フォーティネットのクラウドセキュリティ製品とMicrosoft Azureの統合が拡張され、さらに高度な保護を実現

フォーティネットジャパン株式会社 - 2019年11月22日


幅広い適用領域で(Broad)システム連携し(Integrated)自動化された(Automated)サイバーセキュリティソリューションの世界的リーダーであるフォーティネット(Fortinet®、NASDAQ:FTNT)は本日、フォーティネット セキュリティ ファブリックの動的なクラウドセキュリティ製品と、Microsoft Azureの統合がさらに拡張されたことを発表しました。この拡張によって、Microsoft Azureで動作するクラウドワークロードの接続、管理、保護が大幅に簡素化されます。

Azureの導入を検討する組織の多くが、セキュリティを低下させることなくパブリッククラウドのメリットを享受したいと考えています。Azureインフラストラクチャそのものの保護とテナントの分離についてはMicrosoftが担当しますが、クラウドの構成のセキュリティについてはお客様自身が責任を負うことになります。フォーティネットは、Azureを利用するお客様に対して、あらゆるアプリケーションを安心してクラウドに展開すると同時に、一貫性のある運用モデルの維持とリスク管理の方法を提供します。フォーティネット セキュリティ ファブリックの動的クラウドソリューションは、Azureユーザーによるクラウドワークロードへの接続と保護を支援し、クラウド環境において提供されるセキュリティ機能の活用を可能にします。

動的クラウドセキュリティソリューションの提供
フォーティネットはマイクロソフト社と連携し、セキュリティを低下させることなく、両社のお客様がクラウド環境によって提供されるメリットを享受するための取り組みを進めています。本日の発表内容は以下のとおりです。

  • FortiGateセキュアSD-WANとAzure Virtual WANとの統合が可能になったことで、お客様のQoEが向上しセキュリティが強化され、クラウドへの最適経路がさらに加速します。これを実現するのは製品の統合と自動化であり、フォーティネットのセキュアSD-WANソリューションを活用してAzure Virtual WANへの接続が大幅に簡素化されます。この統合によって、Azure Virtual WANへの支社の接続と切断が自動化され、オフィスや地域を横断して接続されたクラウドの一元管理が可能になります。FortiGateセキュアSD-WANとAzure Virtual WANの統合によって、Azureで動作するアプリケーションにアクセスする支社に対して最適なパフォーマンスとセキュリティが確保されます。

  • フォーティネットのFortiCWPとAzure との統合により、クラウドワークロードのアクティビティと構成の可視性が向上し、Microsoft AzureのBLOBに保存されているデータの詳細な分析も可能になります。Azureとの密接な統合とFortiGuardベースの脅威インテリジェンスの活用により、脅威に関する最新情報に基づくクラウドワークロードの保護が実現します。FortiCWPは、クラウドを網羅して機能するとともに、クラウドプロバイダーのAPIを活用してあらゆるクラウドリージョンのワークロードの包括的ビューを取得するため、お客様は脅威を検知し、必要な保護を導入してそのようなリスクを低減することができます。

  • また、フォーティネットのFortiWeb Cloud WAF-as-a-Service(サービスとしてのクラウドWebアプリケーションファイアウォール)が、Microsoft Azureマーケットプレイスからご利用いただけるようになりました。Webアプリケーションを保護する組織にとって、運用のコストとセキュリティの有効性の適切なバランスを判断することは容易ではありません。FortiWeb WAF-as-a-Serviceは、適切な構成パラメーターを公開すると同時に、保護リソースのプロビジョニングを自動化しセキュリティポリシーを微調整することで、コストとセキュリティの理想的な組み合わせを実現します。これにより、フォーティネットのWAFソリューションを瞬時に有効化し、AzureマーケットプレイスからSaaS(Software-as-a-Service)ソリューションを活用してリソースを自動プロビジョニング可能になりました。フォーティネットのWAF SaaSソリューションでは、特定のWebアプリケーションのセキュリティスキルを持つ管理者が不要であるため、アプリケーションを迅速に導入できます。また、FortiGate-VM次世代ファイアウォール、FortiWeb-VM、FortiMail-VM、FortiManager-VM、FortiAnalyzer-VM、FortiSandbox-VMをはじめとするAzure向けの他のフォーティネット製品についても、Azureマーケットプレイスでの提供がすでに開始されています。

Azureの採用が増加してアプリケーションの構築や移行が進むに伴って、テクノロジーのフットプリントは多様化し、その規模も拡大します。その結果、組織の攻撃対象領域やリスクは増大することになります。このようなリスクを低減してワークロードやアプリケーションを適切に保護するには、組織を安全な方法でクラウドに接続する必要があります。そのためには、容易かつシームレスに管理できるクラウドセキュリティをWebアプリケーションやクラウドプラットフォームに実装することが重要です。

ファブリック・レディ プログラムによる統合の強化
フォーティネット セキュリティ ファブリックの一連の動的クラウドセキュリティソリューションは、Azureのお客様に対し、このようなニーズに応える統合セキュリティソリューションの広範なポートフォリオを提供します。フォーティネット セキュリティ ファブリックをAzureに実装することで、オンプレミスとハイブリッドクラウドの両方の環境で構成される動的クラウドにおいて、シームレスに包括する完全な統合セキュリティソリューションの導入展開が可能になります。

フォーティネットでは、フォーティネット セキュリティ ファブリックとMicrosoftのさまざまな製品との幅広い統合をすでに実現しており、Azureとの統合を可能にする前述の広範なソリューションだけでなく、FortiNACとMicrosoft InTuneおよびSCCMの統合、FortiMailとMicrosoft 365の統合をはじめとする実績がすでにあります。フォーティネットとファブリック・レディ パートナーであるMicrosoftのソリューションの統合によって、システムの統合、展開、運用、サポートに要する時間、コスト、リソースの削減をすべて実現する、エンドツーエンドの検証済セキュリティがお客様に提供されます。

フォーティネットのプロダクト担当エグゼクティブバイスプレジデント兼CMO、John Maddison(ジョン・マディソン)は、次のように述べています。「フォーティネットは、動的クラウドセキュリティ製品の提供を通じて、お客様によるクラウドの保護、活用、そして提供の支援に取り組んでいます。Microsoft Azureを使用することで、クラウド環境とオンプレミスインフラストラクチャのどちらにおいても、広範な保護の実装が可能になります。本日の発表は、フォーティネットとマイクロソフト社の連携を通じて、拡大するデジタル攻撃の対象領域を網羅するエンドツーエンドのセキュリティを提供する取り組みの一環であり、両社のコラボレーションをこれまで以上に強化するものです」

また、Microsoft Azureのプリンシパルプロダクトマネージャー、Reshmi Yandapalli氏は次のように述べています。「フォーティネットのセキュアSD-WANソリューションとMicrosoft AzureのVirtual WAN製品の統合を通じ、フォーティネットとのコラボレーションを強化できることをとても嬉しく思います。支社からMicrosoft Azureに接続し、クラウドで動作するアプリケーションワークロードへ容易にアクセスすることを求めるお客様にとって、FortiGateセキュアSD-WANは、クラウドへの移行を加速させ、最適かつ安全な接続を保証する、支社あるいは本社のどちらにも対応する優れたソリューションとなるに違いありません」


関連リンク

Microsoft Azure向けのフォーティネットセキュリティ製品ポートフォリオ(ブログ)
FortiGate Secure SD-WAN for Microsoft Azure Virtual WAN(英文)
FortiCWP
Microsoft Azureマーケットプレイス Fortinet FortiWeb Cloud WAF as a Service
マルチクラウドセキュリティ

 

フォーティネットについて (www.fortinet.com)

フォーティネット(NASDAQ: FTNT)は、世界中の大手企業、サービスプロバイダ、そして政府機関を守っています。フォーティネットは、拡大するアタックサーフェス(攻撃対象領域)に対するシームレスな保護とインテリジェンスを提供し、外部との明確な境界が消滅したネットワークでの、増え続けるパフォーマンスの条件に応じるパワーで、現在もまた将来も、お客様に貢献します。ネットワーク上でも、アプリケーションやクラウド、またはモバイル環境であっても、妥協することなく、極めて重大なセキュリティ上の問題に対応するセキュリティを提供できるのはフォーティネットのセキュリティ ファブリックのアーキテクチャだけです。フォーティネットは世界で最も多くのセキュリティアプライアンスを出荷し、世界425,000以上のお客様がビジネスを守るためにフォーティネット に信頼を寄せています。

フォーティネットジャパンについては、fortinet.com/jp をご覧ください。

Copyright© 2019 Fortinet, Inc. All rights reserved. 「®」および「™」マークはいずれも、Fortinet, Inc.とその子会社および関連会社の米国における登録商標および未登録商標であることを示します。フォーティネットの商標には、Fortinet、FortiGate、FortiGuard、FortiCare、FortiManager、FortiAnalyzer、FortiOS、FortiADC、FortiAP、FortiAppMonitor、FortiASIC、FortiAuthenticator、FortiBridge、FortiCache、FortiCamera、FortiCASB、FortiClient、FortiCloud、FortiConnect、FortiController、FortiConverter、FortiDB、FortiDDoS、FortiExplorer、FortiExtender、FortiFone、FortiCarrier、FortiHypervisor、FortiIsolator、FortiMail、FortiMonitor、FortiNAC、FortiPlanner、FortiPortal、FortiPresence、FortiProxy、FortiRecorder、FortiSandbox、FortiSIEM、FortiSwitch、FortiTester、FortiToken、FortiVoice、FortiWAN、FortiWeb、FortiWiFi、FortiWLC、FortiWLCOS、FortiWLMなどが含まれますが、これらに限定されるものではありません。その他の製品名およびサービス名等は、各社の商標である場合があります。フォーティネットは、本プレスリリース内の第三者に帰する声明、認可またはテストについては、検証を行っておらず、また、このような第三者に帰する声明を承認するものではありません。本プレスリリースは、保証または債務保証、または契約として一切拘束を受けるものではなく、記載された製品仕様または製品性能は、ある特定の環境や条件のもとで計測されていることがあります。また、本プレスリリースには、将来の見通しに関して不確実性および仮説を伴う記述が含まれている場合がありますが、本不確実性が現実になったり、あるいは本仮説が正しくないことが判明したりする場合、明文的あるいは暗黙的に記述された内容と異なる結果が生じることがあります。これには、サイバー犯罪活動の動向予測に関する記述などが含まれますが、これに限定されるものではありません。このような動向は予測することが困難であり、また、このような動向に関する公開予測や期待事項は結果として正しくないことがあります。フォーティネットは、このような将来見通しを改正する義務を一切負うものではなく、また改正を発行することもありません。