フォーティネット、ガートナー社ネットワークファイアウォールについてのマジック・クアドラントにおいてリーダーと評価される

ネットワークファイアウォールについてのマジック・クアドラントにフォーティネットは10回連続で登場

フォーティネットジャパン株式会社 - 2019年10月15日


幅広い適用領域で(Broad)システム連携し(Integrated)自動化された(Automated)サイバーセキュリティソリューションの世界的リーダーであるフォーティネット(Fortinet®、NASDAQ:FTNT)は本日、2019年のガートナー社ネットワークファイアウォールについてのマジック・クアドラント(英文)において、18社のベンダーの中からリーダーに位置づけられたことを発表しました。フォーティネットはビジョンの完全性とそのビジョンの実行能力を評価されて、ネットワークファイアウォールについてのマジック・クアドラントには10年連続で登場しています。今回、リーダー・クアドラントに位置付けられた最大の要因は、セキュリティ ドリブン ネットワーキングのアプローチの実現を目指す取り組みにあると当社は確信しています。このアプローチでは、415,000社を超える世界中のお客様がインフラストラクチャ全体の効率化を実現することを支援するため、ネットワークのあらゆる要素にセキュリティを統合します。

FortiGateネットワークファイアウォールは、支社やキャンパス、ハイブリッドデータセンターやマルチクラウド環境に至るまで、重要なネットワークエッジ全体に一貫したエンドツーエンドの保護を提供し、次のような多くのメリットをもたらすセキュリティ ドリブン ネットワークの構築を実現します。

  • セキュアSD-WAN:フォーティネットは、高度なセキュリティを統合したSD-WANを最初に提供したベンダーの1つです。このSD-WANにより、分散する企業拠点においてセキュリティ態勢を犠牲にすることなく、ユーザーエクスペリエンスの向上とWANのコスト削減を実現できます。
  • クラウドセキュリティ:FortiGateネットワークファイアウォールは、主要6社のIaaSプロバイダーをカバーする幅広いサポートで、マルチクラウド環境のセキュリティを確保します。これにより、クラウドの採用が増加した場合でも、一貫した多層セキュリティ保護、自動化、および緊密な統合のメリットを活かすことが可能です。
  • クラウドへの最適経路を高速化:フォーティネットの高性能なハイブリッドデータセンターおよびSD-WANソリューションは、セキュアな高速接続と詳細なSSLインスペクションをマルチクラウド環境に提供し、クラウドへの最適経路を高速化します。またフォーティネットは、最新の暗号化規格であるTLS 1.3を使って暗号化されたフローのインスペクションを実現する唯一のベンダーでもあります。FortiGateネットワークファイアウォールを導入することで、すべてのHTTPSトラフィックのインスペクションによって完全な可視化を実現すると同時に、優れたユーザーエクスペリエンスの提供が可能になります。
  • 一元管理:FortiManagerが実現する一元管理によって、さまざまなネットワークエッジを網羅する完全で包括的なビューが提供されると同時に、運用の簡素化、ネットワーク全体のセキュリティ、可視化、および分析が可能になります。

これらの優れた機能が一体となり、世界中の415,000社を超えるフォーティネットのお客様に比類のない保護とパフォーマンスが提供されます。フォーティネットのFortiGateネットワークファイアウォールは、2018年2月に“Best Enterprise Network Firewall Management Software”分野においてGartner Peer Insights Customers’ Choice(英文)に選ばれており、Gartner Peer Insightsのネットワークファイアウォール市場部門(英文)においても、フォーティネットは2019年9月18日の時点で全ベンダー中最多の1,448件のレビューを得ています。さらに、Gartner Peer InsightsのWANエッジインフラストラクチャ市場部門(英文)でも、FortiGateネットワークファイアウォールの中核であるセキュアSD-WANソリューションに対して、2019年9月18日の時点で全ベンダー中最多の合計162件のレビューをいただいています。お客様からのこのようなさらなる評価は、ネットワークファイアウォール市場におけるフォーティネットのリーダーシップをさらに際立たせていると信じています。

フォーティネット プロダクト担当エグゼクティブバイスプレジデント兼CMO John Maddison(ジョン・マディソン)のコメント 
「フォーティネットは、ネットワークファイアウォール市場の確固たるリーダーであり続けています。フォーティネット セキュリティ ファブリック プラットフォームは、デジタル攻撃対象領域全体で複雑さを解消し、自動化と広範な保護を実現します。FortiGateネットワークファイアウォールは、SD-WANとの統合を実現した初めてのソリューションであり、マルチクラウド環境を幅広くサポートするとともに、クラウドへの最適経路を高速化してユーザーエクスペリエンスを向上させます。今回のガートナー社からの評価は、すべてのネットワークエッジに一貫したセキュリティを提供するセキュリティ ドリブン ネットワーク構築に向けたフォーティネットの取り組みが認められた結果であると確信しています」

 

ガートナー社、Magic Quadrant for Network Firewalls(ネットワークファイアウォールについてのマジック・クアドラント)、Rajpreet Kaur、Adam Hils、Jeremy D'Hoinne、John Watts共著、2019年9月17日発行このレポートは、これまで「Magic Quadrant for Enterprise Network Firewalls(エンタープライズネットワークファイアウォールについてのマジック・クアドラント)」のタイトルで発行されていました。

Gartner Peer Insightsのレビューは個々のエンドユーザーの体験に基づく意見であり、ガートナー社やその関連会社の見解を示すものではありません。

Gartner Peer Insights Customers' Choiceは、個々のエンドユーザのレビュー、評価、文書化された手法に対して適用されたデータに基づいた主観的な意見によって決定されます。ガートナー社やその関連会社の見解を表す意図はありません。

ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高のレーティング又はその他の評価を得たベンダーのみを選択するように助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

 

関連資料

  • ガートナー社の2019年ネットワークファイアウォール マジック・クアドラント(英文)は、こちらからご参照いただけます。

フォーティネットについて (www.fortinet.com)

フォーティネット(NASDAQ: FTNT)は、世界中の大手企業、サービスプロバイダ、そして政府機関を守っています。フォーティネットは、拡大するアタックサーフェス(攻撃対象領域)に対するシームレスな保護とインテリジェンスを提供し、外部との明確な境界が消滅したネットワークでの、増え続けるパフォーマンスの条件に応じるパワーで、現在もまた将来も、お客様に貢献します。ネットワーク上でも、アプリケーションやクラウド、またはモバイル環境であっても、妥協することなく、極めて重大なセキュリティ上の問題に対応するセキュリティを提供できるのはフォーティネットのセキュリティ ファブリックのアーキテクチャだけです。フォーティネットは世界で最も多くのセキュリティアプライアンスを出荷し、世界415,000以上のお客様がビジネスを守るためにフォーティネット に信頼を寄せています。

フォーティネットジャパンについては、fortinet.com/jp をご覧ください。

Copyright© 2019 Fortinet, Inc. All rights reserved. 「®」および「™」マークはいずれも、Fortinet, Inc.とその子会社および関連会社の米国における登録商標および未登録商標であることを示します。フォーティネットの商標には、Fortinet、FortiGate、FortiGuard、FortiCare、FortiManager、FortiAnalyzer、FortiOS、FortiADC、FortiAP、FortiAppMonitor、FortiASIC、FortiAuthenticator、FortiBridge、FortiCache、FortiCamera、FortiCASB、FortiClient、FortiCloud、FortiConnect、FortiController、FortiConverter、FortiDB、FortiDDoS、FortiExplorer、FortiExtender、FortiFone、FortiCarrier、FortiHypervisor、FortiIsolator、FortiMail、FortiMonitor、FortiNAC、FortiPlanner、FortiPortal、FortiPresence、FortiProxy、FortiRecorder、FortiSandbox、FortiSIEM、FortiSwitch、FortiTester、FortiToken、FortiVoice、FortiWAN、FortiWeb、FortiWiFi、FortiWLC、FortiWLCOS、FortiWLMなどが含まれますが、これらに限定されるものではありません。その他の製品名およびサービス名等は、各社の商標である場合があります。フォーティネットは、本プレスリリース内の第三者に帰する声明、認可またはテストについては、検証を行っておらず、また、このような第三者に帰する声明を承認するものではありません。本プレスリリースは、保証または債務保証、または契約として一切拘束を受けるものではなく、記載された製品仕様または製品性能は、ある特定の環境や条件のもとで計測されていることがあります。また、本プレスリリースには、将来の見通しに関して不確実性および仮説を伴う記述が含まれている場合がありますが、本不確実性が現実になったり、あるいは本仮説が正しくないことが判明したりする場合、明文的あるいは暗黙的に記述された内容と異なる結果が生じることがあります。これには、サイバー犯罪活動の動向予測に関する記述などが含まれますが、これに限定されるものではありません。このような動向は予測することが困難であり、また、このような動向に関する公開予測や期待事項は結果として正しくないことがあります。フォーティネットは、このような将来見通しを改正する義務を一切負うものではなく、また改正を発行することもありません。