フォーティネット、WANエッジの高速化と保護を可能にする業界初のSD-WAN ASICを発表

SD-WAN ASIC採用の新製品「FortiGate 100F」が10倍のパフォーマンス向上を可能にし、FortiOS 6.2のSD-WAN新機能がアプリケーションエクスペリエンス向上を実現

フォーティネットジャパン株式会社 - 2019年4月26日


幅広い適用領域で(Broad)システム連携し(Integrated)自動化された(Automated)、サイバーセキュリティソリューションの世界的リーダーであるフォーティネット(Fortinet®、NASDAQ:FTNT)は本日、業界初のSD-WAN ASICを搭載し、セキュリティドリブンネットワーキングの実装を可能にするセキュアSD-WANの新製品を発表しました。

高速でコスト効率の高い接続を実現する手段としてSD-WANを採用する組織が増加する中、セキュリティが未だ最大の課題である状況が続いています。ガートナー社の最近の調査レポート1では、「回答者の72%が、セキュリティはWANにおける最大の懸念事項であると回答」したと報告されています。このような現状に対応するため、フォーティネットは以下の新たなイノベーションによって今後もセキュリティドリブンネットワーキングの導入を継続的に支援します。

  • 業界初のSoC4 SD-WAN ASIC
  • 10倍の速さを実現するFortiGate 100F アプライアンス
  • 最新のFortiOS 6.2に追加されたSD-WANの新機能
  • 360 Protection Service(英語)

これらのイノベーションは、以下のユースケースに対応することでお客様が直面している緊急の課題の解決を支援します。

ユースケース#1:エンタープライズWANエッジにおけるデジタルトランスフォーメーション

SaaSやマルチクラウドアプリケーションの利用が増加するに伴い、WANエッジの「アプリケーション対応」が必要とされはじめています。フォーティネットは、このようなニーズに対応するため5,000を超えるアプリケーションに関して業界最速のアプリケーションの識別とステアリングを可能にする、業界初のSoC4 SD-WAN ASICを発表しています。この新しいASICによって、アプリケーションへのアクセスの遅延が回避されるほか、オーバーレイパフォーマンスが向上するため、ビジネスクリティカルアプリケーションにおいて低レイテンシでトップクラスのユーザーエクスペリエンスを提供することができます。

またフォーティネットは、この新しいSoC4 SD-WAN ASICを搭載し、SD-WAN機能と先進のセキュリティが集約されたFortiGate 100F 次世代ファイアウォールも同時に発表しました。FortiGate 100Fは、競合他社製品の10倍もの圧倒的なパフォーマンスを提供するだけでなく、10GbEインタフェースを装備することで別のデバイスを追加することなく将来的な拡張に対応できます。

ユースケース#2:アプリケーションパフォーマンスを低下させることなくWANの運用コストを削減

WANコストの削減と高帯域幅の要件への対応を両立させるために、MPLSからブロードバンドへと移行する組織が増えていますが、この移行によってユニファイドコミュニケーションアプリケーションのユーザーエクスペリエンスが低下するケースも少なくありません。FortiOS 6.2に追加された最新のSD-WAN機能によってWANリンクの減災が可能になり、最も不安定なWAN接続の修復にも対応すると同時に、ユニファイドコミュニケーションアプリケーションで優れたパフォーマンスを提供できるようになりました。新しいSD-WAN機能では、オンデマンドでのWAN帯域幅の測定が可能になるほか、オーバーレイ帯域幅のアグリゲーションによるパケットベースのステアリングによって、トップクラスのユーザーエクスペリエンスとアプリケーションパフォーマンスが常に提供されます。

ユースケース#3:WANエッジの運用の簡素化とSD-Branchとの統合

現在、WANエッジを実現しようとする多くのお客様が複数の単機能製品や管理コンソールの使用を強いられています。この問題を解決するため、フォーティネットはSD-WANの管理とオーケストレーションによって最も複雑な導入環境の簡素化をも可能にする、360 Protection Serviceを新たに発表します。このサービスでは、強力な一元管理機能によってVPN導入環境を簡素化する、オーバーレイコントローラオーケストレーションが採用されています。さらに、フォーティネットのFortiManagerをオンプレミスやマルチクラウドをはじめとするあらゆる環境で利用し、WANエッジを集中管理できるようになりました。

WANエッジの運用をさらに簡素化するため、フォーティネットは支社ネットワーク向けアクセスレイヤーとSD-WANの統合強化に取り組んでいます。フォーティネットの新しいSoC4 SD-WAN ASICは、WANエッジ、アクセスポイント、およびスイッチのすべてのセキュリティ拡張機能を高速化することで、SD-Branchへの移行を可能にします。

セキュリティドリブンネットワーキングのイノベーションに対するフォーティネットの一貫したコミットメント

フォーティネットは、FortiGateセキュアSD-WANソリューションを通じてトップクラスのSD-WANとセキュリティを常に提供してきました。その優れたセキュリティ機能は多くのお客様に採用され、NSS Labsによる最初のテストレポートで唯一、SD-WAN部門の「Recommended(推奨)」評価 を獲得したことで実証されています。。業界初のSoC4 SD-WAN ASICが今回発表されたことで、支社が100か所あるいは10,000か所かを問わず、セキュリティドリブンネットワーキングによって完全に接続されたエッジが支社環境でも実現します。また、フォーティネットのSD-WAN ASICを搭載する新しいFortiGate 100Fは、WANエッジの導入において最高水準の価格性能比を実現しています。少人数のITスタッフで運用される環境においていっそうの作業負荷軽減を支援するため、FortiOS 6.2に360 Protection Serviceが追加されました。この新サービスをご利用いただくことで、オーケストレーションが簡素化されると同時に、ユニファイドコミュニケーションアプリケーションでトップクラスのユーザーエクスペリエンスが実現します。

フォルクスワーゲングループ リテイルファイナンスのCIO、Alexandre Sacher氏は次のように述べています。「FortiGate NGFWによって実現するフォーティネットのセキュアSD-WANソリューションの採用を決断したのは、完全な可視化、容易な管理、高度なセキュリティを損なうことなく運用を簡素化する最適な方法を模索していたからです。フォーティネットのSD-WANソリューションを採用したことで、これらすべてのニーズを1つのソリューションで解決できただけでなく、地理的に分散するWANを接続し、パフォーマンス低下を恐れることなくMPLSを含むさまざまなリンク経由でトラフィックをルーティングできるようになりました。このソリューションによって、当社のIT部門はWAN上のトラフィックのタイプを確実に判断できるようになったほか、レイテンシの問題を適切に管理してビジネスクリティカルなアプリケーションやトラフィックを優先して処理可能になりました」

フォーティネットのプロダクト&ソリューション担当エグゼクティブバイスプレジデント、John Maddison(ジョン・マディソン)は次のように述べています。は次のように述べています。「WANエッジがデジタル攻撃対象の1つになった今、ネットワークのボトルネックとならない方法でエッジを保護する必要があります。支社オフィスにおいては、SD-WAN、WANの最適化、セキュリティ、オーケストレーションをはじめとする、トップクラスのWANエッジに最適化されたパフォーマンスとセキュリティで提供できない限り、優れたデジタルエクスペリエンスを実現することはできません。フォーティネットのSoC4 SD-WAN ASICによって、組織の支社が100か所あるいは10,000か所あるかを問わず、セキュリティ主導ネットワーキングを実現できます」

出典:ガートナー社、「Survey Analysis: Address Security and Digital Concerns to Maintain Rapid SD-WAN Growth(調査分析:SD-WANの急増で直面するセキュリティとデジタルの課題を解決する)」、Nareesh Singh著、2018年11月12日発行

フォーティネットについて (www.fortinet.com)

フォーティネット(NASDAQ: FTNT)は、世界中の大手企業、サービスプロバイダ、そして政府機関を守っています。フォーティネットは、拡大するアタックサーフェス(攻撃対象領域)に対するシームレスな保護とインテリジェンスを提供し、外部との明確な境界が消滅したネットワークでの、増え続けるパフォーマンスの条件に応じるパワーで、現在もまた将来も、お客様に貢献します。ネットワーク上でも、アプリケーションやクラウド、またはモバイル環境であっても、妥協することなく、極めて重大なセキュリティ上の問題に対応するセキュリティを提供できるのはフォーティネットのセキュリティ ファブリックのアーキテクチャだけです。フォーティネットは世界で最も多くのセキュリティアプライアンスを出荷し、世界385,000以上のお客様がビジネスを守るためにフォーティネット に信頼を寄せています。

フォーティネットジャパンについては、fortinet.com/jp をご覧ください。

Copyright© 2019 Fortinet, Inc. All rights reserved. 「®」および「™」マークはいずれも、Fortinet, Inc.とその子会社および関連会社の米国における登録商標および未登録商標であることを示します。フォーティネットの商標には、Fortinet、FortiGate、FortiGuard、FortiCare、FortiManager、FortiAnalyzer、FortiOS、FortiADC、FortiAP、FortiAppMonitor、FortiASIC、FortiAuthenticator、FortiBridge、FortiCache、FortiCamera、FortiCASB、FortiClient、FortiCloud、FortiConnect、FortiController、FortiConverter、FortiDB、FortiDDoS、FortiExplorer、FortiExtender、FortiFone、FortiCarrier、FortiHypervisor、FortiIsolator、FortiMail、FortiMonitor、FortiNAC、FortiPlanner、FortiPortal、FortiPresence、FortiProxy、FortiRecorder、FortiSandbox、FortiSIEM、FortiSwitch、FortiTester、FortiToken、FortiVoice、FortiWAN、FortiWeb、FortiWiFi、FortiWLC、FortiWLCOS、FortiWLMなどが含まれますが、これらに限定されるものではありません。その他の製品名およびサービス名等は、各社の商標である場合があります。フォーティネットは、本プレスリリース内の第三者に帰する声明、認可またはテストについては、検証を行っておらず、また、このような第三者に帰する声明を承認するものではありません。本プレスリリースは、保証または債務保証、または契約として一切拘束を受けるものではなく、記載された製品仕様または製品性能は、ある特定の環境や条件のもとで計測されていることがあります。また、本プレスリリースには、将来の見通しに関して不確実性および仮説を伴う記述が含まれている場合がありますが、本不確実性が現実になったり、あるいは本仮説が正しくないことが判明したりする場合、明文的あるいは暗黙的に記述された内容と異なる結果が生じることがあります。これには、サイバー犯罪活動の動向予測に関する記述などが含まれますが、これに限定されるものではありません。このような動向は予測することが困難であり、また、このような動向に関する公開予測や期待事項は結果として正しくないことがあります。フォーティネットは、このような将来見通しを改正する義務を一切負うものではなく、また改正を発行することもありません。