フォーティネット、2020年Gartner Peer InsightsのWAN Edgeインフラストラクチャ部門でCustomers’ Choiceの1社に選出

顧客の意見や高評価によってフォーティネットのセキュアSD-WANが広く認知される

フォーティネットジャパン株式会社 - 2020年4月15日


幅広い適用領域で(Broad)システム連携し(Integrated)自動化された(Automated)サイバーセキュリティソリューションの世界的リーダーであるフォーティネット(Fortinet®、NASDAQ: FTNT)は本日、2020年Gartner Peer InsightsのWAN Edgeインフラストラクチャ部門でフォーティネットのSD-WANソリューションがCustomers’ Choiceに選出されたことを発表しました。Gartner Peer Insights Customers' Choiceは、各ベンダーの製品、この度の部門ではフォーティネットのセキュアSD-WANを実際に購入、実装、または使用するエンドユーザーのプロフェッショナルの意見や評価に基づいて選出されます。

2016年、フォーティネットは業界最先端のFortiGate次世代ファイアウォールにSD-WAN機能を統合する、セキュアSD-WANコンセプトを確立しました。以来、SD-WANに対するフォーティネットのセキュリティ ドリブン ネットワーキングのアプローチは、世界中のすべての規模と業種の組織でコストの削減や複雑さの改善をもたらすと同時に、ユーザーエクスペリエンスの強化に貢献してきました。今日、フォーティネットは全世界で21,000社以上の顧客企業にSD-WANソリューションを提供しており、「セキュアSD-WAN」分野のリーダーとして確固たる地位を築いています。

また、フォーティネットのセキュアSD-WANソリューションはガートナー社の最新のWAN Edgeインフラストラクチャに関するマジック・クアドラントにおいても評価されており、フォーティネットはチャレンジャー・クアドラントでチャレンジャーの中で最も実⾏能⼒が⾼い位置づけであると位置づけられています *。さらに、フォーティネットは2019年11月のガートナー社のアナリスト調査レポート、「WANエッジインフラストラクチャについてのクリティカル・ケイパビリティ」の中で、4つあるユースケースのうちの1つ「セキュリティ重視のWAN」ユースケースで最も高いスコアと評価されています。

フォーティネットは、本日発表した第1回目のGartner Peer Insights WAN Edgeインフラストラクチャ部門におけるCustomers’ Choiceへの選出が、SD-WAN市場におけるフォーティネットの勢いをさらに後押しするものであると確信しています。2020年3月24日の時点で、フォーティネットはすべてのベンダーの中で最多となる合計263件の承認済評価を顧客から得ています。あらゆる規模と業種の組織から率直な評価が寄せられていることは、フォーティネットが最善の組み合わせのSD-WANソリューションの提供に努めていることを実証しているといえます。またフォーティネットは、NGFW、セグメンテーション、IPS、ネットワークファイアウォールを使用するSD-WANなど、業界で最も幅広いエンタープライズグレードのユースケースを提供できることが今回の選出に寄与していると自負しています。以下に、21,000社を超えるフォーティネットの顧客企業からの代表的なコメントを紹介します。

SD-WANテクノロジー分野における最先端のソリューション」、企業規模2億5千万~5億ドルの企業、インフラストラクチャおよびオペレーション担当者(2020年1月2日)

「当社では6ヶ月前からFortiGateのSD-WANソリューションを導入しています。中央の本社ではFortiManagerとともに、SD-WANに接続する物理デバイスとしてFortiGate 100Fを使用しており、支社ではFortiGate 60E(DSL対応)モデルを使用しています。SD-WANソリューションのおかげで、すべての回線を効率的に活用できるようになりました。実装が容易で優れたパフォーマンスが提供されるので、満足しています」

シンプルな実装、堅牢な管理、豊富な機能を備えた構成オプション」、企業規模5億~10億ドルの企業、シニアネットワークエンジニア(2019年7月19日)

「フォーティネットのNGFWソリューションとSD-WANソリューションは、構成が容易であること、堅牢なCLIであること、そして常に新しい機能が追加されるという点が非常に気に入っています。フォーティネットは、他のベンダーと比べてSD-WANに重点的に取り組んでいるというわけではないかもしれませんが、幅広いポートフォリオを備えており、NGFWセキュリティとSD-WANを単一のプラットフォームに統合することで、ポリシー、イメージ、トラブルシューティング、構成の管理が極めて容易になります。フォーティネットはセキュリティを専門分野としていますが、SD-WANを専門とする他のベンダーに劣らないペースでSD-WANに関するテクノロジーと機能を進化させています。フォーティネットのNGFWソリューションは、極めて優れた堅牢性とパフォーマンス、そして豊富な機能を提供します。また、NGFWで希望する独自の設定をほぼすべて実現できる機能も備えています。以前に使用していたソリューションは有名な他社製品でしたが、それよりもはるかに優れています」

容易な導入と構成、接続状況の直感的な把握」、企業規模10億~30億ドルの企業、セキュリティ責任者(2019年8月23日)

「SD-WAN、高度なルーティング、NGFW機能が1つのアプライアンスに統合されているため、他の単機能ソリューションの統合に役立ちました(中略)。フォーティネットのソリューションは、音声、ビデオ、クラウドに関する当社の重要なSD-WANのユースケースすべてに対応できる点が気に入っています(中略)。また、WANエッジをSD-Branchに拡張して支社の総合的なトランスフォーメーションを実現するというフォーティネットのアプローチも、WANとLANを緊密に統合して一貫したセキュリティを維持しながら運用を簡素化するために役立っています。フォーティネットは当社独自の問題を理解し、製品ロードマップと戦略についても詳しく説明してくれました。カスタマーサービスのレスポンスは迅速で、そのクオリティも申し分ありませんでした。  ゼロタッチ展開による迅速な導入、既存のソリューションからの移行、ソリューションの継続的な管理を実際に経験しましたが、全体的にとてもスムーズに進んだと感じています」

フォーティネットのプロダクト担当エグゼクティブバイスプレジデント兼CMO、John Maddison(ジョン・マディソン)は次のように述べています。
「フォーティネットは、セキュアSD-WANのパイオニアとして、最も包括的なSD-WANおよび次世代ファイアウォールソリューションの提供に注力しており、SD-WAN分野の顧客数は全世界で21,000社以上に達しています。Gartner Peer Insightsなどの顧客企業による評価は、製品の機能、実装プロセス、そしてサポートするインフラストラクチャに対する顧客の率直な見解を表していると確信しています。この点でフォーティネットは、Gartner Peer InsightsのWAN Edgeインフラストラクチャ部門において他のベンダーを抑えて最も多くの評価を得られたことを大変喜ばしく思っています」

Gartner Peer Insights Customers’ Choiceの詳細や他の顧客による評価については、ブログでご確認ください。 

 

* ガートナー Peer Insights Customers’ Choice 2020 WAN Edge Infrastructure Market

* ガートナー社WANエッジインフラストラクチャについてのマジック・クアドラント、Jonathan Forest、Mike Toussaint、Neil Rickard共著、2019年11月26日発行

* ガートナー社WANエッジインフラストラクチャについてのクリティカル・ケイパビリティ」、 Jonathan Forest, Mike Toussaint, Mark Fabbi共著、2019年11月26日発行

 

ガートナー社による免責事項
GARTNER PEER INSIGHTS CUSTOMERS’ CHOICEのバッジは、Gartner Inc.または関連会社の商標およびサービスマークであり、同社の許可に基づいて使用しています。All rights reserved.
Gartner Peer Insights Customers’ Choiceは、個々のエンドユーザーのレビュー、レーティング、および実証メソドロジー(documented methodology)により抽出されたデータが主観的な意見として集約されたものであり、ガートナーまたはその関連会社による見解あるいは推薦を表すものではありません。ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高のレーティング又はその他の評価を得たベンダーのみを選択するようにテクノロジーユーザーに助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の責任を負うものではありません。

 

フォーティネットについて (www.fortinet.com)

フォーティネット(NASDAQ: FTNT)は、世界中の大手企業、サービスプロバイダ、そして政府機関を守っています。フォーティネットは、拡大するアタックサーフェス(攻撃対象領域)に対するシームレスな保護とインテリジェンスを提供し、外部との明確な境界が消滅したネットワークでの、増え続けるパフォーマンスの条件に応じるパワーで、現在もまた将来も、お客様に貢献します。ネットワーク上でも、アプリケーションやクラウド、またはモバイル環境であっても、妥協することなく、極めて重大なセキュリティ上の問題に対応するセキュリティを提供できるのはフォーティネットのセキュリティ ファブリックのアーキテクチャだけです。フォーティネットは世界で最も多くのセキュリティアプライアンスを出荷し、世界440,000以上のお客様がビジネスを守るためにフォーティネット に信頼を寄せています。フォーティネットのネットワークセキュリティエキスパート(NSE)インスティチュートは、テクノロジーカンパニーとしても、ラーニングカンパニーとしても、業界で最大規模かつ広範なサイバーセキュリティのトレーニングプログラムを提供しています。

 

フォーティネットジャパンについては、fortinet.com/jp をご覧ください。

Copyright© 2020 Fortinet, Inc. All rights reserved. 「®」および「™」マークはいずれも、Fortinet, Inc.とその子会社および関連会社の米国における登録商標および未登録商標であることを示します。フォーティネットの商標には、Fortinet、FortiGate、FortiGuard、FortiCare、FortiManager、FortiAnalyzer、FortiOS、FortiADC、FortiAP、FortiAppMonitor、FortiASIC、FortiAuthenticator、FortiBridge、FortiCache、FortiCamera、FortiCASB、FortiClient、FortiCloud、FortiConnect、FortiController、FortiConverter、FortiDB、FortiDDoS、FortiExplorer、FortiExtender、FortiFone、FortiCarrier、FortiHypervisor、FortiIsolator、FortiMail、FortiMonitor、FortiNAC、FortiPlanner、FortiPortal、FortiPresence、FortiProxy、FortiRecorder、FortiSandbox、FortiSIEM、FortiSwitch、FortiTester、FortiToken、FortiVoice、FortiWAN、FortiWeb、FortiWiFi、FortiWLC、FortiWLCOS、FortiWLMなどが含まれますが、これらに限定されるものではありません。その他の製品名およびサービス名等は、各社の商標である場合があります。フォーティネットは、本プレスリリース内の第三者に帰する声明、認可またはテストについては、検証を行っておらず、また、このような第三者に帰する声明を承認するものではありません。本プレスリリースは、保証または債務保証、または契約として一切拘束を受けるものではなく、記載された製品仕様または製品性能は、ある特定の環境や条件のもとで計測されていることがあります。また、本プレスリリースには、将来の見通しに関して不確実性および仮説を伴う記述が含まれている場合がありますが、本不確実性が現実になったり、あるいは本仮説が正しくないことが判明したりする場合、明文的あるいは暗黙的に記述された内容と異なる結果が生じることがあります。これには、サイバー犯罪活動の動向予測に関する記述などが含まれますが、これに限定されるものではありません。このような動向は予測することが困難であり、また、このような動向に関する公開予測や期待事項は結果として正しくないことがあります。フォーティネットは、このような将来見通しを改正する義務を一切負うものではなく、また改正を発行することもありません。