フォーティネット、350を超える新機能をセキュリティ ファブリック プラットフォームに追加

FortiOS 6.4の統合と自動化の強化により、セキュリティ ファブリックの機能をさらに拡張

フォーティネットジャパン株式会社 - 2020年3月17日


幅広い適用領域で(Broad)システム連携し(Integrated)自動化された(Automated)サイバーセキュリティソリューションの世界的リーダーであるフォーティネット(Fortinet®、NASDAQ: FTNT)は本日、フォーティネット セキュリティ ファブリックを中核として支えるフォーティネットのフラグシップオペレーティングシステムの最新バージョンであるFortiOS 6.4を発表しました。350以上の新機能が追加されたFortiOS 6.4は、自動化、スケーラビリティ、パフォーマンス、AIが強化されており、デジタルインフラストラクチャ全体の包括的な保護を可能にします。

デジタルイノベーションはリスクの増大を招く側面がある
デジタルイノベーションは、あらゆる業界に大変革をもたらす破壊的な力であり、組織のビジネスを加速させ、コスト削減、効率化、カスタマーエクスペリエンスの向上を可能にします。しかしながら、その破壊的な力によって、組織の攻撃対象領域が拡大し、高度な脅威、エコシステムの複雑化、厳格化する法規制へのコンプライアンスなどのセキュリティリスクの増大を招くことにもなります。以下の条件を満たさない限り、デジタルイノベーションを可能にする真のサイバープラットフォームとは呼べません。

  • Broad(幅広い):デジタル攻撃対象領域全体の広範な可視化によるリスク管理能力の改善
  • Integrated(統合化):システム連携により、複数の単機能製品に対応する複雑さを軽減
  • Automated(自動化):ワークフローの自動化によるオペレーションとレスポンスの迅速化

フォーティネット セキュリティ ファブリックが可能にするデジタルイノベーション
今日のリスクに対処し、デジタルイノベーションを可能にする業界で最も包括的なサイバーセキュリティプラットフォームを実現するため、フォーティネットはセキュリティ ファブリックの強化を継続しており、その基盤となるのが、最新のオペレーティングシステムFortiOS 6.4です。フォーティネット セキュリティ ファブリックはフォーティネットの約20年にわたるイノベーションの成果であり、幅広い適用領域で(Broad)システム連携し(Integrated)、自動化された(Automated)ソリューションを提供するため、基盤から有機的に構築されています。次世代ファイアウォールからアクセスポイントやスイッチ、さらにはネットワークアクセス制御(NAC)ソリューションまで、セキュリティ ファブリックのすべての構成要素が緊密に連携するように設計されているだけでなく、業界最大規模のテクノロジーアライアンスパートナーエコシステムとの統合も可能です。

FortiOS 6.4の新機能
FortiOS 6.4では、フォーティネット セキュリティ ファブリックとFortiGuard Labsの4つの主軸領域で企業におけるデジタルイノベーションの目標達成を支援するために、以下の新機能が追加されています。

  • セキュリティ ドリブン ネットワーキング:ネットワークの保護と高速化、ユーザーエクスペリエンス向上を実現
    • Fabric Management Center(ファブリック管理センター)の直感的な新しいSD-WANオーケストレータと詳細なアプリケーション分析機能は、セキュアSD-WANの展開を簡素化、自動化します。
    • FortiGateは、SD-WANアプリケーションをリアルタイムで最適化し、一貫性と耐障害性を備えたビジネスアプリケーションのエクスペリエンスを実現します。
    • セグメンテーションの可視化範囲を拡大し、FortiGateを備えたセキュリティ ファブリックにマルチテナントVDOMを組み込み、内部リスクを防止します。
    • 拡張されたセキュアWebゲートウェイとIPSのユースケースを利用することで保護を強化し、管理業務を簡素化します。
    • FortiAPコントローラによるSD-Branch機能の強化を実現するとともに、WiFi 6モデルも加えた幅広いFortiAPポートフォリオを提供します。

  • ゼロトラストネットワークアクセス:オン / オフネットワーク両方でユーザー / デバイスを特定し、保護
    • FortiAnalyzerとともにFortiNACをFabric Topology Mapに統合することによって、フォーティネット セキュリティ ファブリック全体でデバイスのネイティブの可視性が向上します。  
    • Linuxデバイスの可視性の向上によって、FortiNACにおけるデバイスのプロファイリングが強化され、IoTの検知やセグメンテーションの自動化などの機能によるゼロトラストネットワークアクセス制御の方法が簡素化されたことで、IoTデバイスの保護に伴う複雑さを軽減します。
    • FortiAnalyzer Cloud用のFortiManagerドッカーによってユーザーの識別機能と管理を改善することで、全体的なワークフローを向上させるとともに、FortiAuthenticatorをFortiToken Cloudの二要素認証と併用してSAML認証を強化することができます。
    • オンネットワークのデバイス用にはファブリックエージェントによるテレメトリ機能を活用し、オフネットワークのデバイスに対してはFortiClientによってVPNトンネルを保護すると同時に、FortiGuard Cloudがセキュアなオフサイトアクセスを実現し、オン / オフネットワーク両方の可視化と管理を実現します。
       
  • ダイナミッククラウドセキュリティ:ハイブリッドクラウドインフラストラクチャとアプリケーションを保護し、制御
    • FortiMailおよびFortiCASBとの統合により、Office 365の保護範囲を拡大するほか、より広範なクラウドアプリケーション保護を実現します。新機能のFortiWebディープラーニングにより、その稼働場所を問わず常に変化するアプリケーションを保護します。FortiWebは、物理アプライアンス、仮想アプライアンス、SaaSのいずれかの形態で配備できるため、パブリッククラウドまたはプライベートクラウドで、あるいはドッカーコンテナとしても利用することができます。
    • FortiGate VMを使用したAWS OutpostsおよびGCP Anthos用SD-WAN、FortiGate VM Cloud IDSによる自動修復機能など、高度なハイブリッドクラウドのユースケースに対応し、クラウドネットワークセキュリティの効果をさらに強化します。
    • FortiCWPの資産インベントリ機能を利用したワークロード保護機能の強化、マルチクラウドの可視性向上、そしてセキュリティオペレーションにおけるワークフローの合理化を実現します。

  • AIドリブン セキュリティオペレーション:サイバー脅威の防止、検知、レスポンスの自動化
    • 新機能の次世代アンチウイルス(NGAV)による高度な脅威検知と防御をエンドポイントに新たに追加し、機械学習に基づくNGAV、リアルタイムでのランサムウェア保護、FortiEDRの脅威解消機能を活用することで、FortiClientのエンドポイント保護機能をさらに強化します。
    • FortiAnalyzerおよびFortiSIEMの機能をさらに自動化すると共に、新しいFortiSOARによる完全なオーケストレーションによってSOCの業務負荷および組織が脅威にさらされるリスクを削減します。セキュリティ ファブリックでは、FortiAnalyzerが分析機能の基盤を提供し、FortiSIEMはマルチベンダー環境までサポート対象を拡張します。特筆すべき点として、FortiSOARは、追加のコンテキストとデータによるインシデントレスポンス(IR)の強化、顧客企業のセキュリティチームとのより効率的な調整とコラボレーションのためのケース管理、ガイド付の対応例を提供するビジュアルプレイブックオーケストレーションといった堅牢な自動化機能セットを提供します。
    • ダイナミックな脅威検知機能、さらにはリソースに制約のあるセキュリティチームを支援して人員の不足を緩和するフォーティネットの24時間365日体制のリモート監視サービスとIRサービスは、セキュリティ ファブリックの機能を補完します。
       
  • FortiGuard Labs:FortiGuard Labsが提供するフォーティネットの360 Protection Bundleは、オペレーションのサポートとセキュリティサービスのオールインワンパッケージにより、フォーティネット セキュリティ ファブリックの最大活用とSD-WANの展開の最適化が可能になります。
    • フォーティネットの360 Protection Bundleに含まれる新しいサービスは、セキュリティ ファブリック全体での直感的なSD-WANオーケストレーションの活用、IoTデバイスの識別とセグメンテーションの自動化、IPアドレス管理(IPAM)によるオペレーションの最適化を可能にします。
    • さらに、360 Protectionのセキュリティレーティングサービスも強化されており、構成、ポリシー、セキュリティ、およびコンプライアンスギャップのプロアクティブな特定と修正が可能になったほか、同業他社との比較を通じてセキュリティ態勢や投資戦略の相対的な評価も実現しています。

業界をリードするサイバーセキュリティイノベーションに対するフォーティネットのコミットメント
フォーティネット セキュリティ ファブリックの基盤であるFortiOSは、540万以上の出荷実績を誇る、最も広く採用されているセキュリティオペレーティングシステムです。フォーティネットは、カスタムSPUテクノロジーの開発と構築を手掛ける唯一のセキュリティリーダーであり、最高レベルのパフォーマンスとコスト価値は、Security Compute Ratingにおいて他のソフトウェアアプローチの3~47倍のパフォーマンスを達成していることでも証明されています。フォーティネットのFortiGuard Labsは、業界トップクラスの有効性と実績を誇る人工知能(AI)および機械学習(ML)システムを活用して、日々100億件以上のイベントの処理と分析を行い、実用的なリアルタイムの脅威インテリジェンスをお客様に提供しています。FortiOS、専用SPUテクノロジー、AIを活用した脅威インテリジェンスのこのような組み合わせは、サイバーセキュリティのイノベーションと卓越性に対するフォーティネットのコミットメントの表れです。

今回の発表に関するコメント
「フォーティネット セキュリティ ファブリックによって、コストと時間の大幅な削減が実現し、セキュリティ態勢を大幅に改善することができました。ファイアウォール、IPS、IDSの予算を75%削減でき、不正侵入が90%減少し、減災の作業時間も短縮しました。クラウドあるいはオンプレミスのどちらにおいても一貫性あるセキュリティが保証されることは、我々にとって大きなメリットです。」
- Hillsborough Community College(ヒルズボロ郡コミュニティ・カレッジ)、情報セキュリティ責任者、Kenneth Compres氏

「フォーティネットのサイバーセキュリティの統合アプローチによって、一元管理が可能になり、あらゆる要素を簡単に表示し、管理できるようになりました。企業顧客に付加価値サービスを提供している我々にとって、これは大きな優位性となります。フォーティネット セキュリティ ファブリックによって、我々は、統合された包括的セキュリティ保護を提供し、お客様のセキュリティ態勢の改善とコスト削減を支援できるようになりました。」
- TPx Communications、シニアプロダクトマネージャ、Erik Nordquist氏

「フォーティネット セキュリティ ファブリックで複数の環境の保護を可能にする統合セキュリティを提供することで、サイバー脅威に対する保護を強化できます。我々のチームにはNSE8認定を取得したメンバーが数多く在籍しているため、フォーティネット セキュリティ ファブリックの実装に関する最高レベルの知識を活用し、お客様にとって最適な包括的サイバーセキュリティプラットフォームの構築を支援できます。」
- Business Communications, Inc. 社長、Jonathan Hollingshead氏

「フォーティネット セキュリティ ファブリックなどのサイバーセキュリティプラットフォームを断片的なアプローチと比べると、管理、構成、オーケストレーションのオーバーヘッドが少なく、セキュリティ態勢を強化できるというメリットがあります。ポイント製品からプラットフォームのアプローチへと移行し、デジタルトランスフォーメーションによってスケーラビリティを向上させつつ、共通のインタフェースのセキュリティツールによる情報の共有と管理も同時に可能にする取り組みを進める組織が増えています。」
- IDC、サイバーセキュリティ製品担当リサーチマネージャー、Chris Rodriguez氏

フォーティネットのプロダクト担当エグゼクティブバイスプレジデント兼CMO、John Maddison(ジョン・マディソン)は、次のように述べています。
「FortiOS 6.4では、フォーティネット セキュリティ ファブリックにおける複数の攻撃ベクトルとインフラストラクチャからの保護のワークフローの自動化がこれまで以上に強化されました。フォーティネットは、業界トップクラスの広範なアライアンスパートナーエコシステム並びに業界をリードする研究者とアナリストチームを活用し、統合セキュリティインテリジェンスエコシステムを組み合わせることで、市場で最も包括的なサイバーセキュリティプラットフォームを提供します。」

 

関連リンク
フォーティネット セキュリティ ファブリック
FortiOS

フォーティネットについて (www.fortinet.com)

フォーティネット(NASDAQ: FTNT)は、世界中の大手企業、サービスプロバイダ、そして政府機関を守っています。フォーティネットは、拡大するアタックサーフェス(攻撃対象領域)に対するシームレスな保護とインテリジェンスを提供し、外部との明確な境界が消滅したネットワークでの、増え続けるパフォーマンスの条件に応じるパワーで、現在もまた将来も、お客様に貢献します。ネットワーク上でも、アプリケーションやクラウド、またはモバイル環境であっても、妥協することなく、極めて重大なセキュリティ上の問題に対応するセキュリティを提供できるのはフォーティネットのセキュリティ ファブリックのアーキテクチャだけです。フォーティネットは世界で最も多くのセキュリティアプライアンスを出荷し、世界440,000以上のお客様がビジネスを守るためにフォーティネット に信頼を寄せています。フォーティネットのネットワークセキュリティエキスパート(NSE)インスティチュートは、テクノロジーカンパニーとしても、ラーニングカンパニーとしても、業界で最大規模かつ広範なサイバーセキュリティのトレーニングプログラムを提供しています。

フォーティネットジャパンについては、fortinet.com/jp をご覧ください。

Copyright© 2020 Fortinet, Inc. All rights reserved. 「®」および「™」マークはいずれも、Fortinet, Inc.とその子会社および関連会社の米国における登録商標および未登録商標であることを示します。フォーティネットの商標には、Fortinet、FortiGate、FortiGuard、FortiCare、FortiManager、FortiAnalyzer、FortiOS、FortiADC、FortiAP、FortiAppMonitor、FortiASIC、FortiAuthenticator、FortiBridge、FortiCache、FortiCamera、FortiCASB、FortiClient、FortiCloud、FortiConnect、FortiController、FortiConverter、FortiDB、FortiDDoS、FortiExplorer、FortiExtender、FortiFone、FortiCarrier、FortiHypervisor、FortiIsolator、FortiMail、FortiMonitor、FortiNAC、FortiPlanner、FortiPortal、FortiPresence、FortiProxy、FortiRecorder、FortiSandbox、FortiSIEM、FortiSwitch、FortiTester、FortiToken、FortiVoice、FortiWAN、FortiWeb、FortiWiFi、FortiWLC、FortiWLCOS、FortiWLMなどが含まれますが、これらに限定されるものではありません。その他の製品名およびサービス名等は、各社の商標である場合があります。フォーティネットは、本プレスリリース内の第三者に帰する声明、認可またはテストについては、検証を行っておらず、また、このような第三者に帰する声明を承認するものではありません。本プレスリリースは、保証または債務保証、または契約として一切拘束を受けるものではなく、記載された製品仕様または製品性能は、ある特定の環境や条件のもとで計測されていることがあります。また、本プレスリリースには、将来の見通しに関して不確実性および仮説を伴う記述が含まれている場合がありますが、本不確実性が現実になったり、あるいは本仮説が正しくないことが判明したりする場合、明文的あるいは暗黙的に記述された内容と異なる結果が生じることがあります。これには、サイバー犯罪活動の動向予測に関する記述などが含まれますが、これに限定されるものではありません。このような動向は予測することが困難であり、また、このような動向に関する公開予測や期待事項は結果として正しくないことがあります。フォーティネットは、このような将来見通しを改正する義務を一切負うものではなく、また改正を発行することもありません。