

ガートナー社の2020年有線/無線LANアクセス・インフラストラクチャのマジック・クアドラントは、こちらからご参照いただけます。

Gartner Magic Quadrant for Wired and Wireless LAN Access Infrastructure, Bill Menezes et al., 4 November 2020
Gartner, Gartner Peer Insights ‘Voice of the Customer’: Wired and Wireless LAN Access Infrastructure, 7 February 2020

ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高のレーティング又はその他の評価を得たベンダーのみを選択するようにテクノロジーユーザーに助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の責任を負うものではありません。

Gartner Peer Insights Customers’ Choiceは、個々のエンドユーザーのレビュー、レーティング、および実証メソドロジー(documented methodology)により抽出されたデータが主観的な意見として集約されたものであり、ガートナーまたはその関連会社による見解あるいは推薦を表すものではありません。

フォーティネットについて (www.fortinet.com)

フォーティネット(NASDAQ: FTNT)は、世界中の大手企業、サービスプロバイダ、そして政府機関を守っています。フォーティネットは、拡大するアタックサーフェス(攻撃対象領域)に対するシームレスな保護とインテリジェンスを提供し、外部との明確な境界が消滅したネットワークでの、増え続けるパフォーマンスの条件に応じるパワーで、現在もまた将来も、お客様に貢献します。ネットワーク上でも、アプリケーションやクラウド、またはモバイル環境であっても、妥協することなく、極めて重大なセキュリティ上の問題に対応するセキュリティを提供できるのはフォーティネットのセキュリティ ファブリックのアーキテクチャだけです。フォーティネットは世界で最も多くのセキュリティアプライアンスを出荷し、世界480,000以上のお客様がビジネスを守るためにフォーティネット に信頼を寄せています。フォーティネットのネットワークセキュリティエキスパート(NSE)インスティチュートは、テクノロジーカンパニーとしても、ラーニングカンパニーとしても、業界で最大規模かつ広範なサイバーセキュリティのトレーニングプログラムを提供しています。

 

フォーティネットジャパンについては、fortinet.com/jp をご覧ください。

Copyright© 2020 Fortinet, Inc. All rights reserved. 「®」および「™」マークはいずれも、Fortinet, Inc.とその子会社および関連会社の米国における登録商標および未登録商標であることを示します。フォーティネットの商標には、Fortinet、FortiGate、FortiGuard、FortiCare、FortiManager、FortiAnalyzer、FortiOS、FortiADC、FortiAP、FortiAppMonitor、FortiASIC、FortiAuthenticator、FortiBridge、FortiCache、FortiCamera、FortiCASB、FortiClient、FortiCloud、FortiConnect、FortiController、FortiConverter、FortiDB、FortiDDoS、FortiExplorer、FortiExtender、FortiFone、FortiCarrier、FortiHypervisor、FortiIsolator、FortiMail、FortiMonitor、FortiNAC、FortiPlanner、FortiPortal、FortiPresence、FortiProxy、FortiRecorder、FortiSandbox、FortiSIEM、FortiSwitch、FortiTester、FortiToken、FortiVoice、FortiWAN、FortiWeb、FortiWiFi、FortiWLC、FortiWLCOS、FortiWLMなどが含まれますが、これらに限定されるものではありません。その他の製品名およびサービス名等は、各社の商標である場合があります。フォーティネットは、本プレスリリース内の第三者に帰する声明、認可またはテストについては、検証を行っておらず、また、このような第三者に帰する声明を承認するものではありません。本プレスリリースは、保証または債務保証、または契約として一切拘束を受けるものではなく、記載された製品仕様または製品性能は、ある特定の環境や条件のもとで計測されていることがあります。また、本プレスリリースには、将来の見通しに関して不確実性および仮説を伴う記述が含まれている場合がありますが、本不確実性が現実になったり、あるいは本仮説が正しくないことが判明したりする場合、明文的あるいは暗黙的に記述された内容と異なる結果が生じることがあります。これには、サイバー犯罪活動の動向予測に関する記述などが含まれますが、これに限定されるものではありません。このような動向は予測することが困難であり、また、このような動向に関する公開予測や期待事項は結果として正しくないことがあります。フォーティネットは、このような将来見通しを改正する義務を一切負うものではなく、また改正を発行することもありません。