フォーティネット、NSS LabsのSD-WANグループテストレポートで2年連続の「Recommended(推奨)」評価を獲得

FortiGateセキュアSD-WANがクラウドアプリケーションに要求される優れたWANパフォーマンスと1 Mbpsあたり最小のTCOを提供

フォーティネットジャパン株式会社 - 2019年7月3日


幅広い適用領域で(Broad) システム連携し(Integrated) 自動化された(Automated) サイバーセキュリティソリューションの世界的リーダーであるフォーティネット(Fortinet®、NASDAQ:FTNT)は本日、NSS LabsのSD-WAN(Software-Defined Wide Area Networking)グループテストのレポートにおいて、2年連続で「Recommended(推奨)」評価を獲得したと発表しました。フォーティネットのFortiGateセキュアSD-WANの以下の優位性が、NSS Labsのテストでの高評価につながりました。

* 最小のTCO(総所有コスト):FortiGateセキュアSD-WANは、支社が75箇所ある企業でそれぞれの環境で異なる条件で利用した場合で、Mbpsあたり最小のTCOであることが証明され、運用コストの大幅な削減が可能であることが実証されました。さらに、新しい支社への導入にあたって6分以下でゼロタッチプロビジョニングが可能であることも証明されています。フォーティネットのセキュアSD-WANソリューションは、WANエッジオペレーションの簡素化のニーズに重点的に取り組むとともに、スケーラブルで一元管理可能な1つの製品でトップクラスのSD-WAN機能とセキュリティを提供します。

* ユニファイドコミュニケーションの優れたユーザー体験品質:このグループテストで、FortiGateセキュアSD-WANはVoIPで平均4.36、ビデオで平均4.15の高いMOS(Mean Opinion Scores:平均オピニオン評点)を達成し、ビジネスクリティカルな音声 / ビデオアプリケーションで優れたユーザーエクスペリエンスを提供できることが実証されました。このテストでは、パケットの損失、レイテンシ、パケットの遅延、リンク障害などが、実環境に近いWANの最も過酷な障害のシナリオで評価されました。

* 高可用性によるユーザーエクスペリエンスの向上:NSS Labsのテストでは、FortiGateセキュアSD-WANの高可用性についても評価され、エンタープライズネットワークに不可欠な要素である、ネットワークとアプリケーションの安定性が提供されることが実証されました。フォーティネットのセキュアSD-WANソリューションは、VoIP / ビデオで高いMOSを達成し、WANリンク障害発生時の優れた回復性と中断のないユーザーエクスペリエンスが証明されました。

* クラウドアプリケーションでも優れたWANパフォーマンスを実現:専用に設計されたSD-WAN ASICを搭載するFortiGateセキュアSD-WANは、893 Mbpsの優れたVPNオーバーレイパフォーマンスによって、卓越したユーザーエクスペリエンスと最小のレイテンシを提供することが実証されました。デジタルトランスフォーメーションを推進する企業では、パブリッククラウドやSaaSのアプリケーションの利用にあたってインターネットへの直接アクセスが重要な要件であることから、こういった優位性が特に大きなメリットとなります。

フォーティネットのセキュアSD-WANソリューションが、複雑さを軽減しWANエッジの運用を簡素化
FortiGateセキュアSD-WANは、専用に設計されたフォーティネット独自のSD-WAN ASICによって、SD-WAN、セキュリティ、WAN最適化、高度なルーティングなどの重要な機能を統合し、WANエッジのトランスフォーメーションを可能にします。NSS Labsの今年のSD-WANグループテストでは、FortiGateセキュアSD-WANのTCOが最小であると認定されるとともに、数分でのゼロタッチプロビジョニングが可能であることが確認されました。この機能によって、大規模企業の支社が直面している問題に対処し、一般的には数か月も必要な新規サイトへの導入や長時間を要するネットワークの問題のトラブルシューティングといった、多数のポイントソリューション活用に伴う多くの問題を解決できます。FortiGateセキュアSD-WANは、このような問題を解決するゼロタッチプロビジョニング機能を提供し、WANエッジの安全で容易な運用を可能にします。

グローバルな導入が急速に進むフォーティネットのセキュアSD-WAN
業界初のSD-WAN ASICの発表をはじめとするフォーティネットのイノベーションによって、多くのお客様への導入(英語)がさらに加速しています。FortiGateセキュアSD-WANは、トップクラスのSD-WAN機能とセキュリティが1つに統合された製品であり、多くの企業組織がその優位性に注目するようになっています。2019年6月12日現在、フォーティネットはGartner Peer Insights:WANエッジインフラストラクチャ市場(英語)に登場する全ベンダーの中で、最も多くのレビューを集めています。お客様による評価とNSS Labの「Recommended(推奨)」評価などの第三者機関によるテストのどちらにおいても証明されているという点で、フォーティネットのセキュアSD-WANソリューションは、業界で独自の確固たる地位を確立していると言えます。

FortiGateセキュアSD-WANと業界最多の「Recommended(推奨)」評価を誇る次世代ファイアウォール(NGFW)との連携
フォーティネットのセキュアSD-WANソリューションに採用されているFortiGate次世代ファイアウォールは、NSS LabsのNGFWグループテストで「Recommended(推奨)」評価を5年連続で獲得フォーティネットの次世代ファイアウォールには、IPS、マルウェア対策、URLフィルタリング、サンドボックスなどの高度な脅威保護と検知の機能が組み込まれています。最新のNSS LabsのNGFWグループテストで、FortiGateは99.3%のセキュリティ効果と100%の検知回避ブロック性能が実証されると同時に、パフォーマンスに悪影響を及ぼすことなく優れたSSLインスペクションを提供できることも証明されています。さらに、フォーティネットのソリューションは優れたセキュリティ効果、高度な機能、卓越したパフォーマンスが常に高い評価を得ています。フォーティネットのソリューションは、NSS Labsの以下の9つの異なるグループテストで、いずれも「Recommended(推奨)」評価を獲得しています。

    * SD-WAN
    * 次世代ファイアウォール
    * データセンターIPS
    * データセンターセキュリティゲートウェイ
    * ブリーチ防御システム
    * 次世代IPS
    * ブリーチ検知システム
    * Webアプリケーションファイアウォール
    * 高度なエンドポイント保護

NSS Labsの「Recommended(推奨)」評価を獲得したフォーティネットのソリューションはすべて、フォーティネット セキュリティ ファブリックによる包括的セキュリティアーキテクチャの一部として相互運用が可能であり、攻撃対象領域全体への統合されたエンドツーエンドセキュリティソリューションを提供します。

NSS Labs 最高経営責任者の Jason Brvenik氏は次のように述べています。「フォーティネットは今回のNSS Labsのグループテストでも、引き続き素晴らしい結果を達成しました。FortiGateセキュアSD-WANは、今年のSD-WANグループテストで最小のTCOであることが実証され、「Recommended(推奨)」評価を再び獲得しました。この結果は、フォーティネットのFortiGateセキュアSD-WANが、セキュリティとSD-WAN機能を単一のコンソールに統合したいと考える組織にとって、強力なソリューションであることを証明するものです」

フォーティネット プロダクト&ソリューション担当エグゼクティブバイスプレジデント John Maddison(ジョン・マディソン)は次のように述べています。「フォーティネットは、トップレベルのSD-WANとセキュリティの独自の組み合わせによって、WANエッジトランスフォーメーションを可能にする統合ソリューションを提供しています。NSS Labsが昨年初めて実施したSD-WANテストレポートと同様、今年のレポートでもフォーティネットがこのSD-WANグループテストで「Recommended(推奨)」評価を獲得したことで、TCOが最小であるだけでなく、迅速なゼロタッチプロビジョニングによる効率的な運用が可能であることが証明されました。このカテゴリで2年連続の「Recommended(推奨)」評価を獲得し、NSS Labsの「Recommended(推奨)」評価がさらに加わったことは、第三者機関によるテストにコミットし続けているフォーティネットの姿勢が認められたことを実証していると言えます」


関連リンク

FortiGate SD-WAN
フォーティネットソリューションの第三者評価

 

 

 

フォーティネットについて (www.fortinet.com)

フォーティネット(NASDAQ: FTNT)は、世界中の大手企業、サービスプロバイダ、そして政府機関を守っています。フォーティネットは、拡大するアタックサーフェス(攻撃対象領域)に対するシームレスな保護とインテリジェンスを提供し、外部との明確な境界が消滅したネットワークでの、増え続けるパフォーマンスの条件に応じるパワーで、現在もまた将来も、お客様に貢献します。ネットワーク上でも、アプリケーションやクラウド、またはモバイル環境であっても、妥協することなく、極めて重大なセキュリティ上の問題に対応するセキュリティを提供できるのはフォーティネットのセキュリティ ファブリックのアーキテクチャだけです。フォーティネットは世界で最も多くのセキュリティアプライアンスを出荷し、世界400,000以上のお客様がビジネスを守るためにフォーティネット に信頼を寄せています。

フォーティネットジャパンについては、fortinet.com/jp をご覧ください。

Copyright© 2019 Fortinet, Inc. All rights reserved. 「®」および「™」マークはいずれも、Fortinet, Inc.とその子会社および関連会社の米国における登録商標および未登録商標であることを示します。フォーティネットの商標には、Fortinet、FortiGate、FortiGuard、FortiCare、FortiManager、FortiAnalyzer、FortiOS、FortiADC、FortiAP、FortiAppMonitor、FortiASIC、FortiAuthenticator、FortiBridge、FortiCache、FortiCamera、FortiCASB、FortiClient、FortiCloud、FortiConnect、FortiController、FortiConverter、FortiDB、FortiDDoS、FortiExplorer、FortiExtender、FortiFone、FortiCarrier、FortiHypervisor、FortiIsolator、FortiMail、FortiMonitor、FortiNAC、FortiPlanner、FortiPortal、FortiPresence、FortiProxy、FortiRecorder、FortiSandbox、FortiSIEM、FortiSwitch、FortiTester、FortiToken、FortiVoice、FortiWAN、FortiWeb、FortiWiFi、FortiWLC、FortiWLCOS、FortiWLMなどが含まれますが、これらに限定されるものではありません。その他の製品名およびサービス名等は、各社の商標である場合があります。フォーティネットは、本プレスリリース内の第三者に帰する声明、認可またはテストについては、検証を行っておらず、また、このような第三者に帰する声明を承認するものではありません。本プレスリリースは、保証または債務保証、または契約として一切拘束を受けるものではなく、記載された製品仕様または製品性能は、ある特定の環境や条件のもとで計測されていることがあります。また、本プレスリリースには、将来の見通しに関して不確実性および仮説を伴う記述が含まれている場合がありますが、本不確実性が現実になったり、あるいは本仮説が正しくないことが判明したりする場合、明文的あるいは暗黙的に記述された内容と異なる結果が生じることがあります。これには、サイバー犯罪活動の動向予測に関する記述などが含まれますが、これに限定されるものではありません。このような動向は予測することが困難であり、また、このような動向に関する公開予測や期待事項は結果として正しくないことがあります。フォーティネットは、このような将来見通しを改正する義務を一切負うものではなく、また改正を発行することもありません。