Skip to content Skip to navigation Skip to footer

フォーティネット、ネットワーク監視および修復のイノベーターであるPanoptaを買収

PanoptaのSaaSベースのハイブリッドインフラストラクチャ監視および診断プラットフォームは、ネットワークセキュリティ運用の自動化により、フォーティネットのお客様のネットワークのハイパフォーマンスとセキュリティをさらに強化

フォーティネットジャパン株式会社 - 2020年12月14日


幅広い適用領域で(Broad)システム連携し(Integrated)自動化された(Automated)サイバーセキュリティソリューションの世界的リーダーであるフォーティネット(Fortinet®、NASDAQ: FTNT)は、サーバー、ネットワークデバイス、コンテナ、アプリケーション、データベース、仮想アプライアンス、クラウドインフラを含む企業ネットワークの健全性にフルスタックの可視化と自動管理を提供するSaaSプラットフォームのイノベーターであるPanoptaを買収したことを発表しました。

顧客はデジタルイノベーションのイニシアチブを加速させており、ユーザーエクスペリエンスがアプリケーションの成功を決定しています。インフラストラクチャの稼働率を100%にすることは非常に重要です。Panoptaのクラウドベースのソリューションは、コンテナ、クラウド、オンプレミス、ハイブリッドのいずれの展開においても、すべてのサービス、ネットワークデバイス、およびアプリケーションの全体像を提供します。フォーティネットのセキュリティ ファブリックとPanoptaのスケーラブルなネットワーク監視および診断プラットフォームを組み合わせることで、フォーティネットは、企業やサービスプロバイダ向けに最も包括的なネットワークおよびセキュリティ運用管理ソリューションを提供することができます。

顧客のハイブリッドネットワークインフラのセキュリティとパフォーマンスをさらに向上させることに加えて、これらを組み合わせたソリューションは、クラウドベースを含むフォーティネットのセキュリティサービスを支えるインフラのリアルタイム監視と有効性を強化することが期待されています。例えば、SASEサービス、Eメール、セキュリティ分析、Webアプリケーションファイアウォールは、Panoptaのプラットフォームが提供する継続的な監視と診断の恩恵を受けることができます。PanoptaのソリューションとフォーティネットのFortiGate次世代ファイアウォールおよびセキュアSD-WANソリューションとの統合により、SD-WANの接続性とパフォーマンスがさらに向上します。さらに、Panoptaの自動インシデント管理とフォーティネットのSOARプラットフォームを統合することで、ITチームがリアルタイムのネットワークの健全性をプロアクティブに診断し、インシデントを解決するための単一のプラットフォームビューを提供することができます。

Panoptaのプラットフォームは、パートナーが使いやすいように構成されており、MSSPや付加価値パートナーは、マルチテナント ソリューションを自社のサービスに簡単に統合し、エンドカスタマーに迅速に付加価値を提供することができます。Panoptaソリューションのロールベースのアクセス制御は、顧客間で、またネットワーク オペレーション センター(NOC)とセキュリティ オペレーション センター(SOC)内で、きめ細かなガバナンス層を提供します。

現在のリモートワーク環境では、アプリケーションとそのコンポーネントの品質、パフォーマンス、セキュリティ、可用性のすべてがエンドユーザーエクスペリエンスに影響を与えます。Panoptaのソリューションは、ネットワークの健全性メトリクスとアプリケーションのパフォーマンスの両方を分析して、ユーザーのアクセスに影響を与える可能性のある潜在的な問題領域を特定し、迅速で自動化された修復(デジタル・エクスペリエンス・モニタリングまたはDEMとも呼ばれる)を可能にします。

Panoptaの買収により、フォーティネットは、ネットワーク監視、検出、インシデント対応の新機能を追加することで、業界で最も包括的なセキュリティドリブンネットワーキングプラットフォームを提供します。機能には以下が含まれます。

  • 統合された監視と自動化されたインシデント管理により、NOCチームの応答と解決にかかる時間を短縮し、SLAを上回ることが可能
  • エンドユーザーエクスペリエンスに影響を与える可能性のあるアプリケーション・パフォーマンスと遅延をシミュレートするためのグローバルPoP(低コストのプローブを備えた50以上のグローバル・ポイント・オブ・プレゼンスで、シンセティック・トランザクション・モニタリングとしても知られています)
  • AWSとAzureのKubernetesとPaaSのワークロードをクラウドネイティブで監視
  • サードパーティ製のエンタープライズツールや最新のコミュニケーションツールとの統合機能を備えた、完全に構成可能なアラートワークフロー
  • フォーティネットのパートナーに対する継続的なコミットメントに合致する、パートナーフレンドリーなサービス提供

フォーティネット 創設者、取締役会会長兼CEO、Ken Xie(ケン・ジー)は次のように述べています。
「多くのIT環境が複雑で分散していることを考えると、企業はデジタルビジネスのイニシアチブを成功させるために、高性能で安全なネットワークを必要としています。セキュリティとネットワーキングを融合したセキュリティドリブンネットワークのアプローチにより、企業は今日のハイパーコネクテッドビジネスを保護するために不可欠な接続性とパフォーマンスを手に入れることができます。フォーティネットのPanopta買収は、当社のクラス最高のセキュリティ製品群をSaaSプラットフォームで補完するものであり、エッジネットワークやクラウドネットワークなどのハイブリッド環境でネットワークの可視性を高め、迅速な修復を可能にして、セキュリティとビジネス効率をさらに向上させます」 

買収金額の詳細は非公開です。

フォーティネットについて (www.fortinet.com)

フォーティネット(NASDAQ: FTNT)は、世界中の大手企業、サービスプロバイダ、そして政府機関を守っています。フォーティネットは、拡大するアタックサーフェス(攻撃対象領域)に対するシームレスな保護とインテリジェンスを提供し、外部との明確な境界が消滅したネットワークでの、増え続けるパフォーマンスの条件に応じるパワーで、現在もまた将来も、お客様に貢献します。ネットワーク上でも、アプリケーションやクラウド、またはモバイル環境であっても、妥協することなく、極めて重大なセキュリティ上の問題に対応するセキュリティを提供できるのはフォーティネットのセキュリティ ファブリックのアーキテクチャだけです。フォーティネットは世界で最も多くのセキュリティアプライアンスを出荷し、世界480,000以上のお客様がビジネスを守るためにフォーティネット に信頼を寄せています。フォーティネットのネットワークセキュリティエキスパート(NSE)インスティチュートは、テクノロジーカンパニーとしても、ラーニングカンパニーとしても、業界で最大規模かつ広範なサイバーセキュリティのトレーニングプログラムを提供しています。

 

フォーティネットジャパンについては、fortinet.com/jp をご覧ください。

Copyright© 2020 Fortinet, Inc. All rights reserved. 「®」および「™」マークはいずれも、Fortinet, Inc.とその子会社および関連会社の米国における登録商標および未登録商標であることを示します。フォーティネットの商標には、Fortinet、FortiGate、FortiGuard、FortiCare、FortiManager、FortiAnalyzer、FortiOS、FortiADC、FortiAP、FortiAppMonitor、FortiASIC、FortiAuthenticator、FortiBridge、FortiCache、FortiCamera、FortiCASB、FortiClient、FortiCloud、FortiConnect、FortiController、FortiConverter、FortiDB、FortiDDoS、FortiExplorer、FortiExtender、FortiFone、FortiCarrier、FortiHypervisor、FortiIsolator、FortiMail、FortiMonitor、FortiNAC、FortiPlanner、FortiPortal、FortiPresence、FortiProxy、FortiRecorder、FortiSandbox、FortiSIEM、FortiSwitch、FortiTester、FortiToken、FortiVoice、FortiWAN、FortiWeb、FortiWiFi、FortiWLC、FortiWLCOS、FortiWLMなどが含まれますが、これらに限定されるものではありません。その他の製品名およびサービス名等は、各社の商標である場合があります。フォーティネットは、本プレスリリース内の第三者に帰する声明、認可またはテストについては、検証を行っておらず、また、このような第三者に帰する声明を承認するものではありません。本プレスリリースは、保証または債務保証、または契約として一切拘束を受けるものではなく、記載された製品仕様または製品性能は、ある特定の環境や条件のもとで計測されていることがあります。また、本プレスリリースには、将来の見通しに関して不確実性および仮説を伴う記述が含まれている場合がありますが、本不確実性が現実になったり、あるいは本仮説が正しくないことが判明したりする場合、明文的あるいは暗黙的に記述された内容と異なる結果が生じることがあります。これには、サイバー犯罪活動の動向予測に関する記述などが含まれますが、これに限定されるものではありません。このような動向は予測することが困難であり、また、このような動向に関する公開予測や期待事項は結果として正しくないことがあります。フォーティネットは、このような将来見通しを改正する義務を一切負うものではなく、また改正を発行することもありません。