セキュアSD-WANのイノベーションで市場をリードするフォーティネット、ホームオフィスから支社、さらに分散型クラウドへの拡張を実現

前年比300%を超える実績で、急成長を遂げているSD-WANベンダーの一社としての地位を確立、SD-WAN市場でトップ3の座を維持

フォーティネットジャパン株式会社 - 2020年6月4日


幅広い適用領域で(Broad)システム連携し(Integrated)自動化された(Automated)サイバーセキュリティソリューションの世界的リーダーであるフォーティネット(Fortinet®、NASDAQ: FTNT)は本日、セキュアSD-WANソリューションの新たなイノベーションを公開すると同時に、自社の市場シェアが堅調に推移していることを発表しました。フォーティネットのセキュアSD-WANの柔軟性と拡張性は、あらゆる規模の顧客企業のホームオフィスや支社、さらに分散型のクラウド環境における展開を支援すると同時に、最高のユーザーエクスペリエンスとセキュリティを提供します。

優れた拡張性と柔軟性を備えたSD-WANソリューション
フォーティネットは、業界初のSD-WAN ASICを搭載した業界最先端のFortiGate次世代ファイアウォールに統合した機能として、セキュアSD-WANを提供しています。最小限のITスタッフとインフラストラクチャのリソースで、増大するテレワークの従業員に対してビジネス継続性の確保に必要なネットワーク変更の適用を支援すべく、SD-WANの機能を内蔵するFortiGateの広範な製品ポートフォリオは、ファブリック管理センターの一元管理コンソールから柔軟なビジネスポリシーによる展開を提供します。これらの直感的なポリシーにより、大規模な設定内容の展開をわずか数分レベルまで短縮し、音声 / ビデオ会議などのコラボレーションアプリケーションやSaaSアプリケーションに最大限のパフォーマンスを発揮させられます。

フォーティネットのセキュアSD-WAN製品ポートフォリオは、エンタープライズにおけるユースケースだけでなく、大規模なデータセンターから支社オフィス、リモート拠点、さらにSOHOへも対応する幅広いアプライアンスの選択肢を提供します。ホームオフィスから支社、さらには分散型のクラウド環境への拡張も可能なフォーティネットのセキュアSD-WANは、さらに卓越したソリューションの実現に貢献しています。

  • ホームオフィス:LTEを内蔵するデスクトップアプライアンスとして提供されるFortiGate 40F(*1) は、顧客企業へのビデオデモンストレーションなどのビジネスクリティカルな状況で、アプリケーションが支障なく確実に動かなければならない在宅勤務の「スーパーユーザー」を支援します。フォーティネットのデスクトップアプライアンスの設置面積は最小限に抑えられているため、テレワーカーは単一の統合プラットフォームでルーティングやセキュリティ、そして無線LANソリューションをホームオフィスに展開することができます。スーパーユーザーを筆頭とする個々のテレワーカーまでSD-WANの機能を拡張することの大きなメリットとしては、オンデマンドのリモートアクセスだけでなく、LANの状態にかかわらず動的に拡張可能なパフォーマンスが挙げられます。また、迅速且つ効率的に業務を遂行しなければらない組織の他の従業員が、このような個々のテレワーカーに依存している場合には、SD-WAN機能が大きな効果をもたらします。

  • 支社:フォーティネットのセキュアSD-WANは、その高度なルーティング機能とクラウドへの最適経路の提供が、複雑な支社環境の改善を支援するという特長が広く認知されているといえます。多数の顧客企業において、レガシー・ルーターをはじめとする単機能製品の削減や、ビジネスアプリケーションのエクスペリエンス改善に役立っています。

  • 分散型クラウド:フォーティネットのセキュアSD-WANは、分散型クラウド環境でアプリケーションを展開している組織向けに、クラウドを相互接続してユーザーエクスペリエンスの改善に貢献する包括的なテクノロジーの構成要素を提供します。あらゆるクラウドプロバイダーで利用できるフォーティネットのセキュアSD-WANは、20 Gbpsという業界最高水準のIPsecスループットでクラウドの相互接続を実現します。ネイティブのアプリケーション処理とクラウド統合フレームワーク、そしてプログラミング可能なAPIにより、顧客企業はフォーティネットのセキュアSD-WANを活用して多数のクラウド環境を接続できます。

*1) LTE内蔵モデルはFortiGate 40F-3G4G で日本での販売も予定。


急成長を遂げているSD-WANベンダーとしての評価
急成長を遂げているSD-WANベンダーの1社であるフォーティネットは、SD-WAN機器の収益ベース市場シェアでトップ3にランクインしています。

ガートナー社の2020年SD-WAN市場シェアレポート「Market Share:全世界の市場セグメント別エンタープライズ向けネットワーク機器市場シェア」に記載されているように、2019年第4四半期における全世界のエンタープライズWANエッジ機器市場で第3位となる10.4%のシェアを占めています。(*)

また、Omdiaの最近のレポート(「Omdia Market Share : Data Center Network Equipment Q4 2019」)においても、SD-WANベンダートップ3に数えられています。このレポートでは、フォーティネットは他のすべてのSD-WANベンダーと比較して最も急速な成長を記録しており、SD-WANの収益は前年比305%であると報告しています。

オーガニックイノベーションへの取り組み
フォーティネットは、SD-WAN市場の主要ベンダーの中でセキュリティとネットワーキング機能を1つのソリューションで実現する自社開発製品を提供できる唯一の企業です。フォーティネットは、FortiOS 6.4を構成するセキュアSD-WANの新たな機能として、分析機能を拡張する新しいSD-WANオーケストレーターを追加したほか、セグメンテーションオプションがさらに充実したことを発表しました。

  • セキュアSD-WANオーケストレーター:フォーティネットは、組織の手動によるレガシールーター管理に関連する課題克服を支援するため、フォーティネット ファブリック管理センターの一機能として直感的なセキュアSD-WANオーケストレーターを導入しました。セキュアSD-WANオーケストレーターは、一元的な展開を飛躍的に簡素化すると同時に、直感的なワークフローを活用する自動化を通じて時間を節約し、ビジネス要件を考慮したポリシーを提供します。

  • 分析機能の拡張:ネットワークとアプリケーションのパフォーマンスを(リアルタイムおよび履歴情報の両方で)容易に可視化するため、フォーティネットのセキュアSD-WANはコンプライアンスの強化および分析機能の拡張を実現しているほか、ファブリック管理センターを介して新たにSD-WANレポートを提供する機能を追加しています。シンプルな一元コンソールと充実したSD-WAN分析機能を活用することで、顧客企業はビジネスやセキュリティのポリシーを詳細に調整し、すべてのユーザーのエクスペリエンスを向上させることができます。

  • ダイナミックなセグメンテーション:多くの企業が、支社拠点の多様なインフラストラクチャ向けに柔軟で大規模な展開オプションを実装するという課題に直面しており、またネットワークやユーザー毎に個別のポリシーとルールを設定するために必要なセグメントの作成においても、困難を抱えています。フォーティネットのFortiOS 6.4に組み込まれたセキュアSD-WANのイノベーションによって、そのようなセグメントがネットワーク全体でシームレスに伝達 / 共有され、個別のポリシーがエンドツーエンドで確実に適用されます。
     

セキュアSD-WANを採用した各社のコメント

「フォーティネットは常に高品質の製品とサポートを提供しています。セキュリティ、ルーティング、SD-WANのすべてを1つのアプライアンスに統合しているため、当社のネットワークチームとセキュリティチームが共同でサポートできると同時に、コラボレーションが促進され、高度な達成レベルが要求される複雑な要件に対応するソリューションの構築が可能になりました」
– IBM、セキュリティソリューションマネージャー、Marco Fernandes氏

「電力会社である当社は、外部からの攻撃を防ぐと同時に、重要なオペレーションプロセスの途中で通信がダウンしないように保護できる厳格なセキュリティ基準を満たすソリューションを必要としていました。フォーティネットのセキュアSD-WANを利用することで、複数の発電所に対する一元的な制御とネットワークセキュリティの展開が可能となったほか、定期的に収集される情報に基づくより適切な意思決定が可能となりました。フォーティネットのセキュアSD-WANは、エネルギー分野の性質上当社が日々直面せざるをえない重要な可用性のニーズに応えると同時に、デジタルイノベーションに関する長期目標を達成する上で不可欠なソリューションとなりました」
– Sullair Argentina、発電施設オペレーション / メンテナンス担当マネージャー、Daniel Briff氏

「当社のようなMSSPは、競争の激しい動的な環境で事業を運営しています。顧客企業を惹き付けて維持するには、画期的なサービスを提供して競合他社と差別化する必要があります。フォーティネットのセキュアSD-WANは、ネットワーキングとセキュリティの機能を1つのアプライアンスに統合し、インフラストラクチャの分散と複雑化を抑制することで、そのような戦略を容易にします。また、さらなる付加価値サービスを最小限のオーバーヘッドで開発する基盤としても役立っており、結果的に他のソリューションに比べてTCO(総所有コスト)を抑えることができます。たとえば、フォーティネットのセキュアSD-WANを利用することで、冗長性、最適化、ロードバランシングの機能を効果的に活用して最適なアプリケーションパフォーマンスを実現すると同時に、ゼロタッチプロビジョニングによって新たな支社環境を数分で展開できるようになります」
– Fusion Computing Limited、システムエンジニア、Mohammad Aimaq氏 

「当社のレガシーWANインフラストラクチャはあまりに複雑で、デジタルイノベーションの目標達成が困難でした。フォーティネットのセキュアSD-WANソリューションによってWANの展開が簡素化されたほか、アプリケーションのパフォーマンスとクラウドへの接続も改善されました」
– Kennards Hire、CIO、Martin McManus氏

極めて拡張性の高いフォーティネットのソリューションは、当社顧客のニーズに対応する幅広い展開オプションの提供を可能にします。展開が容易になることで、当社スタッフによる実装作業サイクルとITサポートチケットの発行数が減少できました。さらに、セキュリティと高度なルーティング機能を統合するフォーティネットのセキュアSD-WANは、比類のないバリューをもたらします。機能面で妥協がなくコスト効果の高いソリューションを求める組織にとって、最適な選択肢です」
– Liquid Networx、営業担当VP、Robert Short氏

フォーティネットのプロダクト担当エグゼクティブバイスプレジデント兼CMO、John Maddison(ジョン・マディソン)は、次のように述べています。「SD-WANは、単に支社のみを対象とするものではなく、企業全体でエンドツーエンドに活用するための重要なテクノロジーです。フォーティネットのセキュアSD-WANは、自宅からオフィス、キャンパスからクラウド、データセンターからクラウドへのネットワークすべてに適用できると同時に、クラウドを相互に接続する機能も備えているため、ユーザーエクスペリエンスやコスト効率の改善、時間の節約に極めて大きな効果をもたらすテクノロジーです。急成長を遂げているSD-WANベンダーの1つであるフォーティネットは、SD-WAN市場の主要ベンダーの中でセキュリティとネットワーキング機能を1つのソリューションで実現する自社開発製品を提供できる唯一の企業です」

関連資料

  • フォーティネットが2020年Gartner Peer InsightsのWAN Edgeインフラストラクチャ部門でCustomers’ Choiceの1社に選出された理由を、こちらでご紹介しています。
    Gartner Peer Insights ‘Voice of the Customer’: WAN Edge Infrastructure、13 April 2020

  • 顧客企業による評価は、こちらでご覧いただけます。また、フォーティネットが2019年のガートナー社WANエッジインフラストラクチャについてのマジック・クアドラントでチャレンジャーの位置づけと評価された理由は、こちらでご確認いただけます。
    Gartner, Magic Quadrant for WAN Edge Infrastructure, Jonathan Forest et al., 26 November 2019.

  • フォーティネットのセキュアSD-WANがNSS Labsから2年連続で「Recommended(推奨)」評価を獲得した理由を、こちらでご参照ください(英語)。

    (*) Gartner, Market Share: Enterprise Network Equipment by Market Segment, Worldwide, 4Q19 and 2019, Christian Canales et al., 20 March 2020

 

ガートナー社による免責事項
Gartner Peer Insights Customers' Choiceは、個々のエンドユーザーのレビュー、レーティング、および実証メソドロジー(documented methodology)により抽出されたデータが主観的な意見として集約されたものであり、ガートナーまたはその関連会社による見解あるいは推薦を表すものではありません。

ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高のレーティング又はその他の評価を得たベンダーのみを選択するようにテクノロジーユーザーに助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の責任を負うものではありません。

フォーティネットについて (www.fortinet.com)

フォーティネット(NASDAQ: FTNT)は、世界中の大手企業、サービスプロバイダ、そして政府機関を守っています。フォーティネットは、拡大するアタックサーフェス(攻撃対象領域)に対するシームレスな保護とインテリジェンスを提供し、外部との明確な境界が消滅したネットワークでの、増え続けるパフォーマンスの条件に応じるパワーで、現在もまた将来も、お客様に貢献します。ネットワーク上でも、アプリケーションやクラウド、またはモバイル環境であっても、妥協することなく、極めて重大なセキュリティ上の問題に対応するセキュリティを提供できるのはフォーティネットのセキュリティ ファブリックのアーキテクチャだけです。フォーティネットは世界で最も多くのセキュリティアプライアンスを出荷し、世界455,000以上のお客様がビジネスを守るためにフォーティネット に信頼を寄せています。フォーティネットのネットワークセキュリティエキスパート(NSE)インスティチュートは、テクノロジーカンパニーとしても、ラーニングカンパニーとしても、業界で最大規模かつ広範なサイバーセキュリティのトレーニングプログラムを提供しています。

 

フォーティネットジャパンについては、fortinet.com/jp をご覧ください。

Copyright© 2020 Fortinet, Inc. All rights reserved. 「®」および「™」マークはいずれも、Fortinet, Inc.とその子会社および関連会社の米国における登録商標および未登録商標であることを示します。フォーティネットの商標には、Fortinet、FortiGate、FortiGuard、FortiCare、FortiManager、FortiAnalyzer、FortiOS、FortiADC、FortiAP、FortiAppMonitor、FortiASIC、FortiAuthenticator、FortiBridge、FortiCache、FortiCamera、FortiCASB、FortiClient、FortiCloud、FortiConnect、FortiController、FortiConverter、FortiDB、FortiDDoS、FortiExplorer、FortiExtender、FortiFone、FortiCarrier、FortiHypervisor、FortiIsolator、FortiMail、FortiMonitor、FortiNAC、FortiPlanner、FortiPortal、FortiPresence、FortiProxy、FortiRecorder、FortiSandbox、FortiSIEM、FortiSwitch、FortiTester、FortiToken、FortiVoice、FortiWAN、FortiWeb、FortiWiFi、FortiWLC、FortiWLCOS、FortiWLMなどが含まれますが、これらに限定されるものではありません。その他の製品名およびサービス名等は、各社の商標である場合があります。フォーティネットは、本プレスリリース内の第三者に帰する声明、認可またはテストについては、検証を行っておらず、また、このような第三者に帰する声明を承認するものではありません。本プレスリリースは、保証または債務保証、または契約として一切拘束を受けるものではなく、記載された製品仕様または製品性能は、ある特定の環境や条件のもとで計測されていることがあります。また、本プレスリリースには、将来の見通しに関して不確実性および仮説を伴う記述が含まれている場合がありますが、本不確実性が現実になったり、あるいは本仮説が正しくないことが判明したりする場合、明文的あるいは暗黙的に記述された内容と異なる結果が生じることがあります。これには、サイバー犯罪活動の動向予測に関する記述などが含まれますが、これに限定されるものではありません。このような動向は予測することが困難であり、また、このような動向に関する公開予測や期待事項は結果として正しくないことがあります。フォーティネットは、このような将来見通しを改正する義務を一切負うものではなく、また改正を発行することもありません。