内閣サイバーセキュリティセンターとサイバーセキュリティ分野の連携・協力

フォーティネットジャパン株式会社 - 2019年2月28日


統合型かつ自動型の広範にわたるサイバーセキュリティソリューションの世界的リーダーである、フォーティネット(Fortinet®、NASDAQ:FTNT)は、2018年12月18日に内閣サイバーセキュリティセンター(以下NISC)とサイバーセキュリティの分野の連携・協力に関する基本合意書(以下、本合意書)を締結したことを本日発表しました。


左から、フォーティネット最高情報セキュリティ責任者 Phil Quade(フィル・クエイド)、NISC センター長 前田 哲様、
フォーティネットジャパン株式会社 社長執行役員 久保田 則夫(NISC にて)

フォーティネットはこれまでにも、NATO、インターポール、Cyber Threat Alliance (CTA)、OASIS Cyber Threat Intelligence (CTI)グループ、FIRST(Forum for Incident Response and Security Teams)など、世界の法執行機関、政府、業界組織と継続的に協調を取りながら、脅威インテリジェンスの標準やプロトコルの将来を方向付けることに積極的に取り組んでいます。

フォーティネットの脅威インテリジェンスの卓越性は、FortiGuard Labsによって裏付けされています。FortiGuard Labsでは215名を超えるリサーチャーとアナリストが世界クラスの自社開発されたツールと技術を駆使して起こりつつある脅威を発見するために従事しています。フォーティネットのFortiGateは世界でもっとも多く出荷されている*ファイアウォールプラットフォームです。またフォーティネットは、これまでに660件以上ものゼロデイ脆弱性を発見しています。

昨今、世界中からのサイバー攻撃が想定される中、サイバー空間の防御において、サイバーセキュリティ分野の脅威情報等の収集を含めたインテリジェンスサイクルの活用は不可欠なものとなっております。

本合意書に伴う連携・協力業務は2020年12月31日までの期間において、フォーティネットとしてNISCにサイバーセキュリティ分野の脅威情報等を提供することで、サイバーセキュリティ対処調整センターとの連携・協力関係を強化していくものです。

フォーティネットは今後も、NISCの取り組みに貢献し、サイバー空間における我が国の安全保障に寄与してまいります。

*出典 : IDC's Worldwide Quarterly Security Appliance Tracker - 2018Q3

フォーティネットについて (www.fortinet.com)

フォーティネット(NASDAQ: FTNT)は、世界中の大手企業、サービスプロバイダ、そして政府機関を守っています。フォーティネットは、拡大するアタックサーフェス(攻撃対象領域)に対するシームレスな保護とインテリジェンスを提供し、ボーダレスなネットワークでの、増え続けるパフォーマンスの条件に応じるパワーで、現在もまた将来も、お客様に貢献します。ネットワーク上でも、アプリケーションやクラウド、またはモバイル環境であっても、妥協することなく、極めて重大なセキュリティ上の問題に対応するセキュリティを提供できるのはフォーティネットのセキュリティ ファブリックのアーキテクチャだけです。フォーティネットは世界で最も多くのセキュリティアプライアンスを出荷し、世界375,000以上のお客様がビジネスを守るためにフォーティネット に信頼を寄せています。
フォーティネットジャパンについては、www.fortinet.com/jpをご覧ください。

Copyright© 2019 Fortinet, Inc. All rights reserved. 「®」および「™」マークはいずれも、Fortinet, Inc.とその子会社および関連会社の米国における登録商標および未登録商標であることを示します。フォーティネットの商標には、Fortinet、FortiGate、FortiGuard、FortiCare、FortiManager、FortiAnalyzer、FortiOS、FortiADC、FortiAP、FortiAppMonitor、FortiASIC、FortiAuthenticator、FortiBridge、FortiCache、FortiCamera、FortiCASB、FortiClient、FortiCloud、FortiConnect、FortiController、FortiConverter、FortiDB、FortiDDoS、FortiExplorer、FortiExtender、FortiFone、FortiCarrier、FortiHypervisor、FortiIsolator、FortiMail、FortiMonitor、FortiNAC、FortiPlanner、FortiPortal、FortiPresence、FortiProxy、FortiRecorder、FortiSandbox、FortiSIEM、FortiSwitch、FortiTester、FortiToken、FortiVoice、FortiWAN、FortiWeb、FortiWiFi、FortiWLC、FortiWLCOS、FortiWLMなどが含まれますが、これらに限定されるものではありません。その他の製品名およびサービス名等は、各社の商標である場合があります。フォーティネットは、本プレスリリース内の第三者に帰する声明、認可またはテストについては、検証を行っておらず、また、このような第三者に帰する声明を承認するものではありません。本プレスリリースは、保証または債務保証、または契約として一切拘束を受けるものではなく、記載された製品仕様または製品性能は、ある特定の環境や条件のもとで計測されていることがあります。また、本プレスリリースには、将来の見通しに関して不確実性および仮説を伴う記述が含まれている場合がありますが、本不確実性が現実になったり、あるいは本仮説が正しくないことが判明したりする場合、明文的あるいは暗黙的に記述された内容と異なる結果が生じることがあります。これには、サイバー犯罪活動の動向予測に関する記述などが含まれますが、これに限定されるものではありません。このような動向は予測することが困難であり、また、このような動向に関する公開予測や期待事項は結果として正しくないことがあります。フォーティネットは、このような将来見通しを改正する義務を一切負うものではなく、また改正を発行することもありません。