フォーティネットとエクイニクス、フォーティネットのセキュアSD-WANでクラウド接続を加速

フォーティネットのセキュアSD-WANソリューションがエクイニクスのNetwork Edgeを企業顧客向けグローバルサービスとして強化

フォーティネットジャパン株式会社 - 2020年2月13日


幅広い適用領域で(Broad)システム連携し(Integrated)自動化された(Automated)サイバーセキュリティソリューションの世界的リーダーであるフォーティネット(Fortinet®、NASDAQ: FTNT)は、インターコネクション(相互接続 )とデータセンターをグローバルに展開するエクイニクスと協力し、エクイニクスのNetwork EdgeサービスフォーティネットのセキュアSD-WANを追加することでクラウド接続を加速させると発表しました。

支社やキャンパスの環境において、ユーザーエクスペリエンスの改善、コスト削減、複数のクラウドプラットフォーム接続の最適化を目的にSD-WANを導入する企業が増えています。現在、21,000社を超えるお客様がフォーティネットのセキュアSD-WANを採用しています。その多くは、支社からの直接的な実装を選択することで、クラウド導入の加速や、ビジネスアプリケーションとユーザーエクスペリエンスの改善に取り組んでいます。クラウドにワークロードを完全移行するクラウド優先戦略を採用する企業や、複数のパブリッククラウドを併用してWANエッジからの接続を高速化するハイブリッドなマルチクラウド戦略を採用する企業は、Platform Equinix上の仮想的なNetwork EdgeサービスとしてフォーティネットのセキュアSD-WANが利用できるようになります。

フォーティネットのセキュアSD-WANは、中規模企業から分散拠点を持つ大企業まで幅広く対応できる拡張性を備えたフル機能搭載SD-WANです。今回Network Edgeに追加されたことで、企業ユーザーは複数のパブリッククラウドへの最速経路を確保できます。フォーティネットのセキュアSD-WANは、Network Edgeを介してPlatform Equinixで提供されます。したがって、複数のクラウドアプリケーションへのアクセスで発生する遅延の問題を解決し、セキュリティ保護を損なうことなく、クラウド接続を最適化します。また、コロケーションオプションを追加することにより、フォーティネットのセキュアSD-WANの対応領域が拡大します。このオプションは、ハードウェアアプライアンス、オンプレミスのNFV、大手クラウドプロバイダーの仮想アプライアンスとして提供されます。さらに、マルチクラウドとハイブリッドクラウドを完全にサポートすることで、世界中のパブリッククラウドプロバイダーによってグローバルに分散されたワークロードのスループットを加速します。

フォーティネットのセキュアSD-WANには、次世代ファイアウォールセキュリティが組み込まれているため、エクイニクスのNetwork Edgeマーケットプレースで提供されるフォーティネットのセキュアSD-WANは、パブリッククラウドとSaaSアプリケーション全体のクラウド接続を加速するだけでなく、一貫したセキュリティも可能にします。管理と分析を一元化することで運用をシンプルにするSD-WANは、ゼロタッチプロビジョニングで導入にかかる時間を短縮します。また、BYOL(Bring-Your-Own-License)やサブスクリプションベースの従量課金(Pay-As-You-Go)に基づく柔軟なライセンスモデルが採用されているため、ニーズに合ったライセンスモデルを選択できます。

フォーティネットのプロダクト担当エグゼクティブバイスプレジデント兼CMO、John Maddison(ジョン・マディソン)は、次のように述べています。「顧客の大半が複数のクラウドプロバイダーを利用する今、サービスの導入場所を選べるオプションは非常に重要です。エクイニクスとの協業によってフォーティネットのセキュアSD-WANがNetwork Edgeで提供され、導入の柔軟性が高まります。サービスを支社以外でホストすることが可能になり、クラウドへの移行を加速させることができます」

エクイニクスのコアプロダクトマネジメント担当シニアバイスプレジデント、Bill Long氏は、次のように述べています。「エクイニクスのNetwork Edgeサービスは、ネットワークの近代化を通じてグローバル企業のデジタルトランスフォーメーションを加速します。フォーティネットのセキュアSD-WANをNetwork Edge上で仮想ネットワークサービスとして提供することにより、顧客は設備投資費を低減できるだけでなく、グローバルに分散したエンドユーザー、クラウド、エコシステムに近い場所に、シンプルなWANエッジオペレーションをシームレスに導入することが可能になります」

フォーティネットについて (www.fortinet.com)

フォーティネット(NASDAQ: FTNT)は、世界中の大手企業、サービスプロバイダ、そして政府機関を守っています。フォーティネットは、拡大するアタックサーフェス(攻撃対象領域)に対するシームレスな保護とインテリジェンスを提供し、外部との明確な境界が消滅したネットワークでの、増え続けるパフォーマンスの条件に応じるパワーで、現在もまた将来も、お客様に貢献します。ネットワーク上でも、アプリケーションやクラウド、またはモバイル環境であっても、妥協することなく、極めて重大なセキュリティ上の問題に対応するセキュリティを提供できるのはフォーティネットのセキュリティ ファブリックのアーキテクチャだけです。フォーティネットは世界で最も多くのセキュリティアプライアンスを出荷し、世界425,000以上のお客様がビジネスを守るためにフォーティネット に信頼を寄せています。

フォーティネットジャパンについては、fortinet.com/jp をご覧ください。

Copyright© 2020 Fortinet, Inc. All rights reserved. 「®」および「™」マークはいずれも、Fortinet, Inc.とその子会社および関連会社の米国における登録商標および未登録商標であることを示します。フォーティネットの商標には、Fortinet、FortiGate、FortiGuard、FortiCare、FortiManager、FortiAnalyzer、FortiOS、FortiADC、FortiAP、FortiAppMonitor、FortiASIC、FortiAuthenticator、FortiBridge、FortiCache、FortiCamera、FortiCASB、FortiClient、FortiCloud、FortiConnect、FortiController、FortiConverter、FortiDB、FortiDDoS、FortiExplorer、FortiExtender、FortiFone、FortiCarrier、FortiHypervisor、FortiIsolator、FortiMail、FortiMonitor、FortiNAC、FortiPlanner、FortiPortal、FortiPresence、FortiProxy、FortiRecorder、FortiSandbox、FortiSIEM、FortiSwitch、FortiTester、FortiToken、FortiVoice、FortiWAN、FortiWeb、FortiWiFi、FortiWLC、FortiWLCOS、FortiWLMなどが含まれますが、これらに限定されるものではありません。その他の製品名およびサービス名等は、各社の商標である場合があります。フォーティネットは、本プレスリリース内の第三者に帰する声明、認可またはテストについては、検証を行っておらず、また、このような第三者に帰する声明を承認するものではありません。本プレスリリースは、保証または債務保証、または契約として一切拘束を受けるものではなく、記載された製品仕様または製品性能は、ある特定の環境や条件のもとで計測されていることがあります。また、本プレスリリースには、将来の見通しに関して不確実性および仮説を伴う記述が含まれている場合がありますが、本不確実性が現実になったり、あるいは本仮説が正しくないことが判明したりする場合、明文的あるいは暗黙的に記述された内容と異なる結果が生じることがあります。これには、サイバー犯罪活動の動向予測に関する記述などが含まれますが、これに限定されるものではありません。このような動向は予測することが困難であり、また、このような動向に関する公開予測や期待事項は結果として正しくないことがあります。フォーティネットは、このような将来見通しを改正する義務を一切負うものではなく、また改正を発行することもありません。