マーケットリーダーであるSymantecとフォーティネットが、堅牢性の高い包括的なクラウドセキュリティサービスの提供に向けて提携

パートナーシップにより、エンドポイント、ネットワーク、クラウド環境にわたって、基本的なセキュリティコントロールを提供

フォーティネットジャパン株式会社 - 2018年12月20日
-

サイバーセキュリティの世界的なリーダーであるSymantec Corp.(NASDAQ:SYMC)と統合型かつ自動型の広範にわたるサイバーセキュリティソリューションの世界的リーダーであるフォーティネット(NASDAQ:FTNT)は本日、業界で最も包括的かつ堅牢なセキュリティソリューションをお客様に提供するため、広範なパートナーシップに合意したことを発表しました。業界をリードするフォーティネットの次世代型ファイアウォール(NGFW)機能がSymantecのクラウド配信型Webセキュリティサービス(WSS)に統合される予定です。また、フォーティネットセキュリティファブリックプラットフォームにも、Symantecの業界をリードするエンドポイント保護ソリューションが統合されます。この技術提携によって、ゼロトラストセキュリティフレームワークの実現に不可欠なエンドポイント、ネットワーク、およびクラウド全体の基本的なセキュリティコントロールを提供します。

WSSは業界をリードするセキュアWebゲートウェイ(英文)で、高度な脅威に対する防御やアクセス管理を備え、クリティカルなビジネス情報の保護する使いやすいクラウド配信型セキュリティサービスで、コンプライアンスに準拠したセキュアなクラウドアプリケーションやWebの利用が可能です。業界をリードするフォーティネットのFortiGate次世代型ファイアウォールとSymantecのWSSとの統合によって、単一のサービス製品では現在市場で入手可能な最も包括的なクラウド配信型の脅威保護機能となります。

Symantecのエンタープライズプロダクト担当のEVP兼GMであるArt Gilliland(アート・ジリランド)は次のように述べています。「技術提携の第一ステップとして、業界をリードするSymantecのネットワークセキュリティサービスに、エンタープライズクラスの高度なファイアウォール管理を組み合わせた最高レベルのセキュリティを提供することを計画しています。この提携を通して、Symantecの統合型サイバー防御プラットフォームがフォーティネットの最先端のNGFWによって強化されることになり、使いやすく展開が容易な統合ソリューションを両社のお客様に提供したいと考えています」

さらに、業界をリードするSymantecのエンドポイントソリューションフォーティネットセキュリティファブリックプラットフォームに統合されることにより、エクスプロイト駆動型の攻撃や高度なマルウェアに対して、リアルタイムにアクション可能な脅威インテリジェンスおよび自動レスポンス機能を提供します。また、フォーティネットのSD-WAN技術との相互運用性は、Symantecのテクノロジー統合パートナープログラム(TIPP)により、SymantecのWebセキュリティサービスとの連携した動作も保証されます。このコラボレーションの一環として、両社は共同で市場開拓に取り組む予定です。

フォーティネットのプロダクト&ソリューション担当シニアバイスプレジデント、John Maddison(ジョン・マディソン)は次のように述べています。「本日の発表を受けて業界をリードする二社は、クラウド、ネットワーク、エンドポイントセキュリティ全体にエンタープライズクラスの機能を協力して提供することになります。統合が完了すると、SymantecのクラウドWebゲートウェイのお客様は、フォーティネットのエンタープライズクラスの高度なファイアウォールコントロールのメリットが得られます。また、フォーティネットのお客様は初めて、業界をリードするFortiGate次世代型ファイアウォールをFWaaSを利用して購入できるようになります。Symantecがフォーティネットファブリックレディパートナーに加わったことで、両社のお客様へのより一貫的かつ効果的な保護の提供に向け、Symantecのエンドポイントセキュリティソリューションの検証を行いフォーティネットセキュリティファブリックプラットフォームにシームレスに統合していく予定です」

スケジュールと販売予定

  • WSS内にクラウドファイアウォールサービスが完全に統合されるのは、2019年上期を予定しています。
  • フォーティネットセキュリティファブリックの要素はすでにSymantecエンドポイント保護と統合されており、両社はさらなる統合を計画しています。

2018年12月20日
フォーティネットジャパン株式会社

シマンテックについて

シマンテックコーポレーション(NASDAQ: SYMC)はサイバーセキュリティ業界をリードする世界的企業です。さまざまな場所に保管されている大切なデータを守るため、企業や政府機関、個人のお客様を支援しています。エンドポイントからクラウド、インフラまでを高度な攻撃から守るため、世界中の企業がシマンテックの戦略的統合ソリューションを選択しています。また、世界中で 5 千万以上の個人やご家庭が、自宅などで使用するデバイスそしてデジタルライフを守るために、ノートンと LifeLock 社の製品を使用しています。シマンテックのサイバーインテリジェンスネットワークは民間が運営するネットワークとしては世界最大規模を誇ります。このネットワークが、先進的な脅威をいち早く発見し、お客様を守ります。詳しくはwww.symantec.com/ja/jp/ をご覧ください。

フォーティネットについて (www.fortinet.com)

フォーティネット(NASDAQ: FTNT)は、世界中の大手企業、サービスプロバイダ、そして政府機関を守っています。フォーティネットは、拡大するアタックサーフェス(攻撃対象領域)に対するシームレスな保護とインテリジェンスを提供し、ボーダレスなネットワークでの、増え続けるパフォーマンスの条件に応じるパワーで、現在もまた将来も、お客様に貢献します。ネットワーク上でも、アプリケーションやクラウド、またはモバイル環境であっても、妥協することなく、極めて重大なセキュリティ上の問題に対応するセキュリティを提供できるのはフォーティネットのセキュリティ ファブリックのアーキテクチャだけです。フォーティネットは世界で最も多くのセキュリティアプライアンスを出荷し、375,000以上のお客様がビジネスを守るためにフォーティネット に信頼を寄せています。フォーティネットジャパンについては、www.fortinet.co.jpをご覧ください。


Copyright© 2018 Fortinet, Inc. All rights reserved. 「®」および「™」マークはいずれも、Fortinet, Inc.とその子会社および関連会社の米国における登録商標および未登録商標であることを示します。フォーティネットの商標には、Fortinet、FortiGate、FortiGuard、FortiManager、FortiMail、FortiClient、FortiCloud、FortiCare、FortiAnalyzer、FortiReporter、FortiOS、FortiASIC、FortiWiFi、FortiSwitch、FortiVoIP、FortiBIOS、FortiLog、FortiResponse、FortiCarrier、FortiScan、FortiDB、FortiVoice、FortiWebなどが含まれますが、これらに限定されるものではありません。その他の製品名およびサービス名等は、各社の商標である場合があります。フォーティネットは、本プレスリリース内の第三者に帰する声明、認可またはテストについては、検証を行っておらず、また、このような第三者に帰する声明を承認するものではありません。本プレスリリースは、保証または債務保証、または契約として一切拘束を受けるものではなく、記載された製品仕様または製品性能は、ある特定の環境や条件のもとで計測されていることがあります。また、本プレスリリースには、将来の見通しに関して不確実性および仮説を伴う記述が含まれている場合がありますが、本不確実性が現実になったり、あるいは本仮説が正しくないことが判明したりする場合、明文的あるいは暗黙的に記述された内容と異なる結果が生じることがあります。これには、サイバー犯罪活動の動向予測に関する記述などが含まれますが、これに限定されるものではありません。このような動向は予測することが困難であり、また、このような動向に関する公開予測や期待事項は結果として正しくないことがあります。フォーティネットは、このような将来見通しを改正する義務を一切負うものではなく、また改正を発行することもありません。