フォーティネット、ガートナー社が発表したSD-WAN機器の売上ベースの市場シェアでトップ3にランクイン

フォーティネットジャパン株式会社 - 2019年10月10日


幅広い適用領域で(Broad)システム連携し(Integrated)自動化された(Automated)サイバーセキュリティソリューションの世界的リーダーであるフォーティネット(Fortinet®、NASDAQ: FTNT)は本日、ガートナー社による2019年第2四半期におけるレポート、「Market Share: Enterprise Network Equipment by Market Segment, Worldwide, 2Q19(市場シェア:世界の市場セグメント別のエンタープライズネットワーク機器、2019年第2四半期)」の中で、世界市場における売上ベースでのSD-WAN機器のシェアが、ベンダーのトップ3にランクインしたことを発表しました。ガートナー社によると、2019年第2四半期における全世界のSD-WAN機器の売上総額は、前四半期比30%増の4億1,700万ドルに到達しています。フォーティネットによる2019年第2四半期のSD-WANの売上は、前四半期比234%増の4,600万ドルに達したとレポートされています。これは、売上ベースによる市場シェアで第3位の11.1%に相当します。

フォーティネットのプロダクト担当エグゼクティブバイスプレジデント兼CMO John Maddison(ジョン・マディソン)は次のように述べています。「サイバーセキュリティは、WANエッジソリューションを採用する企業にとって最優先の戦略的事業課題となりました。支社をインターネットにさらすSD-WANについては、関連するセキュリティリスクを懸念する声がますます多くのお客様から寄せられています。当社の市場シェアの拡大は、フォーティネット独自のセキュリティ ドリブン ネットワーキングというアプローチが必要とされていることを実証していると確信しています。このアプローチは、セキュリティとSD-WANの機能を1つのソリューションに緊密に統合するものです。フォーティネットは、SD-WANのイノベーションに全力で取り組んでいます。まさに今年、当社は特にSD-WANのパフォーマンスとセキュリティの向上を目指して設計したSoC4 ASICを業界で初めて発表しました。フォーティネットのセキュアSD-WANソリューションは、トップレベルの次世代ファイアウォールセキュリティ、SD-WAN、高度なルーティング、WAN最適化機能、さらにはSD-Branchを通じてSD-WANをアクセスレイヤーまで拡張する機能を備えています。フォーティネットは、すべてのFortiGate次世代ファイアウォールにSD-WANソリューションを組み込んで提供します。このため、お客様は市場トップレベルのSD-WANソリューションと完全統合された、業界でベストな脅威保護機能および脅威検知機能のメリットを享受できます」

第三者機関が高く評価するフォーティネットのセキュアSD-WAN
フォーティネットのソリューションは、第三者機関によるテストで優れたセキュリティ効果、高度な機能性、および卓越した性能が一貫して実証されています。フォーティネットのセキュアSD-WANソリューションは、NSS Labsによる最新のSD-WANグループテストで2年連続の「Recommended(推奨)」評価を獲得し、さらには最も低い総所有コスト(TCO)を達成(英語)しています。

お客様に選ばれるフォーティネット
フォーティネットは、エンタープライズネットワークファイアウォール管理ソフトウェア部門で2018年2月にGartner Peer Insights Customers' Choice(お客様が選ぶソリューション、英語)に選ばれたほか、Gartner Peer Insightsのエンタープライズネットワークファイアウォール市場部門(英語)では、2019年9月30日の時点で全ベンダー中最多のレビューを集めています。FortiGateネットワークファイアウォールの中核を成すセキュアSD-WANもまた、Gartner Peer InsightsのWANエッジインフラストラクチャ市場部門(英語)において、2019年9月30日の時点で全ベンダー中最多のレビューを獲得しました。お客様からのこのようなさらなる評価は、SD-WAN市場におけるフォーティネットのリーダーシップをさらに際立たせています。

SD-WANのイノベーションに取り組むフォーティネット
フォーティネットは、業界最速のSD-WANセキュリティパフォーマンスを提供する業界初のSD-WAN ASICを開発しました。このSD-WAN ASICは、応答性に優れたオーバーレイVPNと社内全体でのWANに対する総合的なユーザー体験も向上させます。フォーティネットのセキュアSD-WANソリューションは、フォーティネット セキュリティ ファブリックを通じて包括的セキュリティアーキテクチャの一部として相互運用できるため、セキュリティ ドリブン ネットワーキングを利用する攻撃対象領域全体で、統合されたエンドツーエンドのセキュリティソリューションが実現します。フォーティネットはさらに、緊密に統合されたSD-Branchソリューションを提供し、支社のLANおよびWAN環境を一体化することで、一貫性のあるセキュリティおよび一元管理と可視性を達成し、TCOを改善します。

フォーティネットを支持するお客様からの声
「当社のデータセンターに導入したフォーティネットの次世代ファイアウォールの性能や、従業員のネットワークアクセスと認証において提供される保護機能には、かねてより満足しています。当社はこのほど、フォーティネットのセキュアSD-WANテクノロジーの採用を選択しました。このソリューション1つで、極めて優れたセキュリティ機能が提供されることがその理由です。フォーティネットの支援によって複雑さが軽減され、すべての支社で一元的な可視化が実現しました」
— アラスカ航空ネットワーク / コネクティビティソリューション担当ディレクター、Brian Talbert氏

「当社の事業規模では、使いやすいフォーティネットのセキュアSD-WANが最適です。同様に重要な点として、フォーティネットのセキュアSD-WANに統合された高度なセキュリティにも満足しています。比較検討したソリューションでは、他社のセキュリティーツールを追加する必要が生じたに違いありません」
— Crawford & Company社CIO、Hilton Sturisky氏

「金融機関として、当行が『未来の銀行支店』プロジェクトを遂行するに際しての最優先事項はセキュリティでした。フォーティネットのSD-Branchソリューションを選んだのは、SD-WANを実行するプラットフォームに支店のサービスを集約することができたからです。これにより、支店の可視性、管理能力およびセキュリティが向上しました」
— ブラジルBanco Votorantimネットワーク / テレコム担当責任者、Luis Eduardo Dos Santos氏

「ナイアガラ地区教育委員会(DSBN)は、フォーティネットのSD-WANソリューションによって安定性と機能性に優れたセキュアなネットワーク環境をスタッフと生徒に提供するとともに、教室や学校でIoT機器を使用できるようになりました。私たちは、フォーティネットの高度な技術を導入すると同時に、ブロードバンドおよび光ファイバーのコストをさらに削減することができました。このコスト節約が実現したことで、当教育委員会は管轄下の生徒全員に関わる教育上の優先事項に資金の用途を変更することができました。資金が追加されたプログラムには、iHubアカデミーやIT4ラーニングチームなどのSTEMプログラム、人工知能、機械学習、ロボット工学、脅威管理などに焦点を当てた生徒向けの選択プログラムなどが挙げられます」
— ナイアガラ地区教育委員会CIO、Dino Miele氏

「デジタルトランスフォーメーションの一環として、私たちはここ数年クラウド優先の方針をとってきました。Ministry of Education Broadband Modernization Project(教育省によるブロードバンド近代化プロジェクト:オンタリオ州のすべての学校をSD-WANに移行する取り組み)の一環として、私たちは各校をインターネットに直接接続すると同時に、このプロセスを加速する必要がありました。ベンダーの評価プロセスを経て私たちが選択したのは、トップクラスの優れたSD-WANとセキュリティ機能を兼ね備えている、FortiGateセキュアSD-WANでした。結果として、学校レベルでのWANの複雑さが緩和され、すべての関係各所で一元的な可視化が達成でき、WANの総所有コストも大幅に削減できました」
— ロンドン地区カトリック教育委員会ICTSエグゼクティブマネージャー、Chris Dale氏

 

ガートナー社、市場シェア:Market Share:Enterprise Network Equipment by Market Segment, Worldwide, 2Q19(市場シェア:世界の市場セグメント別のエンタープライズネットワーク機器、2019年第2四半期)、Christian Canales 、Joe Skorupa、Nareesh Singh共著、2019年9月20日発行

ガートナー社免責条項
Gartner Peer Insightsのレビューは、個々のエンドユーザー自身の経験が主観的な意見として集約されたものであり、ガートナーまたはその関連会社の見解を表すものではありません。

Gartner Peer Insights Customers’ Choiceは、個々のエンドユーザーのレビュー、レーティング、および実証メソドロジー(documented methodology)により抽出されたデータが主観的な意見として集約されたものであり、ガートナーまたはその関連会社による見解あるいは推薦を表すものではありません。

フォーティネットについて (www.fortinet.com)

フォーティネット(NASDAQ: FTNT)は、世界中の大手企業、サービスプロバイダ、そして政府機関を守っています。フォーティネットは、拡大するアタックサーフェス(攻撃対象領域)に対するシームレスな保護とインテリジェンスを提供し、外部との明確な境界が消滅したネットワークでの、増え続けるパフォーマンスの条件に応じるパワーで、現在もまた将来も、お客様に貢献します。ネットワーク上でも、アプリケーションやクラウド、またはモバイル環境であっても、妥協することなく、極めて重大なセキュリティ上の問題に対応するセキュリティを提供できるのはフォーティネットのセキュリティ ファブリックのアーキテクチャだけです。フォーティネットは世界で最も多くのセキュリティアプライアンスを出荷し、世界415,000以上のお客様がビジネスを守るためにフォーティネット に信頼を寄せています。

フォーティネットジャパンについては、fortinet.com/jp をご覧ください。

Copyright© 2019 Fortinet, Inc. All rights reserved. 「®」および「™」マークはいずれも、Fortinet, Inc.とその子会社および関連会社の米国における登録商標および未登録商標であることを示します。フォーティネットの商標には、Fortinet、FortiGate、FortiGuard、FortiCare、FortiManager、FortiAnalyzer、FortiOS、FortiADC、FortiAP、FortiAppMonitor、FortiASIC、FortiAuthenticator、FortiBridge、FortiCache、FortiCamera、FortiCASB、FortiClient、FortiCloud、FortiConnect、FortiController、FortiConverter、FortiDB、FortiDDoS、FortiExplorer、FortiExtender、FortiFone、FortiCarrier、FortiHypervisor、FortiIsolator、FortiMail、FortiMonitor、FortiNAC、FortiPlanner、FortiPortal、FortiPresence、FortiProxy、FortiRecorder、FortiSandbox、FortiSIEM、FortiSwitch、FortiTester、FortiToken、FortiVoice、FortiWAN、FortiWeb、FortiWiFi、FortiWLC、FortiWLCOS、FortiWLMなどが含まれますが、これらに限定されるものではありません。その他の製品名およびサービス名等は、各社の商標である場合があります。フォーティネットは、本プレスリリース内の第三者に帰する声明、認可またはテストについては、検証を行っておらず、また、このような第三者に帰する声明を承認するものではありません。本プレスリリースは、保証または債務保証、または契約として一切拘束を受けるものではなく、記載された製品仕様または製品性能は、ある特定の環境や条件のもとで計測されていることがあります。また、本プレスリリースには、将来の見通しに関して不確実性および仮説を伴う記述が含まれている場合がありますが、本不確実性が現実になったり、あるいは本仮説が正しくないことが判明したりする場合、明文的あるいは暗黙的に記述された内容と異なる結果が生じることがあります。これには、サイバー犯罪活動の動向予測に関する記述などが含まれますが、これに限定されるものではありません。このような動向は予測することが困難であり、また、このような動向に関する公開予測や期待事項は結果として正しくないことがあります。フォーティネットは、このような将来見通しを改正する義務を一切負うものではなく、また改正を発行することもありません。